« Raspberry PiをデスクトップPCにするためのTips その4 Raspbian Jssieのインストール | トップページ | Raspberry PiをデスクトップPCにするためのTipsその6 継続的にRaspbianを使うために »

2015年10月31日 (土)

Raspberry PiをデスクトップPCにするためのTipsその5主なソフトウェエア

前回、新しくなったRaspbian (Jessie)のインストールを紹介しました。今後は、新バージョンをベースに記載します。

Raspbianの初期設定が終わると、次は利用するソフトウェアをインストールします。標準でインストールされているソフトは旧バージョン(Raspbian Wheezy)から変化しています。旧バージョンでの情報も踏まえながら、新バージョンで追加インストールするソフトウェアを中心に紹介します。

1. パッケージ管理ソフト Synaptic
Raspbianでソフトをインストールするには、コマン($ sudo apt-get install パッケージ名)でインストールする方法がありますが、GUIでインストール、更新、削除などの管理ができるソフトが「Synaptic」です。インストールすには端末画面から

     $ sudo apt-get update
     $ sudo apt-get install synaptic
     $ sudo password

sudo  passwordは、Syapticを起動すると管理者のパスワードの入力を求められるので、事前に設定をしておきます。任意のパスワードを設定してください。
新しいソフトをインストールするには検索ボタンで目的のソフトを検索し、インストール指定をして、適用ボタンを押します。


Synaptic
以下の記載はコマンドでのインストールを紹介していますが、synapticでインストールすることも可能です。

2. Webブラウザー Iceweasel
Raspbianに標準インストールされているWebブラザーは「Epipany」です。軽量なWebブラウザーで、既定の検索エンジンは「DuckDuckGo」です。高機能なブラウザーとしてGoogle Chrome、Filrefoxなどがありますが、Raspbianではそれらのオープンソース版としてChromium、Iceweaselがあります。ただ、Chromiumは旧バージョンのRaspbianではインストールできたのですが、新バージョンではインストールしようとするとエラーとなりインストールできなくなりました。そこで、Firefox互換のIceweaselの日本語用のパッケージ)をインストールします。

     $ sudo apt-get update
     $ sudo apt-get install iceweasel iceweasel-l10n-ja

Iceweaselの検索エンジンはGoogleです。この方が馴染んでいる、というかたは、インストールしてみても良いと思います。他のPCでFilrefoxを標準で利用されているなら、ユーザー情報を同期(「Sync」)できます。

Iceweasel

3.オフイススイート LibreOffice
オープンソースのオフィススイートであるLibreOfficeは新バージョンで標準インストールされています。旧バージョンでインストールした場合、LibreOfficeのバージョンは3.6.1.2でしたが、新バージョンでは4.3.3.2にバージョンアップされています。ただし、標準インストールされているのは英語版ですので、必要なら日本語パッケージを追加インストールしてメニュー、ヘルプ等を日本語化します。

     $ sudo apt-get update
     $ sudo apt-get install libreoffice-l10n-ja
     $ sudo  apt-get install libreoffice-help-ja

Libreoffice

4. スクリーンショットの取得  scrot
旧バージョンではインストールの必要がありましたが、新バージョンで標準インストールされました。使い方は、端末でコマンド入力して利用します。
デスクトップ全体のスクリーンショット(5秒後に取得)

     $ scrot -d 5 &

アクティブウィンドウのみのスクリーンショット

     $ scrot -d 5 -bu &


5.画像編集ソフト GIMP、mtPaint
オープンソースで高機能な画像編集ソフトとして著名なGIMPもRasbpianで利用できます。

     sudo apt-get update
     sudo apt-get install gimp

Gimp

GIMPの現時点でのバージョンは2.8です。高機能なだけに非力なRaspberry Piで本格的に利用するのはちょっと厳しいかもしれません。機能は少ないものの基本機能は備えているペイントソフトに「mtPaint」があります。

     sudo apt-get update
     sudo apt-get install mtpaint

Mtpaint

mtPaintでスクリーンショットの取得もできます。
「ファイル」→「アクション」→「Time delayed screenshot」
デフォルトでは10秒後に画面がmtPaintに取り込まれます。

6. テキストエディタ
デスクトップPCとして利用する代表的なソフトとしてテキストエディターがありますが、これは標準インストールsれているLeafPadを利用しています。

7. 源ノ角ゴシックフォント
Raspbian Jessieをインストールした時に、日本語フォントとしてtakaoをインストールしましたが、これ以外のオープンタイプのフォントとして源ノ角ゴシックフォントがあります。必須ではありませんが、インストールしておいてもよいと思います。
7.1 下記URLから「 SourceHanSansJP.zip」 をダウンロードして解凍します。
この zip ファイルは Raspberry Pi では解凍できないので PC で解凍します。

     https://github.com/adobe-fonts/source-han-sans/tree/release/SubsetOTF

7.2  解凍したフォルダー(SourceHanSansJP)を Raspberry Pi のホームディレクトリ(/home/pi)に置き、端末で以下の
コマンドを実行します。

     $ sudo mkdir /usr/share/fonts/opentype
     $ sudo cp -r /home/pi/SourceHanSansJP /usr/share/fonts/opentype

これで源ノ角ゴシックが利用できるようになります。太さ、イタリックなどの種類が選べます。

Fonts

次回に続く。
Raspberry PiをデスクトップPCにするためのTips

|

« Raspberry PiをデスクトップPCにするためのTips その4 Raspbian Jssieのインストール | トップページ | Raspberry PiをデスクトップPCにするためのTipsその6 継続的にRaspbianを使うために »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166327/62588467

この記事へのトラックバック一覧です: Raspberry PiをデスクトップPCにするためのTipsその5主なソフトウェエア:

« Raspberry PiをデスクトップPCにするためのTips その4 Raspbian Jssieのインストール | トップページ | Raspberry PiをデスクトップPCにするためのTipsその6 継続的にRaspbianを使うために »