« プリンターで悩む | トップページ | 写真をプリントすることの奥深さ »

2014年10月25日 (土)

ハイレゾを試してみる?

好きな音楽を良い音で聴きたいという願望は常に持っています。ただ、根がずぼらなので、良い音を追求するために徹底的に何か(例えばスピーカーケーブル)にこだわるとか、良い音のためなら惜しみなくお金をつぎ込む、というところまでには至っていません。基本的に楽曲はiTunesで管理していて、コーディックはApple Lossless Audio Codec(ALAC)を利用しています。そんな中、このところ急速に「ハイレゾ」という言葉が浸透してきて、私もどんなものなのかと興味をを覚えました。

そもそもハイレゾってなに?という素朴な疑問から始まりました。ネットで検索するとハイレゾ音源や機器を提供しているサイトで、ハイレゾとは、というところから始まる解説がたくさん目に入ります。受け売りの知識ですが、ハイレゾ(High Resolution)音源というのは、「高い解像度を持つ音源」のことで、通常CDは44.1kHz/16bitで記録されているのが、ハイレゾの場合、その約3倍の情報量を持つ96kHz/24bitや6.5倍の192kHz/24bitで記録された音源を指します。これにより、微妙な空気感とも言える音を拾い、より原音に近い音質が再現できるというものです。ちなみにスタジオ録音の段階では、すでに24bitの録音が一般的であり、ハイレゾそのものは最近の技術ではないようです。そのため、ハイレゾと謳っているアルバムでもかなり年代の古い録音も存在しています。

ハイレゾを聴くために必要なものは、

  • ハイレゾ音源
  • PC(ネット上で配信されたハイレゾ音源をダウンロードする)
  • ハイレゾ再生ソフト
  • ハイレゾ対応オーディオ機器(ネットワークプレイヤー、ポータブルプレイヤー、アンプ、スピーカーなど)

です。手軽に聴こうと思えば、ポータブルプレイヤー(SONY WALKMAN A10シリーズなど)にハイレゾ対応のヘッドフォンがあれば、PCにダウンロードしたハイレゾ音源を転送して聴くことができます。

しかしです、その一番手軽な方法を試してみるにも、ポータブルプレイヤー、ヘッドフォンなどそれなりに物入りになります。そして、あちこちチェックしたのですが、ハイレゾ音源というのは、CDと比較して単価が高い(1曲500円程度)というのも気になります。で、どうする?試してみたい気持ちは山々ですが、今あるiTunesの楽曲(約8000曲)とどう折り合いをつけるのかという問題が出てきます。自宅にいるときには、iTunesの楽曲をスピーカーから流し、外出時には、iPod ClassicまたはiPhoneで聴くというライフスタイルといえるまで慣れ親しんだ音楽環境をガラリと変えるのは簡単ではありません。何より現時点では、ハイレゾ音源は、コンテンツが少なすぎます。それに、ハイレゾのために、すでに持っているアルバムを買い直すのか、という問題にもぶち当たります。ということで、ハイレゾは試してみたいが私にとっては、結構ハードルが高いなあというのが正直なところです。でもそんなことを言っていたらいつまで経ってもハイレゾの音源を体験することはできません。ここは、一つ人柱になるつもりで、必要な機材を揃えようかな、とも思っている今日この頃です。うん、これってメーカーと音楽配信サイトの思うツボ?

|

« プリンターで悩む | トップページ | 写真をプリントすることの奥深さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166327/60541855

この記事へのトラックバック一覧です: ハイレゾを試してみる?:

« プリンターで悩む | トップページ | 写真をプリントすることの奥深さ »