« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月19日 (土)

またまたキーボードを買ってしまった

仕事の場では、ノートPC(Windows) をメインにiPad miniをサブに利用しているのですが、iPad miniでテキストを入力するのに適当なBluetoothキーボードがないかなあと探していました。ケース一体型のキーボードは持ち運びに便利ですが、キーピッチが狭く、どうしてもちまちまと作業をすることになってしまい、ソフトキーボードと使い勝手がそれほど違わなくなってしまいます。

これまでBluetoothのキーボードはあまり購入していなかったのですが、ネットを見ると、さすが時代の流れでしょうか(て言うか単に私が知らなかっただけですが)マルチデバイス対応のキーボードというのが結構あります。iOS、PC(Windows,Mac)、Androidなどに対応しています。その中でLogicoolのK480というのが目にとまりました。

Bluetoothmultidevicekeyboardk480

このキーボードもマルチデバイス対応で、しかも同時に3台までペアリングできてワンタッチで切り替え可能になっています。サイズは結構大きく、据え置きタイプで重量が815gと持ち運びには適していませんが、キーピッチが19mmあり、仕事の場で使うには手頃なサイズです。最近、この機種の後継でコンパクトタイプのK380というのが発売されたためか、価格が3,000円強とお得になっています。ということで、実際に購入して会社で、iPad miniだけでなく、Windows PCともペアリングして、1台のキーボードで利用するようにしました。キータッチもストロークが2mmあるのでしっかりと打鍵感があり、個人的には好みのタイプです。iOSとWindowsでは特殊キーのレイアウトの一部が異なるので、少し慣れが必要ですが、1台のキーボードを共用できるのは便利です。3,000円でこのスペックならお買い得かな、と思っています。しばらく利用してみて、使い勝手を検証してみたいと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 9日 (水)

iCloud for Windowsをアンインストールしたらとんでもないことが

前回、無音PCとしてドスパラのDiginnos DG-M01IWを購入したことを書きました。音楽の再生やwebの閲覧、テキストの作成などはストレスなく使えます。たまにシャットダウンがうまくできない時がありますが、気になる程度ではありません。ただ、前回も書きましたが、メインのストレージが32GBでシステムに利用している部分もあり、初期段階でユーザーが使えるのは約20GBで、私の場合、各種アプリを入れると空き容量は12GB程度となりました。メインのディスクの空き容量をできるだけ減らさないようにするために、Dropboxの保管場所をmicro SDカードに変更したりしましたが、iCloud(特にiCloud Photo)も利用していたので、iCloudもインストールし、データの保管場所をmicro SDカードに設定することにしました。iCloudのインストールは一度エラーとなりましたが、再度試行するとインストールできました。

Icloud_for_windows_install


iCloud Photoの保管場所変更は特に問題なくできました。micro SDカードでも指定できるようです。ということで、しばらく利用していたのですが、あるとき、Cドライブの空き容量を確認すると、12GB程度あったのが、なんと1.64GBに激減しています。


Cdrive_


どうなったんだろうと、Cドライブの中身を確認してゆくと、
 C:\ユーザー\[username]\AppData\Local\Apple Inc\CloudKit\iCloud Photos\MMCS
というフォルダー内に
 tmpm-0x0000000000000001からtmpm-0x0000000000000006までの6つのファイルができていて、1ファイル当たり約2GBの容量があり、6ファイルで12GB近く消費しています。これがCドライブを圧迫する原因となっています。何のファイルかよくわからないのですが、どうもiCloud関係の一時ファイルのようで、シャットダウンするとファイルは消滅するのですが、しばらくするとゾンビのようにまたファイルができてしまいます。


__


別のPCにもiCloudをインストールしているのですが、そのPCにはこのようなファイルはできていません。ネットでいろいろと調べてみたのですが、有効な答は見つけられませんでした。空き容量1GBで運用するのは心許ないので、このPCでiCloudを利用するのは断念することにしました。必要なら別のPCを利用することにします。


ということでコントロールパネルからiCloudをアンインストールしたところ、Cドライブの空き容量は12GBに復活しました。ここまではよかったのですが、エキスプローラーを見るとなぜかmicro SDカード(Dドライブ)を認識していません。カードを抜き差ししても変わらないです。iCloud Photoの保存先をmicro SDカードにしていて、iCloudをアンインストールした関係で、SDカードに異変が生じたようです。最初は安易に、再フォーマットをしてもう一度フォルダーを作ればよい、と考えていたのですが、フォーマットが全くできません。Windows に標準装備されているフォーマッターやSDFomatterでもエラーとなります。ubuntuのGpartedを利用すると、SDカードは認識するのですが、フォーマットしようとするとエラーとなります。最後の手段でubuntuの端末からfdiskコマンドでパーティションを削除して再作成を試みましたが、やはりエラーが出ます。ということであらゆる手段を試してみましたが、修復はできず、どうやら修復不能の状態になってしまったようです。奮発して128GBのmicro SDカードにしたのですが、利用を始めて3日目にして一瞬でパーになってしまいました(涙)


iCloud for Windowsの不明の一時ファイル、アンインストール時のmicro SDカードの破壊など、Windows側の問題なのかAppleのソフトの問題なのかよくわかりませんがこんな目に会いたくないものです。









| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »