« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月25日 (土)

なぜ日本では、Chromebookが販売されないのか

Acerの新しいChromebook「C720」がGoogleの直販サイト「Google Play」の日本語サイトで、“近日発売”だったのが、1月21日になって“お住まいの国ではご利用いただけません”という表記に変わったそうです。C720は新Celeronプロセッサ、メモリ2GB、16GB SSD、1,366×768ドット表示対応11.6型ワイド液晶ディスプレイ、重量は1.25kg、バッテリー持続時間は8.5時間で、199ドルで販売されるそうです。このスペックでこの価格はとても魅力的です。
Acerc720

C720以外にもChromebookはHP、Samsung、Googleなどから販売されておりますがそのいずれも日本では発売されていません。更に、東芝も参入し(日本での販売は未定)、更にDell と Asus も近く Chromebook を発売する予定だそうです。NPD Groupの調査によると米国における2013年1月から11月までの Chromebookの販売台数シェアは、ノート PC 売上全体の21%にも達したそうです。また、米国 Amazon.com における2014年1月のノート PC トップセラー上位2機種は、Chromebook が占めているそうです。

ここまで市場に受け入れられるようになったChromebookがなぜ日本では販売されないのでしょうね。マーケティング戦略上、日本ではあまり売れない、という判断になっているのでしょうか。日本で販売するとなると確かに日本語仕様のキーボードが必要となるし、何かと割高になる面があるのは否めません。だからといって最初から売れないと決め付けるほど決定的な理由は見当たらないのですが。Googleといえば、タブレットの「Nexus7」、スマートフォンの「Nexus5」などもきちんと市場に出ているのに、PCだけが販売されないのは不思議です。日本は、PCの後進国になってしまったのでしょうか。それとも旧来の枠組みを頑なに守ろうとする特殊な市場と見られているのでしょうか。少々愚痴っぽくなってしまいましたが、PCの多様性を持たせる意味でも、ぜひとも日本でもChromebookを販売して欲しいです。しかも、価格破壊と言われるような値段で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月18日 (土)

知っていると何でもないが知らないとハマってしまうLibreOffice Writerの書式設定

ドキュメントを作成する必要があり、それには書式が指定されていました。印刷した状態で提出するのでツールは何でもよく、LibreOffice Writerで作成することにしました。
指定された書式は

  • 用紙はA4で横書き
  • フォントは10.5ポイント 明朝体
  • 余白は上下左右各2cm
  • 字数は40文字x40行

特に問題無く設定できそうです。LibreOffice Writerを立ち上げ、まずはフォントの設定で、「書式」→「文字」で、英文も日本語もフォントを10.5ポイントとし、日本語フォントはTakao Minchoに指定しました。

Font

次に「書式」→「ページ」を開き、「ページ」のタブで、用紙サイズがデフォルトでA4になっていることを確認し、余白を上下左右をそれぞれ2cmにします。

Photo

次に「行数と文字数」タブを開きます。デフォルトでは、「グリッド線なし」となっていますが、「行数と文字数を指定する」を選択します。すると行数と文字数の設定ができるようになりますが、デフォルトでは、24文字20行となっています。

Photo_2

これを40文字40行に設定するわけですが、そのためには、1文字の最大サイズとルビ文字の最大サイズを修正して、40文字40行に収まるように設定すれば良いわけです。フォントの指定は10.5ポイントですが、1文字の最大サイズを修正して、12ポイントにすると40行に収まります。次にルビ文字の最大サイズを変更します。私の場合、ルビ文字は使用しないので、最小値で構わないと思い、最小値の1ポイントを指定しました。そうすると40文字40行の設定が可能となりました。

Photo_3

これでOKと文章を作成し、印刷するとどうも変です。上下の余白が2cmではなく、6cmほどもあります。余白の設定は2cmとなっています。ここでハマってしまいました。どうすれば余白を指定通りの2cmにするか、ネットで調べたりしましたが、なかなか解が見つかりません。窮余の策として、「Yahoo知恵袋」に質問を上げてみました。親切な方がおられるのですね。ちゃんと回答がありました。それは、ルビ文字の設定を6ポイントにする、というものです。やってみるとうまく行きます。

Photo_4

考えてみるとルビ文字の設定を1ポイントとした場合、ページ単位の行数のが「1-56」まで可能となります。その場合、40行の指定をすると、行間で調整するのでなく、上下の余白で行数を調整するようですね。56行まで書けるところを40行までしか指定しないので、残りは上下の余白で調整するということになったようです。親切なお方のおかげで無事設定することが出来ましたが、これにフッターを挿入しページ数を入れるとなるとまた試行錯誤が必要となりそうです。私のような新参者って、こんなところで躓いてしまうんですね。一つ賢くなりました。

| | トラックバック (0)

2014年1月11日 (土)

消えたUSBメモリー

新年早々、USBフラッシュメモリを紛失してしまいました。無線LANが通じにくい部屋にPCを持ち込んで作業をしようとしてUSBメモリを持ちだしたのですが、中身は自分で撮った写真のコピーが少し入っているだけで、大したデーターは入っていません。心当たりを探してみたり、ポケットの中をひっくり返したりしましたが、見つかりません。家の外に持ち出すことはまずあり得ないのですが、これが仕事用のUSBメモリだと一大事です。仕事に支障をきたすようなデータが入っていなくとも、セキュリティ上大問題になるところです。セキュリティ保護上、基本的にはUSメモリーやSDカードなどの可搬の媒体は極力保持しないことが望ましいのですが、どうしても持ち運ばざるを得ない場合もあります。最近は、これらのメモリー類も小さくなり(容量は増えている)ちょっと油断すると簡単に紛失してしまう可能性が大きくなります。万一、紛失して、悪意ある第3者の手に渡ると恐ろしいことになります。情報漏洩や、ウィルスを仕込んでばら撒かれるという危険性が無視できません。そういうことで、これらのメモリの扱いには十分に注意したいものです。くだんのUSBメモリは、PCの周辺機器をごちゃごちゃ置いているところからヒョコンと出てきました。良かったよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 4日 (土)

2014年は

毎年、年の初めのブログは、その年の予想や抱負を書いていましたが、今年はあまり書くことがありません。
一つだけ、これは、気になっていることですが、2014年4月のWindows XP(とMS Office 2003)のサポート終了に伴い、私のXP搭載のモバイルPC(ネットブック)をどうするか、ということです。今使っているネットブックはubuntu専用マシンにして、Windowsマシンを新たに購入するかどうか思案しているところです。買うなら、消費税導入前の駆け込み時期(来年の春モデル)にしようかと。そのタイミングだとOSはほぼWindows8.1になっているでしょう。覚悟を決めてWindows8.1と付き合うことにする必要がありそうです。どうせなら、仮想環境にubuntuを搭載する前提で、メモリは8GB、タッチパネル搭載のウルトラブックをできるだけ安く手に入れたいなあ、と考えていますが、甘いか。各社の新製品を見るとそれぞれ一長一短あり、これが狙い目、というのはまだ決めていません。メモリ8GBというのと、軽量化というのがどうも両立が難しいようです。考えてみればデスクトップも含め、私の個人使用のPCは海外メーカーばかりです。国産商品も魅力的な機種はあるのですが、いまいち手が伸びませんでした。次に買うとしたら、国産、海外製を別け隔てなく比較して、納得したものにしたいです。ひょっとしたらノートPCの購入はこれが最後になる可能性も否定できません。ま、Windows8.1も時間が経てば利用者も増えてくるでしょうし、そろそろ潮時かと思っています。
ノート(モバイル)PC以外で、欲しいものは今のところありません。iPhone4Sも2年目になるのですが、特に不自由を感じていないし、iPad miniもRetinaは魅力的ですが、現状使っているのを買い換えるほどではありません。一つ一つ慈しみながら使い倒したいと思っています。

世の中は、タブレットの勢いが更に増してきそうですね。タブレットの販売台数がPCを追い抜く日も近いでしょう。業務にも使えるタブレットが出てくれば、会社ではタブレットは一人に1台、PCは部署に1台という時代がやってくるかもしれません。

スマートフォンはどうなんでしょうか。androidの大型化の流れは一段落ですか。次は、低価格スマートフォンが世の中の流れを変えるかもしれません。

こんなことをつらつらと年の初めに考えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »