« Raspberry PiをデスクトップPCにするためのTips その1 準備するもの | トップページ | Raspberry PiをデスクトップPCにするためのTips その3 Raspbianインストール後の初期設定 »

2015年10月 2日 (金)

Raspberry PiをデスクトップPCにするためのTips その2

その2 NOOBS、Raspbianのインストール

機材の準備ができたら、OSのRaspbianのインストールです。

1.microSDカードのフォーマット
まず、microSDカード準備ですが、以前使用していたカードを利用するときはFAT32の形式でフォーマットします。その際、カードをLinuxなどに利用していた場合、Windowsでフォーマットしようとすると、領域が小さく認識されることがあります。その際は、SDアソシエーションのSDFomatterというアプリを使って物理的にフォーマットを行います。(同名の別のアプリがありますので要注意です)
https://www.sdcard.org/jp/downloads/formatter_4/

新しいSDカードのときは、以下の作業は不要です。
  1. microSDカードをPCに装着する
  2. SDFormatterを起動
  3. SDカードのドライブが正しく認識されていることを確認し、オプションの設定で「クイックフォーマット」、論理サイズ調整「ON」にして、フォーマット
Sdformatter1 Sdformatter2

2. 2通りのインストール方法
Raspberry PiにOS(Raspbian)をインストールする方法として下記の2通りの方法があります。どちらも、Raspbianをインストールするという意味では同じです。
a) インストーラーのNOOBSをインストールして、そこからRaspbianを選択してインストールする
  •  様々なOSが選択インストールできるので便利
  •  ディスクイメージをmicroSDに書き込む操作は不要(インストールがが容易)
  •  LAN接続が必要
b) Raspbianを直接ダウンロードしてディスクイメージをmicroSDカードに書き込んでインストールする
  • Raspianのみインストールするならこの方法で問題ない
  • 起動が若干速くなる
  • 無線LANしかなくともインストール可能
2-1 NOOBSを利用したインストール
(1) Raspberry Piの公式サイトから最新のNOOBSをダウンロードする。
NOOBSとNOOBS Liteがありますが、NOOBSを選択。
2015年9月27日時点の最新版はversion 1.4.1 (2015.5.11Release)
Download ZIPを選択してダウンロード
(2)zipファイルを展開し、内容をすべてmicroSDカードにコピー
(3)Raspberry Piに周辺機器を接続。
NOOBSでのインストールには有線LAN接続が必要です。
(4)microSDカードをRaspberry Pi本体に装着し、電源投入
(5)NOOBSが起動し、OSの選択画面が表示される
一覧からRaspbianを選択し、「install」ボタンを押す。
この段階では、画面下部の言語は「English」のままにしておく。
(日本語環境への変更はインストール後に行う)

Noobs_small

(6)Raspbianのインストール
ファイルのダウンロードと展開。時間がかかる。
Raspbian_install_1_small

(7)インストール完了
OKボタンを押すと初期設定画面(raspi -config)が表示される
Raspbian_install_3_small Raspi_config_1_small

以下次回に続く

2-2 Raspbianを直接ダウンロードしてインストール
上記2-1の代替方法としてNOOBSを使わずにRaspbianのみをインストールする方法があります
(0)事前準備として、PCにWin32DiskImagerをインストールしておく
(1)Raspberry Piの公式サイトから最新のRaspbianをダウンロードする。
2015年9月27日時点の最新版は(2015.5.5 Release版
Download ZIPを選択してダウンロード(990MB 時間がかかります)
Download_raspbian

(2)zipファイルを展開し、イメージファイル(2015-05-05-raspbian-wheezy.img)を適当なフォルダーに保存
(3)microSDカードをPCに装着し、Win32DiskImagerを起動
(4)イメージファイルをmicroSDカードに書き込む
Image Fileは先ほど展開、保存したファイルを指定。ドライブは、microSDカードを装着したドライブ。
「Write」で書き込み開始。

Win32diskimager

(5)書き込み完了。Raspberry Piで起動
Raspberry Piに周辺機器を接続。microSDカードを装着し、電源投入。
Raspbianが起動。
初期設定画面(raspi -config)が表示される。
Raspi_config_1_small_2
■2015.10.13追記
NOOBSとRaspbianの最新版が2015.9.24版に更新されました。
特にRaspbianはベースとなっているDebianがWheezyから最新のJessieにアップデートされていて、かなり大きな変更になっています。
インストール方法については、
などを参考にするとよいと思います。
 

|

« Raspberry PiをデスクトップPCにするためのTips その1 準備するもの | トップページ | Raspberry PiをデスクトップPCにするためのTips その3 Raspbianインストール後の初期設定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166327/62395864

この記事へのトラックバック一覧です: Raspberry PiをデスクトップPCにするためのTips その2:

« Raspberry PiをデスクトップPCにするためのTips その1 準備するもの | トップページ | Raspberry PiをデスクトップPCにするためのTips その3 Raspbianインストール後の初期設定 »