« 目からウロコのOSSにおける「貢献の競争」の原理 | トップページ | Embedded Technology West 2014 »

2014年7月26日 (土)

MOOCについてMOOCで学ぶ

以前、gaccoというMOOC(大規模公開オンライン講座)を紹介しました。私が最初に受講したのは、慶応義塾大学の村井純教授の「インターネット」でした。こちらは、4週間の講座と小テストを終え、無事修了書をいただくことができました。そして現在受講しているのは、北海道大学准教授の重田 勝介先生の「オープンエデュケーションと未来の学び」です。これは、オープンエデュケーション、MOOCに関する講座です。つまり、MOOCとは何かを、MOOCを使って学習するというものです。

私は、かねてから、一般の教育(義務教育、高等学校、大学など)にとらわれない、様々な形で参加できる教育の場について関心がありました。そこで、gaccoというオープンな教育環境を知り、早速登録をして、受講(無料)してみました。最初の「インターネット」では、その道の第一人者である村井教授のビデオ(YouTube)講義が受講できるということだけで、ちょっと感動しましたが、今回、そのようなオープンな環境での教育( オープンエデュケーション)の概要と特徴、課題を学習することにより、より深くオープンエデュケーションについて、理解が得られました。

世界に目を向けるとこのようなオープンな学習の場の提供というのは、欧米、特に米国で進んでいるようです。TOPレベルにある大学も無償の講座を開講して、誰でも自由に受講することができます。大学のみならず、企業や、場合によっては、個人が開講している場合もあるようです。また、APPLEの「iTunes U」やGoogleの「You Tube EDU」といった講座もあります。しかし、無償でこのような教材や講義を公開して、それを維持、運営するとなるとそれに要するコストも発生します。高い理念だけでは、永続的に運営するのは難しいと思います。これらの講座は大学や財団が資金を提供して成り立っていますが、それに対して、これらの講座を通じて、優秀な学生を発掘し、奨学金を出して学生を獲得したり、また、企業に対して優秀な学生を紹介する、というビジネスモデルもあるようです。また、講義を受講し、所定の条件をクリアすると認定書を発行することも行われていますが、認定書の発行を有償にして、収益を上げているMOOCもあります。このように、無償で講座を提供するだけではうまく成り立たないところをビジネスモデルとして仕組みを作ることにより永続性をもたせる検討も行われているようです。ただ、まだ確立されたビジネスモデルというものはないようですのでこれからも色々と試行錯誤が行われると思います。このような活動を通じて、今まで何らかの理由で教育を受ける機会のなかった人たちがインターネットを通じて世界のどこからでも無料で学習できるようになるというのはすごいことだと思います。日本でも、いくつかの大学がオープンエデュケーションに参加したということも聞きます。日本からもどんどん講座を増やしてほしいと思います。gaccoもMOOCの新しい一員として、講座と学生数を増やし、様々な学習の機会を増やしていただきたいと思います。そういう意味でgaccoを応援しています。それと、もっと英語力があれば、海外の著名な先生の講義が聞けるのに、と思うと自分の英語力のなさが情けなくなります。

|

« 目からウロコのOSSにおける「貢献の競争」の原理 | トップページ | Embedded Technology West 2014 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166327/60046427

この記事へのトラックバック一覧です: MOOCについてMOOCで学ぶ:

« 目からウロコのOSSにおける「貢献の競争」の原理 | トップページ | Embedded Technology West 2014 »