« 第7回関西LibreOffice勉強会 | トップページ | iPhone6の登場と共に静かに市場から姿を消したiPod Classic »

2014年9月27日 (土)

WiFi中継器を設置してみました

以前、エレコムから無線LAN中継器「WTC-733HWH」「WTC-300HWH」が発売されるので、試してみようと記事に書きました。発売予定は9月中旬でしたので、そろそろ価格も調べるか、と見ていたら、BUFFALOからもWiFi中継器「WEX-733F」が発売されることがわかりました。どちらにしようかな、と思案しましたが、エレコムは接続できる端末が2台までで、BUFFALOは2台以上可能なことと、親機となる無線LANルーターがBUFFALO製なので、同じメーカーのほうが相性も良いだろうと急遽BUFFALO製に乗り換えることにしました。AmazonでBUFFALO製の方が価格が少し安かった(5,439円、エレコム製6,240円)のも購入の決め手の材料になりました。スペック的には細かくは見ていませんが、あまり違いがないようにみえました。

製品が到着し、開梱すると、手のひらぐらいの大きさの中継器で、壁に直付けできるようになっています。設定は簡単で、製品底面のAUTO/5 GHzスイッチが「AUTO」になっていることを確認したら、親機(ルーター)近くのコンセントに差し込み電源スイッチを入れます。約1分後に本体のWPSボタンを約2秒間押し、次に親機のAOSS/WPSボタンを押してWPS接続を開始します。親機と本体の接続設定に約4分かかるので、4分後WPSランプが点灯していることを確認します。これで、初期設定は完了です。

その後実際の設置場所のコンセントに接続し、電源スイッチを投入し、ランプの状態で、電波状況を確認します。私の場合、親機から直線距離で5mぐらいのところに中継器を設置したところ、電波状態は良好のランプ表示となりました。

Wifi

で、以前から懸案だったリビングの電波状態は中継器の設置により改善されたのでしょうか。リビングは、中継器から更に2,3m先にあり、ドアがあります。早速リビングにPCを持ち込み電波の状態を調べると、「非常に強い」と表示されました。スマートフォンで確認すると以前は、WiFiマークがついたり消えたりしていた表示もしっかりWiFiマークが出ています。定量的な確認方法がわからず、とてもいい加減ですが、確かに改善されたようです。

そこで、今まで有線LANケーブルを使うたびにだらだらと這わせていた、超小型PCのECS 「LIVA」をリビングに持ち込み、TVに画像を表示して、YouTubeや、ファイルサーバーに置いている音楽ライブラリにアクセスしても問題はないようです。ただ、1.2度音楽が途中で途切れることがありましたが、まあ許容範囲です。

というわけで長い時間がかかりましたが、我が家のリビング快適化も、「LIVA」と中継器のおかげでなんとかサマになってきました。

|

« 第7回関西LibreOffice勉強会 | トップページ | iPhone6の登場と共に静かに市場から姿を消したiPod Classic »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166327/60381660

この記事へのトラックバック一覧です: WiFi中継器を設置してみました:

« 第7回関西LibreOffice勉強会 | トップページ | iPhone6の登場と共に静かに市場から姿を消したiPod Classic »