« Google Play Musicを試す | トップページ | Raspberry PiをデスクトップPCにするためのTips その2 »

2015年9月25日 (金)

Raspberry PiをデスクトップPCにするためのTips その1 準備するもの

このところ、Raspberry Piにはまっています。と言ってもデスクトップPCとして利用するだけなんですが。そこで私の体験を踏まえ、今回から数回に分けてRaspberry PiをデスクトップPCとして利用するためのTipsを紹介します。最終的な目標はRapberry Piを使って、Office ソフト(LibreOffice)でドキュメントを作成することにあります。
第1回目は、Raspberry PiをデスクトップPCとして利用するために準備するものです。

Rpi2
●Raspberry Pi2 model B
Raspberry Piは現在、CPU、メモリーなどが異なる3機種が販売されていますが、デスクトップPCにするなら処理能力が高いものが望ましいです。

●ディスプレイ
HDMI端子があるもの。VGAの場合は、HDMI-VGA変換アダプタ―を用意します。あと、HDMIケーブル。

●microSDカード
8GB超SDHCクラス10またはUHS製品。多くのアプリをインストールしたり、SDカードをストレージとして画像データなどを多数保存する場合は、容量が大きいもの(16GB以上)を準備するとよいでしょう。

●microUSB-ACアダプター
携帯、スマートフォン充電用で可能ですが、容量は2A超のものがよいでしょう。

●キーボード、マウス
USBまたはワイヤレス接続のもの。ワイヤレスにするとケーブル類がなくなり、すっきりとします。

●LANケーブル または USB無線LANアダプター
これも無線にするとケーブルがなく、すっきりとします。ただし、インストーラーのNOOBSを利用するときには、無線LANの初期設定が完了するまではLANケーブルが必要になります。

●ケース
必須ではありませんが、長期で使うつもりなら、準備した方がよいでしょう。純正ケースもあります。密閉度が高くない方がエアフローがよくて長時間利用に適しています。

●USB電源スイッチアダプター
これも必須ではありませんが、電源のON/OFFをMicro USBコネクタの抜き差しで頻繁に行うと、破損の原因となる可能性があります。

上記で、すでにあるものは使いまわしで充分です。ちなみに、私が2015年2月に本体と周辺機器を購入したときのリストは下記です。

http://mobilenikki.cocolog-nifty.com/wzero3/2015/02/raspberry-pi-2-.html

今日はここまでです。次回は、起動ディスク(Noobs)の作成について書きます。

|

« Google Play Musicを試す | トップページ | Raspberry PiをデスクトップPCにするためのTips その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166327/62352956

この記事へのトラックバック一覧です: Raspberry PiをデスクトップPCにするためのTips その1 準備するもの:

« Google Play Musicを試す | トップページ | Raspberry PiをデスクトップPCにするためのTips その2 »