« ubuntu server 14.04へのアップグレード | トップページ | ChromeがあればOSは関係ない »

2015年1月31日 (土)

Window10が無償で提供される

1月21日にMicrosoftが時期Windows10について、Windows7、Widows8.1からのアップグレードについて、リリース後1年間は無償で提供すると発表しました。あのMicrosoftが条件付きとは言え、基幹ソフトのWindowsを無償にするというのはちょっと驚きでした(Windows95の発売から20年経っているのですね) PCのOSとして圧倒的なシェアを誇るWindowsですが、最近ではPC自体がスマートフォンやタブレットに押され、販売数を減らしています。また、そのスマートフォンやタブレットのOSとして、androidやiOSは無償で提供されている、という動きがあります。そうした時代の流れとしてのWindows10の無償化というのも納得できるものがあります。ただ、アップグレードというOSの置き換えになるため、無償化によりPCの販売台数が劇的に増加するとは考えにくいです。Microsoftとしては、Windows10の普及を促進し、ドル箱のOfficeの販売増に繋げたいのではと思います。
1ユーザーの視点で考えると無償化は歓迎したいと思います。Windows7も対象になるというので、そろそろ次をどうしようかと考えていたPCがWindows10へのアップグレードにより、ピカピカの最新OSに置き換えられる可能性が出てきたわけです。我が家にもWindowsマシンが3台(Windows7 2台、Widows8.1 1台)ありますが、Windows10へのアップグレードを考えたいと思います。これにより、常に最新の状態が維持できそうです。ただ、ひとつ気になるのは、メインで使っているPC(Windows7)ですが、ubuntu14.04とデュアルブートしていて、Windows8以降のセキュアブートの関係でアップグレードできない可能性があります。もう少し情報を集めたいと思っています。もし、Windows10へのアップグレードが問題なく行えるようなら、Windws7での気の遠くなるような起動の遅さが解消されて、Windowsを利用する機会も増えるかもしれません。あと、無償というのが最初の1年だけで2年目以降はライセンス料がかかる、なんてことはないよね。

|

« ubuntu server 14.04へのアップグレード | トップページ | ChromeがあればOSは関係ない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166327/61062177

この記事へのトラックバック一覧です: Window10が無償で提供される:

« ubuntu server 14.04へのアップグレード | トップページ | ChromeがあればOSは関係ない »