« volumioにNASがつながった! | トップページ | iTunes Matchでアルバムアートワークを追加 »

2015年5月29日 (金)

iTunesライブラリーの移行

前回、ルーターに直接つないだUSB HDDを簡易NASとして設定し、音楽ファイルを置いてどこからでも接続できるようにしましたが、音源管理をこのNASに一元化することにして、iTunesのライブラリをNASに移行することにしました。音楽サーバーをRaspberry Piに搭載したvolumioに切り替えてからは、iTunesで楽曲管理する必然性はなくなったのですが、もともとの音源はすべてiTunesフォルダー下に保存しており、新規でインポートするCD音源については今後もALAC形式で保存するつもりなので、楽曲の保存場所としては、iTunesフォルダー以下にすることとしました。これからの記載はWindowsでの作業手順です。

1.NAS側の準備
新しくiTunesの楽曲、ライブラリーをNASに置くために
・NASをネットワークドライブ(例 Z:¥¥disk1_pt1)に割り当てます(すでに割り当てている場合はこの作業は不要です)
・割り当てたドライブ内にiTunesの関連ファイルを保存するフォルダー(例:¥Music¥iTunes¥iTunes Media)を作成します

2.iTunesライブラリーの場所をローカルからNASに変更
iTunesを起動します。私はiTunesの言語設定を英語にしているので、以下のメニューは英語表記になっています。
    Edit →Preferences→Advenced→iTunes Media folder location
で現在のライブラリーの場所が表示されますので、「Change」ボタンをクリックして、NASのフォルダー(上記の例では、Z:¥Music¥iTunes¥iTunes Media)を指定します。また、フォルダー名が表示されている下の欄にある
    Keep iTunes Media folder organized
    Copy files to iTunes Media folder when adding to library
にチェックを入れます。
これでiTunesライブラリの保存場所がローカルからNASに変更されました。

Itunes1

3.ライブラリーの統合
iTunesの通常画面に戻り、メニューから
File→Organize Libraryで「Consolidate files」をチェックし、ローカルにある楽曲をNASにコピー。

Itunes2

これでPCローカルのHDDなどに保管しているiTunes関連ファイル、フォルダーがNASにコピーされます。私の場合、iTunes関連のファイルが約130GBあり、コピーが完了するまでに24時間以上かかりました。コピーが完了したら確認のためにiTunesの楽曲を適当に選択し、右クリックして
Get Info → File で最下部にある「location」がローカルではなく、NASが表示されていれば成功です。

Itunes3_2


これで、NASをライブラリーとして設定し、音楽関連ファイルの一元管理が可能になりました。以後、新しくインポートするCDの楽曲などはローカルではなく、NASに保管されます。


こう書けば簡単なようですが、実は作業途中でライブラリーが破損してしまい、修復しようとしてうまく行かず、長年かけて蓄積した楽曲ファイルが消失してしまい、一時はどうなるかと思いました。幸いにも2台のPCにiTunesをインストールし、片方をバックアップ的に使用していたので、そのおかげでなんとかライブラリーの移行が完了しました。これらは私のiTunesに関する知識の不足によるもので、なんとかなるだろうと安易に作業を開始してしまったためにどんどん深みにはまってしまいました。バックアップはやはり大切ですね。

|

« volumioにNASがつながった! | トップページ | iTunes Matchでアルバムアートワークを追加 »