« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月22日 (土)

iPhoneでボイスレコーダー

ある用件でボイスレコーダーが必要となりました。30分ほどの会話を録音し、テキストに落としこむものです。ICレコーダーが必要になるなあと、amazonで色々と物色してみました。価格も3000円台から1万円程度まで様々な機種があります。ボイスレコーダーは今まで使ったことがないので、何が決め手になるのかよくわかりません。それに、この用件は、うまくゆくと今後何度も使用する機会がありますが、下手をすると1回だけの使用で終わってしまう可能性があります。1度だけの使用なら、今後、別の目的でボイスレコーダーを使う機会はほとんどないと思いますので、そのために買うのはちょっともったいないです。

そこで思いついたのは、iPhoneのアプリを利用することです。とりあえず初回はiPhoneを利用し、今後も継続的に使うことになるのであれば、ICレコーダーの購入を考えることにしました。App Storeで検索するとボイスレコーダーのアプリも結構あります。どれが良いのか判断が難しいのですが、Googleでサイト検索などして、「Recordium」と言うアプリと「Quick Voice」という2つのアプリのフリー版をインストールしてみました。比較してみると機能はRecordiumの方が少し豊富なようです。Quick Voiceは画面と操作がとてもシンプルです。とりあえず失敗は許されないので、確実に操作ができることを念頭にQuick Voice Proを購入(300円)しました。後で知ったのですが、スマートフォンのボイスレコーダーのアプリはPCに簡単に転送できるかどうか、というのが一つのポイントとなるようです。Quick VoiceはMacには転送できるようですが、その他のPCに転送できるかどうかはよくわかりません。でも、原稿起こしはiPhoneで行う、ということに割り切れば、音質も問題なく、実用に堪えられそうです。あと、録音中に電話がかかってくると録音が中止されてしまう、ということがテストをしてみてわかりました。これは、iPhoneを機内モードにすると回避できます。ということで、機内モードにすることを忘れず、録音ボタンを押して、後は会話に集中できるようにしたいと思います。無事に録音ができて、引き続きボイスレコーダーの用件が入ってくることを願っています。

Img_0578 Img_0579
「Recordium」(フリー版)の画面。色々と機能がついています。

Img_0576_2 Img_0577
「Quick Voice Pro」の画面。至ってシンプルです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月15日 (土)

消えたDropboxフォルダーと復活

クラウドストレージはDropboxを利用しています。無料で使える容量は2GBと他のサービスと比べると少ないですが、使い勝手の良さから愛用しています。知り合いを紹介したりして少しづつ容量を増やし、現在では、4.25GBまで利用できるようになっています。私のようにubuntuを主に利用していて、たまにWindowsを使ったりとか、PCやタブレット、スマートフォンなど、利用機器の多い人間にとっては、インターネット環境さえあればいつでもどこからでもアクセスできるサービスは本当に便利です。Dropboxのないデジタルライフはちょっと考えられません。

ところが、最近、Dropboxのファイルがフォルダーごと消失してしまう、という事件が発生しました。Photosという親フォルダーの中にお気に入りの写真を保存して、ちょくちょくタブレットやスマートフォンで眺めては悦に入っていました。それが、ある日、Photosフォルダーにアクセスしようとすると、フォルダーがありません。その時は、珍しくWindowsを立ち上げていて、「あれっ、同期がおかしいのかなあ」と思い、常用のubuntuを起動してみても、やはり見当たりません。firefoxでwebサイトからログインしても見当たりません。おかしいなあ、消しちゃったのかなあ、と記憶をたどってみても、最近、アクセスした記憶があり、間違えてフォルダーごと削除することはないと思います。お気に入りの写真のコピーなので、オリジナルは手元のHDDにあるので、最悪の事態は避けられましたが、オリジナルはあちこちのフォルダーに分散しているので、再度編集するのは骨です。

でも、Dropboxって、一度削除しても履歴を持っているから大丈夫、と記憶の片隅にあることを思い出し、ググってみると、過去30日以内の削除であれば大丈夫とのこと。この前、写真を見てからひと月も経っていないはずです。でも、webサイト見ても、フォルダーの痕跡がありません。うーむ。仕方がないからとりあえずもう一度作るか、と再びPhotosというフォルダーを作成して、お気に入りの写真をコピーする作業を開始しましたが、どうも釈然としません。そこで、同じ名前で再度フォルダーを作るのは問題がありそうなので、名前を変えて、再びWindowsからChromeを起動し、Dropboxのサイトにログインすると、ありました。Photosというフォルダーがグレイアウトした状態で見えます。試しにクリックしてみるとちゃんと配下のフォルダーやファイルが並んでいます。それを選択して、復活というのを押すと、無事フォルダーが復活しました。よかった〜。普段、こんなに便利に使っているDropboxもたまにはこんなことがあるんですね。ついでに、Dropboxのファイルも少し整理しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 8日 (土)

出てきましたなあ、本命が

Windows XP搭載のモバイルPCの後継機種をどうしようかとちょくちょく各社の新製品を見たりしていたのですが、ここに来て、本命が出てきた感じです。それは、Panasonic Let's note MX3です。12.5インチの画面サイズ、画面解像度は1920×1080ドットで、CPUはCore i7もしくはCore i5。本体が約1.2kgと光学ドライブを搭載しているにも関わらず軽量です。メモリも4GBか8GBの選択ができそうです。次に買うなら、OSはWindows8.1、メモリは8GB、画面サイズは12インチ前後と考えていたので、想定に合致します。光学ドライブが必須か、と言われるとそうでもないので、なくてもよいのですが、そうなるとLet's noteでは11.6インチのAX3になります。キータッチは12.5インチのMX3の方が快適そうです。せっかくPCを買うのだからキータッチは重要と考えます。量販店の店頭にはもう置かれていたので、触ってみても、キータッチはまずまずでした。一応UltraBookらしいけど、他メーカーのUltraBookと比較するとそこはLet's note、それなりの厚みはあります。ま、堅牢性とインターフェースが豊富なので、このあたりが限界かも知れません。

以前から、Let's noteとThinkPadX240sが気になっていたのですが、ThinkPad X240sはOSがWindows8で、春までに8.1対応が出てくるかどうかが気になるところです。
で、試しにPanasonicのLet's note MX3のページに行って、色々とカスタマイズして、これならよしっ!というタイプの見積もりを見るとOffice 2013を含めて、27万円となりました。何じゃこれ、そこそこのPCが3台分買える値段じゃありませんか。とほほ、どうしよう。

そんなことをつらつら考えていた矢先、ソニーがPC事業の売却のニュースが飛び込んできました。(2014年2月5日日経)Let's noteは大丈夫なんでしょうか。ビジネスマン御用達で、しっかりと顧客を掴んでいるというものの、やはり高価です。自分のPCを買った途端、事業売却などとなるとあまり気分のいいものではありませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 1日 (土)

中古プリンターいりませんかぁ

使用しているプリンターCANON MP600の調子が少しおかしくなりました。ノズルチェックパターンを印刷すると大容量インクの黒色のパターンが乱れています。それ以外は正常なので、カラー印刷では問題ないのですが、モノクロのテキストを印刷すると、印字が薄い部分と濃い部分でまだら模様になります。ヘッドクリーニングを複数回行っても症状は改善しません。大事なテキストの印刷をしなければならないことがあり、まだら模様のテキストでは印象がよくありません。で、マニュアルにあるCANONのお客様相談センター(インクジェット担当)に電話を入れました。ヘッドのクリーニングを複数回行っても改善しないこと、インクを交換しても改善しないことを伝えるとおそらくプリンターヘッドの故障と思われます、との返事。その後、「まことに申し上げにくいのですが、MP600は生産打ち切り後、所定の期間が経過しているので交換部品がありません。新しいプリンターを購入する以外改善の方法はございません」とのこと。ガーン、修理に出せば何とかなると思っていたのですが。。。すると、お客様相談センターの人がすかさず、アフターサービスの期限が切れたプリンターに対して、最新のMG7130を格安で販売するキャンペーンを実施しています、とのこと。値段を聞いて、ネットで調べるとずば抜けて安い価格ではありませんが、インクも割安で付加できるコースもあります。更に、旧機種で未開封のインクがあればそれも新しいインクに交換できます(ただし、旧インクの交換は、送料は元払い、合計6本までの制限付き)と、インクも割安で入手できます。家電量販店へ行って重いのを抱えて帰ることを考えると、送料もメーカー負担で発送してくれるのでこのキャンペーンに乗ることにしました。(1月31日まで期間限定キャンペーンということも背中を押しました)

後で調べると1ランク下位のMG6530も基本性能は同じ(同じエンジン)で、トータルで見るとそちらのほうが安かったかも知れませんが、色々とおまけがついてくるので、まあ、いいかと思っています。ところで、古いMP600ですが、モノクロテキスト以外は正常に印刷できるのでこのまま粗大ゴミ処分するのはあまりにもったいないなあ、と思っています。が、我が家も狭いので、2台も置いておくスペースはありません。誰か、引き取ってくれる人はいないかなあ。まだまだ現役で使えますぞ。ubuntuでも使えていたので重宝していたのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »