« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月27日 (金)

Raspberry Piをvolumioで音楽サーバーに その1 volumioの導入

PCオーディオの世界にに少し足を踏み入れてしまったようです。ハイレゾの体感やRaspberry Pi2でメディアセンターを構築したりと、あれこれ試行錯誤しています。これで一段落かと考えていたのですが、インターネットで偶然見つけた雑誌が引き金となり、もう少し試行錯誤をすることになりました。それは、CQ出版社の「インターフェース」2014年9月号で、「本格デビュー!ハイレゾLinuxオーディオ」と銘打った特集が組まれていました。(見つけたのは最近で、CQ出版社にバックナンバーを注文して入手しました)記事は回路図が出てきたり、電子工作(はんだ付け)が必要だったりと私にとってはハードルがかなり高かったのですが、Raspberry Piの事例が数多くあり、参考になることも多かったです。そして読んでいるうちに何度も紹介されていたのが、Linuxボードを音楽サーバーにするvolumioというディストリビューションというかアプリケーションです。これを、手元にある初代Raspberry Pi model Bにインストールしたら音楽サーバーとして使えるかな、という気がしてきました。

以前、初代Raspberry PiにRaspyFiというディストリビューションをインストールして音楽が再生できるのを実験したことがあります。あれから1年半が経ち、現在はどうなっているのかとRaspyFiのホームページにアクセスし、Downloadページを開いたところ、関係ないサイトにリンクが張られていました。RaspyFiは開発を終え、volumioが後継となっているようです。今回は、初代Raspberry Piでvolumioを試してみることにしました。この初代Raspberry Piは自宅から少し離れたところにある作業場でファイルサーバーとして利用していたのですが、ちょっとしたファイルの共有などはDropboxの方が便利なのであまり使用していませんでした。そこで作業場の音楽環境をRaspberry Piで作れないかと考えたのです。インターネットでの情報では、volumioはウェブブラウザーで設定ができ、ネットワーク上にあるPCの楽曲を取り込んだり、スマートフォンをリモコンとして利用したりと、とにかく簡単という記載が多かったです。ところが、実際にやってみると思わぬところでつまづいてちょっと苦労しました。ということで、Raspberry Piにvolumioを導入する手順です。

■volumioのダウンロードとSDカードへの書き込み
volumioのホームページ(https://volumio.org/) からDOWNLOADページを開き、RASPBERRY PIを選び(volumioはRaspberry Pi以外にBeagleBone Black、CuBOx、CuBox-i、UDOO、UTILITEなどのボードにも対応しています)ダウンロード。私の場合、バージョンは1.55でした。
Volumio1.55PI.img.zipファイルがダウンロードされるのでzipファイルを展開。 Volumio1.55PI.imgファイルがあるので適当なディレクトリに置く。(Linuxを前提にしています)
ddコマンドで.imgファイルをSDカード(4GB以上が望ましい)に書き込む。

$ sudo dd if= /home/user_name/Volumio1.55PI.img of=/dev/sd○ bs=1M

ここでif=以降の記述は.imgファイルが置いてあるディレクトリを指定します。of=以降/dev/sd○の記述⁽例:/dev/sdb)はSDカードがあるデバイス名を指定します。誤ったデバイス名を指定すると深刻な事態になる可能性があるので慎重に。(dmesgコマンドを実行すると、リストの終わりの方でSDカードのあるデバイス名が確認できます)
Windowsの場合はWin32 Disk Imagerというツールを使います。

■volumioの起動
SDカードへの書き込みが完了すれば、SDカードをRaspberry Piに挿し、USB DAC、LANケーブルを接続し電源を入れます。ディスプレイ、キーボード、マウスの接続は特に必要ありません。私は、初回時に起動が成功したかどうかの確認のため、ディスプレイには接続しました。volumioの起動には1分程度かかります。少し待ちましょう。
起動後、PC、タブレットなどでウェブブラザーを立ち上げ、URL欄にvolumioもしくはvolumio.local/と入力するとvolumioが起動します。(起動が終わっていなければ何も表示されません)
私の場合、Linux(ubuntu)で実行したのですが、 ERR_NAME_NOT_RESOLVEDとなり、volumioが起動できませんでした。名前解決(DNS)がうまくいっていない、ということで、iPhoneのFingアプリで、volumioのIPアドレスを確認して、URL欄にIPアドレスを直接入力したところ、無事volumioが起動しました。後で、WindowsとiOSで試してみると、どちらもvolumio.local/をURL欄に入力することで問題なくvolumioが起動しました。

■NASのマウントにはまる
volumioが起動したので、いよいよ楽曲の再生です。私は、ネットワーク上のサーバーに置いてあるiTunesのファイルの再生をしたいと考えていました。そこで
volumioの画面右上にあるMENUボタンからLibraryを選択
NAS mountsでADD NEW MOUNTボタンを押し、楽曲ファイルのあるサーバーのディレクトリなどを指定します。
ところが、ここでハマってしまいました。散々試行錯誤したのですが、どうしてもサーバーにアクセスできません。
最初は

Last system mount error
mount.nfs: mount point /mnt/NAS/iTunes does not exist

となるのでvolumioにsshでアクセスし、mkdirでマウントポイントを作成したところ、今度は

Last system mount error
mount.nfs: Connection timed out

となります。
インターネットで調べたり、試行錯誤をしたりいろいろと手をつくしましたが結局サーバーにアクセスすることはできませんでした。簡単にできるはずなのにうまくゆかず、ちょっと悔しいです。

■USBメモリーでの再生
ネットワーク接続での楽曲再生ができなかったので、楽曲が再生できるかどうかテストするために、USBメモリに楽曲をコピーし、Raspbery Piに接続し、再起動してvolumioを立ち上げ、画面右上のMENUボタンからLibraryを選択し、画面左上のUPDATE LIBRARYボタンを押し、ライブラリーを更新します。更新が終われば画面面下左のBrowseタブを開き、USBボタンを押すとUSBメモリに保存した楽曲が表示されました。楽曲(またはアルバム)を選択し、右側にあるボタンでAdd,replace and playなどで楽曲をプレイリストに送ると再生を開始します。ようやく音が出ました!
Volumio_browse_5 ブラウザーで起動したvolumioのbrowse画面。再生するアルバムや楽曲を選択します。

Volumio_playback_2 volumioのplayback画面。再生中の楽曲情報が表示されます。

Volumio_playlist volumioのplaylist画面。browse画面で選択した楽曲が表示されます。

(次回に続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月20日 (金)

Raspberry Pi2をメディアセンターに

2月10日に注文したRaspberry Pi2が在庫切れでなかなか届かなかったのですが、3月初めにようやく入手できました。AC電源やマイクロSDカードなどの周辺パーツは揃えていたので、早速セッティングをしました。
揃えていたパーツはこちら(Raspberry Pi2 モデルBで遊ぼう)

■NOOBSのインストール
事前準備で済ませていましたが、Raspberry Pi用のインストーラNOOBSを
マイクロSDカードにコピーしておきます。
Raspberry Piのホームページのダウンロードページ(http://www.raspberrypi.org/downloads/)からNOOBSの最新版をダウンロードします。私の場合、ver1.3.13のzipファイルをダウンロードしました。zipファイルを展開して、内容をすべてマイクロSDカードにコピーしました。マイクロSDカードは4GB以上のものがよいと思います。私は、推奨ディストリビューションのRaspbianとメディアセンターのディストリビューションRaspbmcを利用したかったので、マイクロSDカード2枚にコピーしました。

■Raspbianのでの動作確認
推奨ディストリビューションのRaspbianをNOOBSからインストールし、Raspbianの起動、ネットワーク接続、WiFiアダプタの動作確認、日本語設定などを行いました。Raspberry Pi2が問題なく動作することを確認し、シャットダウンしました。(インストール手順、設定の詳細は割愛します)

■メディアセンターのインストール
今回の目的はRaspberry Pi2にメディアセンターのディストリビューションをインストールし、別室に設置しているサーバーの音楽と画像をリビングのテレビで視聴することです。主の目的は音楽の再生です。メディアセンターのインストールと設定のために、Raspberry Pi2にディスプレイ、キーボート、マウスを接続しておきます。
NOOBSをコピーしたマイクロSDカードを挿し、メディアセンターのRaspbmcをインストールします。このように、SDカードを差し替えることにより簡単にOSを入れ替えることができるというのも便利な点です。電源を投入し、NOOBSが起動したら、Raspbmcを選択し、インストールボタンを押します。インストールが完了するとOKボタンを押せばRaspbmcが立ち上がるはずです、、、が、立ち上がりません。何度かインストールをやり直してもダメで、NOOBSではなく、Raspbmcのサイトからダウンロードしてテストしてもダメです。ということで、「Raspberry Pi2 Raspbmc 起動しない」と検索したら、出てきました。どうやらRaspberry Pi2ではRaspbmcは起動しないようです。試しに手元にある初代Raspberry Pi model B にRaspbmcのSDカードを挿すとちゃんと起動しました。

ではどうするかですが、ネットの情報では、Raspbmcの開発は既に終了していて、後継のOSMCというディストリビューションに引き継がれているようです。しかし、OSMCはまだalphaバージョンで、日本語にも対応していないとのことで若干不安です。そこで、NOOBSにある、もう一つのメディアセンターであるOpen ELECをインストールすることにしました。NOOBSにはOpen ELECとして2つのバージョンが準備されていましたが、私はこの中からOpenELEC_Pi2(Raspberry Pi2だから多分Pi2だろうという安易な発想です)を選択してインストールしました。インストールが完了すると今度は無事Open ELECが起動しました。Open ELECに関する情報はあまりありませんが、RaspbmcもOpen ELECも、もともとKODI(別名XBMC)というディストリビューションから派生したもので、設定などはRaspbmcとほぼ同じ画面構成になっているようです。ということで豊富にあるRaspbmcの情報が役立ちました。Open ELECが起動したら下記に示すいくつかの設定を行います。

■Open ELECの日本語化
  1. メニューバーのSYSTEM - Settingでシステム設定画面を開く。
  2. Appearanceを選択し、Fontsの三角ボタンを押して、Arial basedに変更。
  3. 左側のメニューからInternationalを選ぶ
  4. LanguageでEnglishをJapaneseに変更
これでメニューが日本語で表示されます。

追記:導入後、画面のスキンを変更したところ、選択したスキンは日本語に対応しておらず、初期設定に戻してもメニュー上で日本語も英語も何も表示されなくなり、再インストールをすることになりました。

■無線LANに接続
Raspberry Piは無線LANの機能を有していないので、無線LANを利用するためには、無線LANアダプターを使用します。Raspberry Pi2はUSBポートが4個あるので便利です。無線LANアダプターを接続後再起動し、

  1. メインメニュー - プログラム にカーソルを合わせると、 Setting というアイコンが出てくるので、これをクリック。
  2. Network Mode の矢印をクリックして、 Wireless (WIFI) Networkに変更
  3. SSIDやパスワードを設定する欄が出るので、自分の環境に合わせて入力
  • SSID:SSIDを入力
  • Security: WPA2
  • WPA2 Key: ****
設定が完了して接続が確認できればLANケーブルは外してもOKです。
私の場合、無線LANで再起動したとき、起動画面のまま固まってしまうことがありました。何度か再起動すると起動しました。

■楽曲の追加
LANに接続したサーバー(Linux)上にiTunesのフォルダーを置いているので、Open ELECからサーバーにアクセスするようにしました。
メインメニューから音楽→ファイル→ミュージックを追加
ミュージックソースを追加画面で参照ボタンを押す
ネットワーク上の場所を追加...を選択
ネットワーク上のディレクトリーを指定する画面になるので、下記内容で設定

  • プロトコル:セキュアシェル(SSH/SFTP) → これはLinuxの例です 
  • サーバーのアドレス:192.168.xx.xx
  • リモートパス:アルバムのフォルダーを設置してあるディレクトリを指定
  • ポート:22
  • ユーザー名:サーバーのユーザー名
  • パスワード:サーバーのパスワード
これで接続できました。
これで楽曲もしくはアルバムのフォルダーを選択するとメニューに追加され、それをクリックすると楽曲が再生されます。

■リモコンでの操作
インターネットの情報によると、Open ELECというかRaspbmcはテレビのリモコンで操作可能となっていましたが、私のテレビ(三菱電機Real)ではリモコンは使用できませんでした。そのかわり、iPhoneにxbmcRemoteというアプリをインストールするとiPhoneで操作できます。また、Air Playにも対応しているので、iPhone上の音楽を再生することも可能ですが、私の場合、無線LAN環境が良くないのか、ブツブツと途切れがちになり、Air Playは実用レベルではありませんでした。

Open ELECを使ってみて、動きが少しもっさりしているな、という印象です。iTunesのアルバムを選択すると、いったんデータをスキャンするようで、再生するまでに少し時間がかかります。このあたりは、無線LANの環境によるところもあると思います。ただ、これまでリビングで音楽を聴こうとすると、iPodを用意してテレビに接続して再生していたのですが、アルバムを変更するたびにテレビのそばに行き、iPodを操作していたのが、Raspberry  Pi2+Open ELECにしてからはその手間も省けて、しかも楽曲情報もテレビに表示され、快適なリスニング環境ができました。Raspberry Piは小さく省電力なのでテレビの後ろに隠して電源はつなぎっぱなしでいつでも音楽が聴ける状態で利用しています。
Raspberry_pi2 Open_elec 画面左下にあるのがRaspberry Pi2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月14日 (土)

ハイレゾに挑戦 その2 ハイレゾを体感

前回、USB DAC RAL-24192HA1を購入して、デスクトップPCに接続すると問題はないが、ノートPCに接続して、24bit/192kHzに設定するとドライバーが削除されるというところまで書きましたが、デスクトップPCのOSはWindows 7(とubuntu)でノートPCのOSはWindows 8.1だったので、これはてっきりOSの対応の問題と思いました。色々試してみても解消せず、メーカー(Ratoc)のサポートに電話で問い合わせました。状況を説明すると、同様の症状があることをメーカーでも認識していますとのことで、症状がでる状況として
  • CPUがIntel の7シリーズ以降のチップを使用していて
  • USB 3.0のポートを使用した場合
に再生できない。Windowsのバージョンには依存しない、とのことです。私のPC は上記のケースに当てはまってしまったようです。サポートの人にUSB 2.0のポートで試してもらえませんか、と言われたのですが、私のノートPC(Panasonic CF-MX3)はあいにくUSB2.0のポートはありません。他に対応はありませんか、と尋ねたところ、デバイスのバイパスということを言われ、具体的には、WASAPI排他モードにすることにより、Windowsのサウンド制御を介さず、直接出力するので回避できる、と言われました。WASAPI排他モードに対応したソフトとしては、foobar2000、x-アプリなどがあると説明されました。更に、ノートPC の場合、電源オプションを「高パフォーマンス」設定すると回避するという事例もあると言われました。ということで、foobar2000をインストールし、foobar2000のホームページからWASAPI output supportというWASAPI のプラグインをインストールして電源オプションを「高パフォーマンス」に設定してテストをしてみました。ところが、結果はNGで24bit/192kHzで試すとブチッと音がしてそのまま切れてしまいます。24bit/96kHzにすると問題は出ません。ということで、現時点ではノートPCでは24bit/192kHzの音源は再生できていません。ハイレゾの音源はノートPCで管理しようと考えていたのですが、いかんとも仕方がありません。
気をとりなおして今度はハイレゾ音源の入手です。私はSONYのmoraで入手することにしました。まずはハイレゾを試してみる、ということで、24bit/192kHzの音源で、CD版を持っていて、比較的聴き慣れている楽曲ということで、EAGLESのHotel Californiaのアルバムを購入することにしました。最初は1曲だけでいいかと考えていましたが、Hotel Californiaはアルバムのみの販売となっていて、アルバム全体を購入しました。楽曲のダウンロードは、SONY のMedia GOというアプリで行いました。このMedia GOというアプリ、インストールするとPCのハードディスクをスキャンして楽曲データ(私の場合はiTunes の楽曲)を取り込み、インターネットの楽曲D/Bにアクセスし、アルバムアートワークをダウンロードするということで、すべてが完了するまでおよそ12時間を要しました。そしていよいよハイレゾでの再生です。再生してみるとギター、ベース、ドラムスと言った各楽器の音がそれぞれクリアーで前に出てきているように感じました。うーん、なかなかよい感じ。また、CDをリッピングした曲でもUSB DACを通すと、以前より音が明瞭になった気がします。
ということで、現在はfoobar2000でWASAPI排他モードにして聴いています。foobar2000はシンプルで使いやすいプレイヤーと思います。今までは、iTunesを利用していましたが、foobar2000に乗り換えようと思っています。foobar2000の使い方やWASAPIのプラグインのインストール方法などは、
を参考にさせてもらいました。カスタマイズの方法などがわかりやすく記載されています。
ただ、foobar2000では、アルバムアートワークは自動で取得できず、アルバムの画像データを準備してアルバムごとに貼り付けてやる必要があります。私の場合、アルバムが800枚ほどありますので全部やるのは骨です。アルバムアートワークは必須ではないもののあればより親しみが湧きやすいものです。少しづつアートワークを増やしていく予定です。
20150308_212040
予定通りでないところもありましたがハイレゾ音源を再生することができました。良い音の追求というのはオーディオマニアに取って永遠の課題と思いますが、ハイレゾは比較的簡単に良い音を提供してくれるのではないかと思います。私はオーディオマニアというほどではありませんが、良い音で聴けるというのはなかなか良いものだと感じました。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2015年3月 7日 (土)

ハイレゾに挑戦その1 USB DAC選びでハマる

音楽好きの私ですが、常々2つの思いを持っています。一つは、好きな音楽を良い音で聴きたい、ということと、もう一つはいつでもどこでも好きな音楽を聴きたい、ということです。ただ、良い音を再生するために、とことん時間とお金をかける、というところまでには至っていません。そんな中で、最近話題になっているハイレゾ音源については関心がありました。CDを超える音質が比較的簡単に聴くことができる、と言うのは悪魔のささやきにも聞こえます。従来はCDをApple LosslessでiTunesにインポートして聴いていたのですが、CDを超える音質とはどのようなものだろう、と興味がわきます。ただ、私の場合、既に8,000曲を超えるCDをリッピングした音源があり、これを簡単にハイレゾ音源に切り替えることは難しく、今までハイレゾを試してみることを躊躇していたのですが、とにかくやってみないことにはわからない、ということで試してみることにしました。私の環境はPCに保存した音源をアンプ付きのスピーカーで聴くというスタイルです。ハイレゾの音源を試すには、これにUSB DACが必要になります。実は私はONKYOのSE-U33GXというUSB デジタルオーディオプロセッサーと呼ばれるDACを既に所有しています。これは、24bit/96kHzまで対応していますが、いかんせんハイレゾとかDACとかという言葉が市民権を得るはるか前の製品で、Windowsでは2000からVistaまでしか対応していません。これを接続するとプチプチとノイズが入ることがあり、使用をやめていました。
ということで今回ハイレゾに挑戦するにあたり、USB DACを新しく購入することにしました。せっかく購入するだから24bit/128kHz対応の製品を探しました。USB DACで検索すると本当に多くの製品があることに驚かされました。むき出しの基板のものから、プリメインアンプまで兼ね備えたものまで、価格も数千円から十万円台までさまざまです。この中から2つの製品になんとか絞りこみました。一つは最近発売され、とても人気で品薄が続いているDENON PMA-50。もう一つはラトックシステムというメーカが出しているRAL-24192HA1です。価格はDENON PMA-50が6万円程度、RAL-24192HA1が3万円程度です。かなり迷いました。どうせ買うなら人気の商品をと思ったのですが、PMA-50は結構大きくて私のデスクトップに設置するにはかなり窮屈です。それと、普段使いのPCがLinux(ubuntu 14.04LTS)なので、Linuxに対応しているかどうかも重要なポイントとなります。RAL-24192HA1はLinuxで問題なく認識する、との書き込みを見つけたのですが、PMA-50は対応する可能性は高そうですが、確認は取れませんでした。DENONのサポートにも問い合わせましたが、動作保証外と言われました。ということで、スペースの問題と、Linux対応の面からRAL-24192HA1にしました。ヨドバシカメラで購入し、自宅に戻り早速PCに接続しました。まずは普段使いのubuntu 14.04に接続しました。設定画面からサウンドの設定を見るとなんのあっさりとRAL-24192HA1を認識しています。CDをリッピングした音楽を聴いてみると、DACを接続しない時と比較すると音が前面に出て、分離がよくなったような気がしますが、劇的に変わる、と言った感じではありません。今度は、Windows 7 に接続して、コントロールパネルのサウンドの設定を見るとちゃんとRAL-24192HA1を認識しています。音楽も問題ありません。音質は、気のせいかubuntuよりもクリアになったようにも思えますがそんなに差はないと思います。ただ、DACをつける前と比較すると音は良くなったように思います。ついでに、もう1台、Windows8.1を搭載したノートPCがあるので、それに接続をして見ました。今後、ハイレゾの音源を入手したらこのノートPCで管理しようかと考えています。こちらもコントロールパネルのサウンドの項目はちゃんとRAL-24192HA1を認識しています。で、音楽を再生するとブチッと音がして音が切れてしまいます。??となり、コントロールパネルのサウンドをみると、先ほどあったRAL-24192HA1がありません。どうしたのかな、とおもいつつ一度USBケーブルを抜き差しすると再度ドライバーがインストールされ、RAL-24192HA1が認識されるのですが、デバイスの詳細のタブでテストを押すと「構成中のデバイスは削除されています」となり、RAL-24192HA1が消えてしまいます。メーカーのホームページでRAL-24192HA1のWindows 8.1対応を確認するとちゃんと動作すると記載されていました。うーむ、わからん。(続きます)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »