« Raspberry PiをデスクトップPCにするためのTipsその6 継続的にRaspbianを使うために | トップページ | iCloud for Windowsをアンインストールしたらとんでもないことが »

2015年11月20日 (金)

無音PCの導入

ハイレゾ音源やApple Musicを聴くようになってから、静かな環境で音楽を聴く欲求が高まりました。それまでメインで使っていたデスクトップPCはファンが回りだすと爆音が発生し、とても音楽を聴ける状況ではありません。仕方なくノートPCに切り替えたのですが、だいぶマシになったとは言え、それでもファンの音が発生します。気になりだすと、落ち着いて聴くのが困難になります。ハイレゾ音源は、Raspberry Piにインストールしたvolumioでスマートフォンかタブレットでコントロールし、Apple MusicもiOSデバイスで聴けばPCを起動せずとも静かな環境で聴くことは可能ですが、音楽を聴きながらPCを操作したい場合がどうしても(しょっちゅう)出てきます。そうなると音の問題が発生します。ファンレスのPCに関心が出てきたところ、ドスパラが販売するDiginnos DG-M01IWという機種に出会いました。

ドスパラ通販 Diginnos DG-M01IW

Diginnos DG-M01IW レビュー バッテリ内蔵! 文庫本サイズの超小型パソコン

主なスペックは、
     OS   Windows 10 Home 32bit
     プロセッサ   Atom Z3735F (定格1.33GHz)
     グラフィックス   インテル HD グラフィックス
     メモリ   2GB(DDR3L)
     ストレージ   32GB eMMC(Hynix製)、microSDカードスロット
     無線機能   IEEE802.11 b/g/n、Bluetooth 4.0
     バッテリ   内蔵
     サイズ   116×152×15(幅×奥行き×高さ/mm)
     重量   約350g

価格は税込で21,384円で、これに梱包送料が2,160円(ちと高いです)が上乗せされて合計23,544円でした。スペックを考えるとまあ妥当な価格と言えると思い、購入を決めました。最近話題のスティックコンピュータにしなかったのは、こちらの方がUSBポートを3つ(うち一つはmicroUSB)持っていて拡張性が高そうだったからです。ただ、同じドスパラからWindows 10 のプリインストールされたスティックPC(Diginnos Stick DG-STK1B) がほぼ同じスペックで税抜きで9,980円に値下げして出ているのをみて、こちらでもよかったのかな、と思ったりもしています。

Img_1256small

このPCの「ウリ」のひとつであるバッテリー内蔵でカタログ上では13時間稼働という点に関しては、自分にとって出先でディスプレイかプロジェクターにつなぐなどの利用シーンがあまりイメージできず、小型無音という点での活用を考えました。

このPCは、メインに使っていたデスクトップPCに替わり、普段使いのPCとして、iTunesでApple Musicを聴く、ウェブブラウザーでウェブの閲覧やwebメールの利用、ドキュメント(主にテキストファイル)の作成などです。実際に利用してみて、CPUはAtomでメモリも2GBですが、私の利用範囲ではほとんどストレスなく利用できました。ただ、内部ストレージが32GBで、購入時点でユーザーが利用できる容量は約20GB とあまりアプリを詰め込める状態ではありません。追加でインストールした主なアプリは

     chrome(web ブラウザー)
     iTunes(音楽管理ソフト)
     foobar 2000(音楽再生ソフト)
     Aermo(MPDクライアント)
     秀丸エディター(テキストエディター)
     LibreOffice(Officeソフト)
     Dropbox(オンラインストレージ)
     Evernote(Webページ、ノートの保管)
     Teraterm(ターミナルエミュレータ)

などです。これらをインストールすると空き容量が約12.6GBとなりました。利用していないMicrosoft Office 2007があったのですが、空き容量を考えてインストールは見送りました。LibreOfficeで用は足りますし、どうしても必要なときは、Web上のOneDriveからMicrosoft Office onlineか別のノートPCを利用することにします。今後アプリをたくさん入れなければ何とかやっていけそうです。マイクロSDカードのスロットがあるので、128GBのmicroSDカードを装着しました。

Cdrive

普段、私はデータの保存場所として、クラウドのDropboxとOne Driveを使っていますが、これらは、ローカルディスクにも保存場所を持っていて、ローカルディスクとクラウドを同期して利用するもので、どのデバイスからでも利用できるので非常に重宝しているのですが、他のデバイスなどで、大量のデータを保存すると、結果的にDG-M01IW のディスク容量を圧迫します。これを避けるために、それらのデータの保管場所をCドライブではなく、microSDカード(Dドライブ)にすればよいのですが、これが思った以上にてこずりました。

●Dropboxの保存場所をmicro SDカードにする
Dropboxの基本設定で、Dropboxの場所の変更は可能ですが、microSDカード(Dドライブ)を指定すると、「このフォルダは取り外し可能なメディア上に保管されています」とメッセージが出て指定することができません。調べてみると、シンボリックリンクを作成することによって指定することができました。

Dropboxフォルダの場所をSDカードなどのリムーバブルメディアに変更する方法

●OneDriveの保存場所をmicro SDカードにする
Windows 8.1まではOne Driveの保存場所としてSDカードのあるDドライブを指定できたようですが、Windows 10ではできなくなったようです。Microsoftコミュニティーで、SDカード内に仮想ディスクを作成すれば移動可能との書き込みがありましたが、かなり面倒そうなので、この方法は断念しました。OneDriveの容量が増えてきてCドライブが枯渇しそうになれば、改めて考えることにして、当面はCドライブで運用します。タブレットなどでメインドライブの容量が小さいものもあると思うので、Microsoftには、ぜひとも標準でSDカードに保存できるようにしてもらいたいものです。

●iCloudの導入と保存場所の変更
iOSデバイスを利用しているので、iCloud(特にiCloud Photo)もインストールしようと考えましたが、思わぬ事態が発生し、iCloudの導入を断念しました。これについては回を改めて記載します。

それ以外にCドライブを圧迫しないように下記を設定しました。
iTunes ライブラリ
Apple Musicを利用するので、iTunesは必須ですが、ライブラリの場所はNASに設定しました。また、iTunes Cloudも利用しているので、基本的にはローカルディスクに楽曲ファイルを保存することはありません。
Chromeのダウンロード先
それほど容量を食うわけではありませんが、Webからダウンロードするファイルの保存先をCドライブからDドライブに変更しました。これは、Chromeの設定画面で「詳細設定を表示...」からダウンロードの保存先をDドライブに変更することで可能です。

以上のような設定をして、無事普段使いのPCとして利用できるようになりました。ディスプレイはそれまでデスクトップPCで使っていたものを利用し、キーボード、マウスはBlue Toothで使っていますが、コンパクトで、配線もすっきりして、使い勝手はまずまずです。

実は、私はOSはメインにubuntuを使っていたのですが、今回はiTunesを利用することもあり、Windows 10を利用しています。無音のLinux PCとしてRaspberry  Piがあるのですが、ストレスなく使うにはスペック的に厳しいです。そこで、しばらく使っていなかったubuntu 14.04をインストールしたECS LIVA(初代)という小型PCを復活させたところ、これもファンレスで ストレスなく利用できます。DG-M01IWとLIVAで静かで省電力のPCを利用する環境が整いました。

|

« Raspberry PiをデスクトップPCにするためのTipsその6 継続的にRaspbianを使うために | トップページ | iCloud for Windowsをアンインストールしたらとんでもないことが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166327/62716693

この記事へのトラックバック一覧です: 無音PCの導入:

« Raspberry PiをデスクトップPCにするためのTipsその6 継続的にRaspbianを使うために | トップページ | iCloud for Windowsをアンインストールしたらとんでもないことが »