« ESC LIVAにLubuntu14.04LTSをインストールした | トップページ | Windows タブレットを試す »

2016年3月 5日 (土)

UbuntuでBuffalo簡易NASのマウントにはまる

ひょっとして私同様にお困りの方がおられたらと思い記しておきます。

自宅のルーターBuffalo WZR-1750DHP2にはUSBポートが2つついていて、これにUSBハードディスクを接続して簡易NASとして使えるようになっています。私もこれに2TBのハードディスクを接続し、NASとして利用しています。
ところが、記憶が定かではないのですが、ある時からubuntu 14.04のPCからマウントできなくなりました。ファイルマネージャでNASに接続しようとしてもエラーとなります。端末から、

    $ sudo mount -t cifs -o username=[user],password=[password] //192.168.x.x/disk1_pt1 /mnt/nas

でマウントを試みてもエラーとなります。cifsのマウントオプションに",sec=ntlm"を加えてみたり、色々と試みたもののうまくゆきません。Windowsからは問題なくアクセスできるのですが、ubuntuではダメです。また、別のubuntuサーバーに接続しているハードディスクにはアクセスできます。いかんともしがたく、webブラウザーでルーターに接続し、情報欄を見たところ、ファームウェアの更新が可能とありました。ネットワークに関しては詳しくなく、ファームウェアの更新でほかに影響が出るとイヤだなあと思いつつも、他に解決方法も見当たらず、思い切って更新を実行しました。

Buffalo_nas_firmwaer_update 画像は、ファームウェア更新後で、最新の状態になっています。


ファームウェアの更新は短時間で終わり、結果は成功でした。
無事にマウントできるようになりました。モヤモヤが晴れてスッキリしました。

Buffalo_nas

|

« ESC LIVAにLubuntu14.04LTSをインストールした | トップページ | Windows タブレットを試す »

コメント

TAT様

 私は、昨年7,8月にNURO光のONU(Optical network unit)にあるUSBポート簡易NASとして使う件でTATさんにご丁寧なアドバイスをいただいた児玉と申します。その節は本当にありがとうございました。

挿したUSB外付けHDDまたはUSBメモリーの楽曲ファイルをRaspberryPiから読めなくて、そのためvolumioで曲の再生ができず、難航しているときに貴ブログに似たようなケース([volumioにNASがつながった!])でvolumioの設定に”sec=ntlm”を加えることで解決されたことを知りました。

私の幼稚な質問に、たいへんご親切にご教示をくださいましたのに、私の力不足で生かせず目的は達成できませんでした。

TATさんには、解決したら真っ先にお知らせしますとメールでお約束しました。


その後もLINUXの日本語フォーラムに相談したり、NUROの有料サポートに問い合わせたりしましたが解決に至りません。

最近貴ブログの「UbuntuでBuffaloの簡易NASのマウントにはまる」を拝見したのを契機に昨年の未解決テーマのその後をお話ししようと思います。

昨年夏当時は、RaspberryPiからLINUXでUSB外付けHDDまたはUSBメモリーをマウントしようとしてことごとく失敗したのですが、ひとまずRaspberryPiオーディオで曲が簡易NASの曲が再生できればいいやと考えを少し変えました。

たまたまiPhone,iPadのアプリで「iPhone DLNAアプリ 個人的ランキング」

http://mimimopu.com/blog/2013/07/iphone-dlna.html

というサイトがありましたのでここに挙げてあるアプリの


mconnect player

media:connect

Media Link Player

の3本をダウンロード(有料無料で5本)して試したら前二者で簡易NASの曲がRaspberryPiオーディオで再生できました(iPhone,iPadでも再生できます)。

volumioは通らないで,iOSのair playで鳴らしているようです。


なにも自分のアタマは絞らないで、一応の目的は果たせたことになります。

しかし難点もありました。日本語の曲名が文字化けします。

一例をあげると

「枯葉(訳詞付)~イブ・モンタン.mp4」は「屚梩(栿帉晅)_僀償丒儌儞僞儞.mp4」とiPhone,iPadで表示されてしまいます。

NUROの有料サポートは、リモートアシスタンスで長時間頑張ってくれたのですがダメでした。

私の根拠のない推測ですが、ONU(中国製とある)内蔵の文字コードが中国版繁字体のままなのかななどと考えています。

TATさんは、正規のNASを備えておられ、さらにルーターにも2口のUSBポートがあり、曲数8000なんて本当に素晴らしい。

これからも貴ブログを楽しみに勉強させていただきます。今後とも頑張ってください。


--


児玉義人
kodamy@gmail.com

投稿: 児玉義人 | 2016年3月15日 (火) 20時56分

児玉義人様
ご無沙汰しております。
コメントありがとうございます。暖かい激励も感謝です。
コメントへの返信が遅れ、申し訳ありません。

精力的に試されているようで感服します。
私のほうはと申しますと、Raspberry PiでNASの楽曲を聴いていたのですが、何かの拍子で、NASを認識しなくなりました。当初、ブログに書いていた状態です。いかんともしがたく、大容量のUSBフラッシュに楽曲をコピーし、Raspberry Piに直挿しをして聴いています。この方がタイムラグがなく、快適なことが分かりました。ただ、NASとの2重管理になるのが難点です。

それと、Apple Musicを聴く機会が増え、利用機器はWinodws PCかiPhoneが主役となっています。

いずれにせよ、音楽は私にとって欠かせないもので、いつでもどこでも好きな音楽をよい音で聴けるようこれからも試行錯誤が続くと思います。

投稿: TAT | 2016年3月27日 (日) 14時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166327/63301632

この記事へのトラックバック一覧です: UbuntuでBuffalo簡易NASのマウントにはまる:

« ESC LIVAにLubuntu14.04LTSをインストールした | トップページ | Windows タブレットを試す »