« iPhone6の登場と共に静かに市場から姿を消したiPod Classic | トップページ | プリンターで悩む »

2014年10月11日 (土)

クラウドストレージいろいろ

クラウド上においたファイルサーバーを個人のローカルのディスク感覚で使えるクラウドストレージですが、現在では多くの種類のサービスが提供されています。私は、もっぱらDropbox(無償版)とGoogleドライブを利用しています。Dropboxの便利さは、使っている人も多いと思いますので、詳しくは記しませんが、私の使用しているすべてのデバイスというかOS(ubuntu、Windows、iOS)に対応していて、インストールも簡単ということで,いつでもどこからでも必要なファイルに簡単にアクセスでき、実に重宝しています。Dropboxの無償版の容量は2GBと最近の他のクラウドストレージに比較すると少なめです。私は、友達を紹介したりして、現在、4.5GBの容量で利用しています。現在のストレージの利用率は50%程度です。これ以上、利用量が増えると、中のファイルをて整理して、4.5GBの中に収まるようにしたいと思っています。ところで、少し前の話になりますが、Dropboxの有償版の容量が価格据え置きでいきなり10倍になり、月額1,200円(年額12,000)円で、1TBまで使えるようになったそうです。1TBというと現在の私にしてみれば無限の容量と思えるほどの大きさです。しかし、これだけの容量が使えるということは、同時に、手元のデバイスのストレージも同じだけの容量が必要になるのではと思うのですが、例えば私のiPad miniは32GBの容量しかありません。1TBまで増えたらどのように管理をすればよいのか、理解できていません。ということで、1TBの容量というのはすごく魅力的なんですが、有償版に切り替えるのはちょっとためらっています。

もうひとつのクラウドサービスのGoogle ドライブも日常的に使っています。こちらは15GBまで無償で使えます。DropboxとGoogle ドライブの使い分けですが、画像データはDropBoxに入れるようにしている程度でそれ以外はあまり厳密に使い分けをしていません。Google ドライブで利用できる表計算ソフトなどのGoogle Documentはそれはそれで独立した形で利用できるので、Google ドライブ内で閉じた使い方をする場合はGoogle Document を利用しています。

この2つのクラウドストレージを利用して、日常のドキュメントを管理していて、最近では、ローカルに保存するデータはほとんどありません。そんな時に、日経Linux11月号を読んでいたら、新たなクラウドストレージサービスである「MEGAsync」というのが紹介されていました。これは、Windows、Mac OS、iOS、Andoroid、Linuxに対応していていて、ubuntu でも利用できます。このサービスの特徴は無償で50GBの容量を提供していることです。どんなOSにも対応していて、しかも50GBまで利用できる、というのは魅力的です。試しに、アカウントを作成し、ubuntuとWindows7のマシンにインストールしてみましたが、ubuntu版はインストール時、コマンドラインからコマンドを叩く必要があるのはひと手間かかりますが、あとは、Dropboxと同じ感覚で使えそうです。あれやこれやとクラウドストレージの種類を増やすのも考えものですが、将来Dropboxの容量が満杯になるようなことがあれば、次の選択肢として良いと思います。

【参考】
MEGAsync for Linux のダウンロードページ
    https://mega.co.nz/#sync!linux

ubuntu14.04でのMEGAsyncのインストール
    $ sudo apt-get install libc-ares2 libcrypto++9
    $ sudo dpkg -i megasync-xUbuntu_14.04_amd64.deb

|

« iPhone6の登場と共に静かに市場から姿を消したiPod Classic | トップページ | プリンターで悩む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166327/60458271

この記事へのトラックバック一覧です: クラウドストレージいろいろ:

« iPhone6の登場と共に静かに市場から姿を消したiPod Classic | トップページ | プリンターで悩む »