« Embedded Technology West 2014 | トップページ | データで見る中国のインターネット事情 »

2014年8月 9日 (土)

iTunes Matchその後

先日導入したiTunes Matchですが、今の所、システム的には何の問題もありません。手持ちのiPhone4sから、iTunesライブラリの全曲(約8,300曲)にアクセスできるようになっています。これでいつでもどこでも、自分のライブラリーの曲をすべて聴けるようになったわけですが、ただ、残念なのは、我が家のリビングでのWiFi環境が快適ではなく、たまに電波が途切れたりします。WiFi電波の強力な部屋には有線で接続されたデスクトップPCがあり、音楽はもっぱらそちら(iTunesライブラリに接続したubuntuのRhythmboxプレーヤー)で聴いています。この方法の唯一の欠点は、暑くなると、時々PCの冷却ファンが高速モードに切り替わり、そのときのファンの音が半端ではなく、音楽どころでなくなってしまう点です。でも、その確率は、Windowsを起動しているときと較べると、ubuntuの場合、ほとんどありません。ということで、WiFiの強力な場所では、すでにリスニング環境は整っていて、一方で、快適に聴きたいリビングでは、WiFiの電波の弱さのせいで、iTunes Matchも支障が出ることがあります。あまりしょっちゅう切れるとストレスなので、結局、ライブラリ全部を収録しているiPod ClassicをTVに接続をして、そこで音楽を聴く、というようなことをしています。

外出時は、WiMaxルーターがあるので、それのお世話になります。ただ、移動中は電波がどうしても不安定になります。解説記事などを読むとWiFiがつながらない時は3Gに切り替わってストリーミングする、とありましたが、私のiPhoneの場合、WiMaxが途切れると、事前にiPhoneにダウンロードした曲に切り替わります。そして、ダウンロードした曲を再生するのですが、アルバムごと再生するのではなく曲ごとにシャッフルしてくれます。これはこれで、ちょっとスリリングでいいのですが、本来の聞きたかった曲はダウンロードしなければ聞けない、という状態になります。ということで、正直な所、iTunesMatchを使い倒すほど利用していないのが実情ですが、解約するつもりもありません。いつか、リビングで快適なWiFi環境を構築できたらそこで思い切り利用したいと考えています。

|

« Embedded Technology West 2014 | トップページ | データで見る中国のインターネット事情 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166327/60121008

この記事へのトラックバック一覧です: iTunes Matchその後:

« Embedded Technology West 2014 | トップページ | データで見る中国のインターネット事情 »