« 2016年8月 | トップページ

2016年9月19日 (月)

インターネット寸断がようやく解消した

いつ頃からかははっきりしないのですが、自宅のインターネット(光フレッツネクストマンションタイプ)の接続が時々切れるようになりました。半年以上前からかもしれません。Windows PCだと画面右下のネットワーク接続のアイコンに黄色いビックリマークの表示が現れ、「インターネット接続なし」となります。

Network

最初はそれほどの頻度はなく、あまり気にしていたなかったのですが、最近になり1時間に1、2度の割合で数秒から数分切断します。時間が経つといつの間にか接続状態になります。自宅でPCやスマートフォンを利用する場合の大半をインターネット(webサイトの閲覧、webメール、クラウドストレージの利用)に依存しているので、インターネット接続が切れるとかなりのストレスになります。書きかけのwebメールが途中で切れるとそれまで書いた内容が消えてしまうという実害も出てきました。最初のうちは、集合住宅なので最近利用者が増えて、接続できにくくなっているのかななどと考えていましたが、どうもそうではないようです。webサイトなどでは、Wi-Fiがつながりにくいという記載はよく目にしますが、私の場合は、Wi-Fiだけでなく、有線接続でも接続が切れます。対処療法的に、機器のリセットということで、ルーター及びVDSLモデムの電源を切り、コンセントからも外してしばらく放置して、再度電源を投入するなどをしてみましたが、直後は解消するように見えるのですが、時間が経つと再現してしまいます。

ネットワーク関係のトラブルは原因の解明が厄介という思いがあり、我慢して使っていましたが、限界に達して、真剣に対応を考えてみました。

考えられる要因として、出口に近いところから考えると
  1. PC、端末の不具合(機器もしくは設定)
  2. ルーターの不具合(機器もしくは設定)
  3. NTTから支給されたVDSLモデムの不具合
  4. 上記1と2及び3と4を接続しているケーブルの不具合
  5. VDSLモデムと自宅内の電話モジュラージャックをつなぐケーブルの不具合
が、手の届く範囲として考えられれます。

まず、ケーブルの不具合の4と5について、きちんと接続しているか確認しましたが、異常はなさそうです。
次に、1のPCについては
・接続が切れる場合は、複数の端末で同時に起きる
ということで、PCが原因ではないと判断しました。
2のルーターについては、
・インターネットは接続できていなくてもLANは活きている
ことから、可能性ゼロではないが原因とは考えにくいと判断しました。
そうなるとだんだんと入り口に近いVDSLモデムか、自宅に届いている回線に問題がある可能性が高いのではと考えました。

VDSLモデムについては、点灯しているランプの状態を見る限り異常はありません。となると、回線そのものが怪しそうです。マンションなので、私以外の住居も不調だと特定が早いのですが、どなたが契約されているかはわからないので、とにかくNTTのサポートに電話を入れてみました。

最初は予想通り、PC、ルーターの可能性を指摘されましたが、上記状況を説明すると、どうも回線に問題がありそうだということで、リモートで簡易テストを実施した結果、回線に問題がある可能性が高いという判断なりました。そうなるとNTTの対応は早く、念のため、まずはVDSLモデムの交換を提案され、電話をした当日に新しいVDSLモデムが届きました。これで解決すればありがたいと思いながら、交換してテストしたところ、最初のうちは接続できて、大丈夫かな、と思ったところやはり切断してしまいます。
再度NTTサポートに電話を入れ(これ、つながるまでずいぶん待たされます)、VDSLモデムの交換では解決しないことを伝え、現地調査(自宅内およびマンションの集合装置etc)に来てもらうことになりました。

翌日NTTフィールドテクノというフィールドサービスの会社の人が来て、まずVDSLモデムにつないでいるケーブルを検査用の機器につないでテストをしたところ、エラーが多発しているとのことです。ではどこが問題かということになると、可能性として
  i 自宅内の回線
  ii 自宅の外(メーターBox)にある分岐点から自宅内までの回線
  iii マンション集合装置から分岐点までの回線
  iv 本線からマンション集合装置までの回線

などがあり、それを確認するとのこと。

自宅の外にある装置の場所を確認した上で、まず自宅内にある3カ所のモジュラージャックについて検査をしたところ、どうやら、エラーが出るのはVDSLモデムに接続しているモジュラージャックであり、他はエラーが出ていない様子。自宅の外の分岐点からまず自宅内の別のモジュラージャックに回線が通り、そこから問題のモジュラージャックにケーブルでつないであるようなので、その(自宅内の)ケーブルを交換してみますとのこと。交換といっても、ケーブルは壁の中と天井裏を伝っており、簡単な作業ではなく、二人がかりでまずスチール製の細いケーブルをモジュラージャックの口から入れて押し込んでゆき、もう一方の口まで通します。距離にして4、5mぐらいでしょうか。途中で何カ所か曲がっているので、はた目にも難しそうです。無事、スチールケーブルが通ると今度はその先端に交換用のケーブルを結び付けて、スチールケーブルを今度は逆に引き戻します。これがさらに厄介で、多分曲がり角などで、スチールケーブルと交換用ケーブルが外れてしまったりでてこずりましたが、ようやく交換することができました。

これでテストをした結果、交換前にエラーが出ていたのが、出なくなりました。これでしばらく様子を見て、もしも再発するようだと別の要因というとになるので連絡をしてください、とのこと。交換後3日ほど利用していますが、今のところ切断はありません。もう少し様子を見る必要があると思いますが、これで解消してくれたら長い間悩まされていたトラブルが解消できて本当にありがたいです。壁の中を通るケーブルの不具合とは想像できませんでした。(ちなみに築41年のマンションです)

それと、以前から電話を利用するとジージーというノイズがうるさいほど聞こえていたのがうそのようになくなりました。ワイヤレス電話なのでそのせいかな、と思っていたのですが、それも併せて解消するといううれしいオマケがついてきました。

Ntt



| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年9月 8日 (木)

1年半越しにUSB DACが使えるようになった

昨年(2015年)3月、ハイレゾに挑戦と思い立ち、USB DACとして、RATOC RAL-24192HA1を購入しました。PCM 24bit/192kHz対応製品です。購入して、Windows 8.1搭載のPCに接続してテストしたところ、コントロールパネルで24bit/192kHzに設定すると、再生の途中で止まったり、ブチッとノイズがしたりで使用に耐えられない状況です。

メーカーのサポートに問い合わせたところ、
Intelチップセット7~9シリーズのUSB3.0ポートとの接続では、176.4kHz/192kHzの音源を再生することができないことが確認されています。
との回答で、自分のPCを確認するとまさにこれに的中します。USB2.0のポートがあればよいのですが、私のPCはUSB2.0のポートがありません。サポートからは、WASAPI排他設定にする、あるいはPCの電源設定を高パフォーマンスにするといった対策案が提示されましたがいずれでも改善されませんでした。また、このことをブログに掲載したとき、読者の方からもコメントをいただき、試したところ、改善が見られましたが、動作が不安定になることがあり、長時間の再生は困難でした。そんなことがあり、結局RAL-24192HA1の利用を断念し、新たにFOSTEX HP-A4を購入して再生することにしました。

RAL-24192HA1はそのまま眠っていたのですが、先日、ふとRATOC社のサイトRATOC Audio Labを訪ねたところ、Winodws 10対応状況という情報があり、RAL-24192HA1のドライバーが提供されていて、インストールする前提にファームウェアの更新が必要とありました。もう少し見てみると、FAQのUSB3.0に関するところで2016年1月29日に「USB3.0/3.1対応のintel Chip setのHigh Speedモード、アイソクロナス転送との互換性を向上させるためにアップデートが必要です。」との記載がされていました。ひょっとして、これによって利用できるかもしれないという淡い期待のもと、サポートにファームウェアの更新方法を問い合わせると、現品をRATOC社に送付すれば、無償(但し、送料は送るときのみユーザー負担。返送はRATOC社負担)で更新しますとのことでした。なかばダメもとの気持ちで、RATOC社に現品を送ったところ、2日後には更新完了ということで戻ってきました。

そこで、私のPCは現在はWindows 10なのでWindows 10用のドライバーをインストールしました。
1. 旧いドライバーがインストールされていれば削除
2. RAL-24192HA1をPCに接続
3. RATOC社のサイトにあるWindows 10用のドライバーをダウンロードして、インストール
4. コントロールパネルのサウンド設定で、RAL-24192HA1のプロパティの詳細設定を24bit-192kHzに設定
テストしたところ、無事再生するようになりました。鳴らし続けても止まったりノイズが出たりすることはありません。Windows 10以前のOS(Windows8.1/7)ではファームウェアの更新だけで再生可能になると思われます。また、ファームウェアの更新により、Windows VISTA以前のOSは対応できなくなるとのことです。

RAL-24192HA1については、自分のPCが再生できない条件に合致してしまい、当初は返品も考えましたが、24bit/192kHzの音源は数えるほどで、ひょっとして何らかの改善があるかも知れないと思い、しばらく様子見を決めました。約10か月後にファームウェアの更新に関するお知らせが(ひっそりと)出ましたが、すぐに気付くこともなく、1年半かけでようやく再生できるようになりました。メーカーのFAQにはUSB 3.0での不具合も記載されていますが、購入後に気づきました。時間はかかりましたが、メーカーの対応に不満を覚えているわけではなく、ようやく音が出るようになり、これからしっかりと使い込んでいこうと考えています。


Img_2872_1024 Foober200desktop


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 1日 (木)

ワイヤレススピーカーを購入した

持ち運びができる小型のワイヤレススピーカーBOSE SoundLink mini Bluetooth SpeakerIIを購入しました。自宅内で、いつでもどこでも、あまりコストをかけずにできるだけ良い音で音楽が聴ける環境を作ろうと試行錯誤していました。  音源は、NASに保存しているハイレゾを含む約9,000曲の楽曲と、Apple Musicなどのストリーミングの楽曲です。PCを置いている部屋ではRaspberry Pi2+ I2S DACの組み合わせで、PCも無音のECS LIVA X2にして、それなりの環境ができたのですが、リビングではこれというのが決まらずに苦労しました。当初はTVからの再生を考え、いろいろとトライしました。最初はRaspberry PiにOSMCをインストールし、HDMIで接続したTVで楽曲を流すようにしましたが、その後Apple TV(第3世代)の購入により、Apple TVでNASの音楽を聞いていました。ところがApple Musicの登場で、リビングでもApple Musicが聴きたいということで、iPad miniの出力をHDMIに変換して画像と音声を流すという方法にしました。結果、Youtubeなどの動画を視聴するにはAppleTVを利用して、ストリーミングの音楽を聴くにはiPad miniのHDMI接続で利用してきましたが、今ひとつ使い勝手が良くありません。iPad miniの場合は、接続の関係で、iPad miniをTVの近くに置くことになり、楽曲のコントロールが手元では行えないという不便さがありました。

そこでTVからの出力ではなく、スピーカーを別途準備することにしました。スピーカーの選択にあたって、以下を前提にしました
・リビングだけでなく、自宅内を持ち運びすることを考えて、できるだけコンパクトでバッテリー稼働ができるもの
・iPad mini、iPhone、PCなどさまざまな端末で利用できること

この条件でスピーカーを探すと、候補は2つに絞られました。
ひとつはSONY SRS-HG1、もうひとつがBOSE SoundLink mini Bluetooth SpeakerIIです。両機種ともBluetoothでの接続が可能です。SONY SRS-HG1は更にハイレゾの音源が再生可能、Wi-FiによるNASの楽曲が再生可能と多機能です。価格は2機種ともほとんど同じ(註:9月1日に価格を見たら、BOSEが3,000円強値下げしていました。ちょっとショック^^;)で、どちらを選ぶかかなり迷いました。インターネットの書き込み、量販店での実物を見たり(聴いたり)しましたが、最終的には、「あれもこれもできる」ではなく、「これしかできない」シンプルさを採り、BOSE SoundLink mini Bluetooth SpeakerIIを選びました。

購入してから、音が出るまでの設定は非常に簡単でした。あらかじめBOSEのサイトから日本語マニュアルをダウンロードして、それを参照すると良いと思います。
電源を投入すると設定により日本語の音声ガイドが出るのですが、片言でちょっと笑わせてくれます。必要なければ音声ガイドが出ないようにすることが可能です。
実際に利用してみての印象は
・小型であるが、しっかりと音が出ています。レビューを読むと低音が良いとのことでしたが、確かにその通りです。
・小型ゆえ、左右のスピーカーが近いので音の広がりという点では限界があります。ただ、スピーカーの近くで聴くことによりかなりカバーできます。スピーカーを簡単に動かせるメリットが活かせます。
・置き場所、置き方により音が変化するようです。
・Bluetooth接続ではなく、AUXのライン接続したほうが明らかに音のヌケが良いです
・PC(Intel NUC5PPYH)にAUXライン接続して、かつAC電源に接続するとブーンというノイズがスピーカーから出ます。場所を変えたり、ケーブルを変えてみたりしましたが、試した範囲では解消しませんでした。バッテリー稼働にするとノイズは出ません。iPad miniではノイズは出ません。
ということで、最初はリビングでの利用を中心に考えていたのですが、自宅のあちこち(広い自宅ではありませんが)に持ち運び、iPad miniとライン接続して聴いています。また、ubuntu 16.04LTSを搭載したPC(NUC)とも接続して、RhythmboxでNASの音源を聴いたりもしています。

S_bose_sl_mini_bt S_img_2838_

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ