« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月 5日 (土)

UbuntuでBuffalo簡易NASのマウントにはまる

ひょっとして私同様にお困りの方がおられたらと思い記しておきます。

自宅のルーターBuffalo WZR-1750DHP2にはUSBポートが2つついていて、これにUSBハードディスクを接続して簡易NASとして使えるようになっています。私もこれに2TBのハードディスクを接続し、NASとして利用しています。
ところが、記憶が定かではないのですが、ある時からubuntu 14.04のPCからマウントできなくなりました。ファイルマネージャでNASに接続しようとしてもエラーとなります。端末から、

    $ sudo mount -t cifs -o username=[user],password=[password] //192.168.x.x/disk1_pt1 /mnt/nas

でマウントを試みてもエラーとなります。cifsのマウントオプションに",sec=ntlm"を加えてみたり、色々と試みたもののうまくゆきません。Windowsからは問題なくアクセスできるのですが、ubuntuではダメです。また、別のubuntuサーバーに接続しているハードディスクにはアクセスできます。いかんともしがたく、webブラウザーでルーターに接続し、情報欄を見たところ、ファームウェアの更新が可能とありました。ネットワークに関しては詳しくなく、ファームウェアの更新でほかに影響が出るとイヤだなあと思いつつも、他に解決方法も見当たらず、思い切って更新を実行しました。

Buffalo_nas_firmwaer_update 画像は、ファームウェア更新後で、最新の状態になっています。


ファームウェアの更新は短時間で終わり、結果は成功でした。
無事にマウントできるようになりました。モヤモヤが晴れてスッキリしました。

Buffalo_nas

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »