2014年11月29日 (土)

ネットワーク設定にハマる

ある日突然、PanasonicのLet's note CF-MX3(OSはWindows8.1)のWiFiがつながらなくなってしまいました。おかしいなあ、それまでは何の問題もなかったのに、と思いつつ、問題の切り分けを試みました。まず、他にもPCを保有していましたので、違うPCでWiFiの接続を確認すると問題なく接続しています。しからば有線LANでの接続ではどうか、と試してみたところ、有線でも「制限付き接続」という接続になり、インターネットに接続できません。試しにLAN内の別のPCに向けてpingコマンドを実行したところエラーが返ってきます。ふーん、ダメか。ということで、念のためにルーターの電源を切ったり入れたりしてみましたが効果はありませんでした。どうやら、CF-MX3固有の問題であることは想像がつきますが原因の究明と解決策までは考えが及びません。

ということで、サポートに電話を入れることにしました。平日の午後ということもあってか、電話はすんなりとつながりました。サポートの方は、マシンの正式な型番を確認したあと、コントロールパネルからネットワークの詳細設定を確認され、そこで、IPアドレスが264.xxx.xxx.xxxであることを確認され、「ルーターには接続されているようですね。ということは、これはPC側の問題ではなく、ルーターの設定が何らかの影響を受けて変更された可能性があります」と回答されました。どうも腑に落ちません。他のPCでは問題なく、しかもpingも通らないということで、ルーターの問題とは考えにくいと言ってみましたが、PCには問題ないようですとしか回答がありませんでした。そこで思い出したのですが、MX3を購入した直後に、プリンター(CANON MG7130)を無線LAN接続に変更しようとした時に、MX3がどうしてもプリンターを認識せず、この時はルーターのメーカーであるBuffaloに電話を入れたところ、決定的な解決策は見当たらず、最終手段としてルーターを工場出荷状態にする初期化を提案されました。この時は、大変だなあと思いつつ初期化をしたところ、問題が解決したという事がありました。今回もこの手を使うしかないかなあ、と思い、以前初期化した時のメモを参考に初期化を行いました。

ところが、今回は、初期化したにも関わらず、MX3のネットワーク接続は改善されず、しかも、今度はルーターの再設定をしようしたところ、EEoP接続ができません、と前回にはなかったルーターの設定までもがおかしくなってしまいました。orz。仕方なく、ルーターのメーカーのサポートに電話を入れたところ(だいぶ待たされました)、ルーターの初期化をしたと伝えたら、「ええっ」と驚かれてしまいました。とりあえず、ルーターの設定に関しては、初期化した段階で、プロバイダーの情報までリセットされてしまっていたようなので、その情報を再度設定することにより、有線での接続はできるようになりました。しかし、MX3については、無線はもちろん、有線もダメなままです。そこで、Buffaloのサポートの方が、再度MX3のネットワーク接続の詳細を確認してくれたところ、本来DHCP接続されていなければならないところ、そうはなっておらず、それを修正しようとするとエラーメッセージが返ってきて修正ができないというところに行き着きました。Buffaloのサポートの方が言われるには、その画面の状態を再度Pnanasonicのサポートにお伝えして、解決を試みてほしいとのことで、改めて、Panasonicのサポートに電話を入れ、これまでの状況をかくかくしかじかと伝え、対応を考えてもらいました。

結論としては、ドライバーに問題があったようで、該当のイーサネットのドライバー、WiFiのドライバーをそれぞれ修正することにより、無事接続することが出来ました。どのような修正を行ったかというのは、電話で指示される通り設定を削除したり、再起動したりしたので、ほとんど記憶に残っていません。もう一度同じ現象が起きたら自力では絶対に解決できません。サポートの人に言わせると、こういった症状は滅多に起きないとのことで、最初にPanasonicのサポートに電話をした時には、そこまで考えが及ばなかったのだろうと話されていました。ということで、ようやくネットワーク接続をすることが出来ましたが、最後に残っていたのは、初期化したルーターの再設定です。本来ならこのような作業をしなくても済んだのにと思うとちょっと残念ですがここまで来るのに丸々半日を費やしてしまいました。お疲れ様でした、というところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月21日 (土)

ネットブックを再活用しよう

一世を風靡した小型で安価なPCであるネットブック。主にAtomという少し非力なCPUを搭載し、OSはダウングレード版のWindows XPが多かったと思います。価格的なハードルが低かったこともあり、ネットブックを割と気軽に購入した人も多いと思います。ところが、現在、そのうちどれほどの人が、現役で使っているのか、ちょっと気になります。スマートフォンやタブレットの台頭で、メールやネットの閲覧などは、手軽なそちらにシフトし、おまけに、MSOfficeを搭載していなければ、ネットブック(PC)でなければできないこともそれほどありませんし。そして、XPのサポート終了と共にお蔵入りしてしまったネットブックも少なくないのではと想像します。

そんな時に、余ったネットブックの活用として、ubuntuを導入する、というのはとても面白いことだと思います。最新のubntuのバージョンである、14.04のサポート期間は5年のLTS版ですので、もう5年間ネットブックを延命できると思います。ubuntuを導入するためのハードウェアのスペックはそれほど高くはありませんので、ネットブックであればubuntuを動かせると思います。ただ、メモリーが512MBですと、少し苦しいかもしれません。そのようなときは、軽量のubuntuの派生ディストリビューションであるxubuntuやLubuntuといった選択肢があります。更に軽量のpuppy Linuxを導入するのも手でしょう。

ただ、ネットブックは、光学ドライブを搭載していないのがほとんどですので、雑誌の付録などでついてくるubuntuをインストールするには少し工夫が必要かもしれません。外付けの光学ドライブがあれば問題ありませんが(最近は結構安価で購入できるようです)、なければ、光学ドライブを搭載したデスクトップPCかノートPCから起動用のUSBメモリを作ることも可能です。ubuntuをインストールせずに、ライブ版として利用もできますが、どうせ使わないネットブックならば、インストールしてみるのがおすすめです。

ubuntuのインストールは簡単です。少し迷うのは、ハードドライブにどのような形でubuntuをインストールするかですが、WindowsXPを使わないのなら、バッサリとWindowsXPの領域を削除して、ハードドライブ全体にubuntuをインストールするのが一番簡単です。その前に、Windows XP時代の必要なデータはバックアップをとっておいたほうが安心でしょう。使い方もデスクトップ中心であればWindowsを使っていた人ならあまり迷うことはないと思います。WindowsXPのサポート切れのために、ネットブックをどこかに仕舞いこんだ人がいるのならもう一度取り出してみる価値はあると思います。

もうひとつ、ネットブックの活用として、自宅サーバーとしての利用があります。最近はクラウド化の進展が早く、自宅でサーバーを立てる必要性は薄らいでいるかもしれませんが、サーバーの勉強や、ちょっとしたファイル共有などサーバーを立ててみるのも一案です。実は、ネットブックは自宅サーバーとしては、ある意味理想の形ではと思っています。省電力で、電源を入れっぱなしでも電気代も少なくてすみますし、何かのときに電源が落ちてもバッテリーである程度カバーできます。それと、ディスプレイが付いているということで、普段はリモートで操作するとしても、インストールや再起動などするとき、自前のディスプレイがあると便利です。ubuntu 13.04のサーバー版かCentOSなどが候補になるでしょう。

かくいう私もだいぶ前からASUSのEEEPC4GXを自宅のファイルサーバーとして利用していて、日夜頑張ってくれています。OSはubuntu12.04LTSサーバー版を搭載しています。サーバーの勉強に、と思って利用を始めたのですが、使いはじめると今や生活に欠かせない存在になってしまいました。ネットブックに限らず、WindowsXPのサポート切れで使わなくなってしまったPCがあれば、一度ubuntuを試してみることをおすすめします。新しい世界が広がると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月11日 (土)

ubuntu 13.04 日本語Remixをインストール

5月5日にubuntu 13.04 日本語Remixがリリースされました。我が家のPCにもインストールしました。

HP Pavilion V
メインで使っているデスクトップPCです。Windows 7とデュアルブートで使っています。ubuntuは64GBのSSDにインストールしています。SSDのパーティションを/(root)と/homeに分けて、インストールするときは、/homeのパーティションはそのまま残しておいて、/(root)のみ、新規インストールする形を取りました。インストール自体は特に問題なく終了し、アプリのインストールやコーディックのインストールを行います。コーディックのインストールは、「Ubuntu 13.04をインストールした直後に行う設定 & インストールするソフト」というサイトを参考にさせていただきました。方法は、

ランチャーの『Ubuntuソフトウェアセンター』をクリックして起動し、検索欄にubuntu restricted extrasと入力、表示されたUbuntu restricted extrasをクリック、「インストール」ボタンをクリックする。

です。インストールに少し時間がかかりますが、FLASHをはじめ、私の利用するメディアについては全て対応しています。ついでに、このサイトにあった、ホームディレクトリの「デスクトップ」、「音楽」などの名前を英語にする、というのもやってみましたが、ディレクトリ内にファイルがあったため、英語名と日本語名のディレクトリが二重に混在してしまい、少し困ったことになりました。(最終的には、手でディレクトリを英語に変更しました。注意書きにも書いてあったのに、よく見ないで実行してしまいました。)

HP mini 2140
ネットブックにもubuntu 13.04をインストールしました。このマシンはハードディスクのパーティションを分割してWindows XPとデュアルブートで使用しています。こちらも特に問題なくインストールできました。ただ、クリーンインストールしたため、Dropboxを再インストールし、同期を取るのに結構時間がかかりました。

Acer Power 2000
サブに使っているマシンです。このマシンは以前、ubuntu 12.04LTSをインストールした時に手こずり、ubuntu 12.10をインストールした時に、ubuntu 12.04の環境を残して、2つのバージョンを共存させていたましたが、今回も、ubuntu 12.04を残し、ubuntu 12.10の替りにubuntu 13.04をインストールする形で行いました。このマシンもクリーンインストールしたため、Dropboxや、VirtualBoxにCentOSを再度インストールしたので、結構手間がかかりましたが、インストール自体は順調に終わり、3台のPCのubuntu 13.04のインストールが完了しました。

ubuntu 13.04を少し使ってみての印象ですが、日本語入力システムがデフォルトでmozcになったことは嬉しいです。ただ、今回のバージョンからサポート期間がこれまでの18ヶ月から9ヶ月に短縮され、今後、次のLTSが出るまでは、6ヶ月毎のアップデートが必要になります。ま、今までもバージョンアップのたびに繰り返してきたことですから構わないのですが。

また、12.10との比較でワークスペースが標準では、ひとつしかありません。従来のワークスペースを利用するためには、「システム設定」→「外観」→「挙動」で「ワークスペースを有効にする」にチェックを入れます。それと、GUIのファイルビューアーのNautilusのバージョンが3.6となり、かなり使い勝手が変わりました。特にサーバーへ接続するための画面と方法が変わり、最初戸惑いました。写真の画像を一気にファイルサーバーに投入するのは、GUIの方が便利です。
Screenshot_from_20130506_113440

今回のバージョンは、12.10のブラッシュアップというように聞いていましたが、それなりに使い勝手が変わっています。あまりカスタマイズをすると、バージョンアップのたびに手間がかかるので、できるだけ「素」で使いたいと思っています。(クリーンインストールではなく、アップグレードすればよいではないか、というツッコミに関しては、これが私の流儀、としか言いようがありません^^;)
「素」の状態でも最初は違和感があっても、すぐに慣れると思います。(素直というか単純な私です)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月26日 (土)

hp mini 2140にWindows 8をインストールするか思案中

我が家のnetbookのhp mini 2140には、ubuntuとWindows XPをインストールしていてデュアルブートで使っています。実際にはubuntuの利用がほとんどで、Windowsはめったに使うことがありません。そうは言うものの、Windows XPのサポートが2014年4月に切れるので、どうしようかと考えていました。そんな折、Windows8のダウンロード版が1月31日までなら3,300円で購入できると知り、ちょっと興味がわきました。Windows8は比較的軽量で、古いPCに導入するのも検討の価値あり、という記事をどこかで読んだことがあります。でも、2009年発売のmini 2140でWindows8が動くのだろうか。ネットで調べてみても、導入事例が見つかりません。大丈夫かなあ。そこでまずWindows8インストール要件をmini 2140が満たしているかどうか調べてみました。

Windows8vsmini2140_4    

スペック的には何とか満たしているようです。microsoftが提供しているアップグレードアシスタントを実行してみると、致命的な問題はなさそうに見えます。ただ、私のmini 2140のWindows XPの空き領域は10GBしかなく、システム要件である16GB確保するためには、パーティションを拡張する必要があります。

そして、それよりもWindows8のセキュアブートでubuntuとのデュアルブートが可能なのか。そこが分かりません。最悪マシンが起動しなくなる不安があります。mini 2140は使用頻度が減ったとは言え、まだまだ現役で使いたいです。いっそのこと、XPのサポートが切れるまで使い続け、切れたらたらubuntu専用機にしてしまう、と言うのもありですが、「期間限定で低価格の新しいWindows8が入手できる」というのに心ひかれてしまいます。その時の心理状態は明らかに冷静さを欠いていたと思いますが、つい、購入手続きをしてしまいました。

と言うことで、手元にダウンロードされたWindows8があるわけですが、まだアップグレードしていません。まずは、Windows8用に空き領域を確保してやる必要がありますが、Live DVDを利用して、ubuntuのパーティションエディタのgpartedで領域を広げようとしたのですが、なぜか、NTFSでフォーマットされたパーティションはサイズの拡張ができません。(ext4なら可能です)gpartedの使い方が分からないのか、仕様なのか分かりませんが、作業がそこで止まってしまいました。これは、ひょっとしてWindows8へのアップグレードはするな、という神様の声ではないだろうか。なんちって^^; うーん、どうしようと迷っているへたれです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年7月 3日 (土)

37ドルのネットブック

記事を見て最初は「そんなに安くはないなあ」と感じましたが、これは完全な勘違いで、370ドルではなく、37ドル(1ドル90円として、3,330円)なんです。300MHzのARM VIAプロセサー搭載、RAMは128MBで2GBのハードディスクが搭載されています。OSは懐かしいWindows CEです。画面は7インチで800x480の解像度です。
37usd_netbook

記事を読むとどうやら訳あり商品のようにもみれますが、それにしても安いです。送料は39.99ドルで本体より送料のほうが高いPCです^^;メモリーが貧弱なのが気になりますが、これって2003年に発売されたシグマリオンⅢを一回り大きくした感じです。
今更シグマリオンという感じがしないわけはありませんが、これに軽量Linuxを導入してみる、などハックの対象になって色んな使い方ができるとおもしろそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月11日 (月)

Chrome OS インストール

この記事が「TATおじさんのモバイル日記」を2008年11月に再開して以来100件目となります。我ながら良く持ったなあ、と思います。

日経Linux 2月号で「Chrome OSの全貌」という特集が組まれ、Chrome OSのビルド方法が記載されていたので、記事に従い、ソースからコンパイルしてUSBメモリーに導入してみました。
記事は初心者にも理解できるよう丁寧な記載となっていましたので、記載どおりにステップを進めることにより無事導入が完了しました。(日本語化はまだです)

実際に起動してみての感想は、まさに普段自分が使っているWEB環境(ブラウザー、カレンダー、ドキュメント、YOUTUBEなど)そのもので、何の違和感もありません。で、これだけで日常生活が送れるかどうかはもう少し使ってみてから考えたいと思います。記事にもありましたが、Chrome OSとWindows7との比較と言うのは、OSのコンセプトが全く違うのであまり意味がないと思います。Chrome OSと低価格マシンの組み合わせでデジタルデバイド解消に貢献できるかなど、考える切り口はいろいろとあると思います。
まずは自分の環境で動かしてみて実感したいと思います。

Ca3c0208_800

Ca3c0206_800

2010.1.12 追記

日経Linuxにはシャットダウン方法が記載されていませんでした。

どうすればシャットダウンできるかネットで調べたらありました。

Chrome OS のシャットダウン方法

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月17日 (木)

99ドル PC と80ドルPC!

何だかすごいことになるかも知れないです。発展途上国のデジタルデバイドをなくすことに貢献するという99ドルPCが発表されました。
Arm+256MB+2GBストレージで7インチの(800x480)ディスプレイという構成です。
OSはWindows CE もしくはLinuxです。
記事を読むととなんと80ドルPCもありました。

米Cherrypal、価格99米ドルの7型ノートPC「Cherrypal Africa」発表

Menq、重量800gの7型Androidノート「EasyPC E790」 - 価格80米ドル

初代EeePCを使った経験から、7インチディスプレイでのこの解像度は日常的使用はちょっと辛いものがありますが、それはハイスペックPCに慣れ親しんだ人間の身勝手な要望かもしれません。
これがデジタルデバイドの解消に貢献するか、それとも一時的な評判に終わるのか注目したいと思います。円高でもあり、とんでもなく安く感じますが、途上国の人たちにとっては個人で購入するのは困難な場合があると思います。PCという道具だけ準備してもデジタルデバイドの解消にはまだ乗り越えなければならないハードルがいくつかあると思います。ただ、ハードルの一つが低くなりつつあるのは確かなようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月20日 (日)

ノートPCとネットブックとMIDの境目

独断と偏見でこんな表を作ってみました。
Notepcvsnetbookvsmid
言いたかったことは、価格で比較するとネットブックの価格帯を3万円~8万円とすると、ノートPC・モバイルノートの下限とネットブックの上限、そしてネットブックの下限とMID(mobile internet device)の上限が重なっていて、価格面での明確な境界がなくなりつつあると言うことです。CPUスペックはノートPCのHP ProBOOK 4510sはCeleronT1600でデュアルコアでatomよりは上位クラスと考えられます。一方でMIDのSHARP NetWalkerはARMで価格の安いネットブックとして選んだDELL Inspiron mini10vよりは下位レベルでしょう。もちろん、他のスペックも見なくてはいけませんが、こうして10万円以下の価格帯で目的に応じて様々なPCが選べるようになったことは非常にありがたいと感じるこの頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月12日 (土)

今度は工人舎からPMシリーズ

シャープからMID(Mobile Internet Device)のNetWalkerが発表されたら、今度は工人舎から重さ340gのポケットサイズのNetBook PMシリーズが発表(10月初旬発売)されました。うーん、これもなかなか魅力的です。共通点は上着のポケットに入る大きさと軽さにありますが、スペック的には両者はかなり異なるようです。

Pm_vs_netwalkes

スペック的にはPMシリーズが上位で価格差もそれなりに1万5千円あります。好みが分かれるところでしょうね。個人的には工人舎のPMシリーズのスペックはかなり魅力を感じますが、価格の中にWindowsのライセンス料が含まれているのは複雑です。使わないWindowsのライセンスがどんどんたまります。ポイントじゃないので、これには抵抗を感じてしまいます。ということで、今の時点では、ubuntuを標準搭載したNetWalkerにエールを送りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 8日 (土)

kernel panic !!

HP mini 2140 のubuntuが起動しなくなりました。起動画面で、最新のカーネルバージョン(2.6.28-14-generic)を選択すると
kernel panic - not syncing : VFS : Unabele to mount root fs on unknown - block (0.0)
と表示されて固まってしまいます。リカバリーモードで起動しても途中で固まってしまいます。
Linuxを使い始めて2年近くなりますが、この様な現象は初めてです。
VFSとは仮想ファイルシステムのことですが、どのように修正すればよいのか分かりません。
幸い1つ前のバージョン(2.6.28-13-generic)では起動ができます。
再インストールも考えましたが、あまり深入りせずにubuntu 9.10までは旧いバージョンで起動することにします。
それまでに次のカーネルバージョンアップがあればどうなるのですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)