« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月28日 (土)

Pogoplug mobileとの決別

2012年3月にPogoplug mobile(以下Pogoplug)を導入しました。Pogoplugの特徴は、PogoplugとUSBハードディスク(USBメモリ、SDカードも可)を準備して、アクティベーションをすればばインターネット環境があれば外部からも簡単にストレージにアクセスできる、と言うものです。 自前のハードディスクを接続できるので、DropBoxなどのように容量の制限はありません。こんな便利なものがあるのか、ということで早速Pogoplug mobileを購入して、500GBのUSBハードディスクを接続して主に画像の保管用に利用していました。ところが、最近、接続しているハードディスクが障害を起こしたらしくアクセスできなくなってしまいました。何度か修復を試みましたが、どうも素人では無理なようです。幸い、バックアップがあるので、それほどの深刻な影響はなかったのが不幸中の幸いでした。

そこで、ハードディスクを新しくして、再度Pogoplugに接続しようかと考えたのですが、実はこのPogoplug、実用上はかなり問題がありました。インターネットがあれば外部からの接続可能なんですが、実際に外部からアクセスして、画像を見ようとすると、とにかく遅い!アクセスに気が遠くなるほど時間がかかり、実用に耐えません。そこで、結局、自宅のLAN環境からアクセスすることになるのですが(LAN内であればアクセスはそれほど遅くはなりません)、これだと、あえてPogoplugを利用する意味はなく、単にファイルサーバーに保存すれば良くなります。

自宅のLAN環境でPogoplugを利用する利点は、ubuntuでファイルサーバーに画像を保存をするとファイル名と「JPG」と書かれたアイコンが表示をされ、画像の中身がわかりません。Pogoplugだとサムネイル形式の表示をされますので、画像が小さく表示され、おおよそどんな画像か判断できます。ま、その程度です。これも外付けのハードディスクを準備すれば済む話です。ということで、この際、Pogoplugとは決別して、画像保管用のストレージを準備することにしました。以前ほど外部から接続する機会も減ったし、本当に必要ならDropBoxに保管しておくということで、1年足らずのお付き合いでしたが、Pogoplug君とはおさらばすることにしました。
Pogoplugmobile

これを機会に家の中にあるストレージ(主に外付け)を棚卸してみると使っていない(かつて使っていた)100GBや、200GBのハードディスクなどが出てきました。今となっては、容量が中途半端ですね。ということで、Transcend USB3.0/2.0 2.5インチ ポータブルHDDの1TBを購入しました。これをWindowsマシンのバックアップ用に利用して、今までバックアップ用に使っていた500GBの外付けHDDを画像保存用に転用することにしました。私の環境では、音楽(iTunes)、画像(写真)中心ですので、当面は1TBのハードディスクを増強すればパンクすることは無さそうです。これで無事年を越せそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月21日 (土)

第5回関西LibreOffice勉強会

今回のお題目は
1. 「LibreOfficeのフラットODFとRedmine, Git(Gitolite, SparkleShare)で文書共有システムを作ってみた」
2. 「「Base - Calc」でピボット分析」
3. 「LibreOfficeをWindows上でビルドする」
4. 「LibreOfficeカンファレンス報告」

の4つで、1と3が技術寄りの報告で、私には難しかったですが、他の人たちがやっていないようなことをトライされて報告されていました。
2はBaseとCalcを使ったピボットテーブルの使い方を紹介されていましたが、発表者が実際に利用している事例を紹介いただき、excel同様、改めてピボットテーブルの便利さを確認させてもらいました。
4は9月にイタリアのミラノで行われたカンファレンスの報告を唯一人日本から参加された榎さんが報告されました。
ということで、今回はかなり高度な内容も含まれていましたが、参加者もエンジニアが多いようで、鋭い(わたしには難解)な質問が飛んでいました。

この関西LibreOffice勉強会、それほど大規模な催しではありませんが、ほぼ3ヶ月おきに開催され、内容も豊富で、それが関西で続けられているということがありがたいです。草の根的な活動ですが、息長く続いてほしいと願っています。私も発表できるようになればいいなあ。

Img_1265 Img_1276

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月14日 (土)

デジタル写真の整理

皆さんはデジタルカメラやスマートフォンで撮った写真をどのように整理をされていますか。最近は、デジタルカメラやスマートフォンで簡単に写真が撮れて撮影枚数もフィルムカメラの時代とは比較できないほど多くなっているのではないかと思います。写真を撮るといったハードルがデジタルの時代になって一気に下がり、かつ、利用できるデバイスが多様になり、今まであまり写真に興味のなかった方もカメラを使うようになってきたのでは、と感じます。元カメラ小僧としては、いい時代になったものだと思っています。

撮影した写真もSDカードなどにコンパクトに収まるので便利です。その一方で、撮りっぱなしにしておくと、いざ何かの時に目的の写真を見つけ出すのに苦労することもあります。まあ、撮りっぱなしにしておいても、SDカードなどをPCに接続すると一覧表示がされて、目的の写真が割と簡単に見つけられますが。ただ、最近では、撮影機材もコンパクトデジタルカメラ、スマートフォン、ミラーレス一眼レフ、一眼レフと個人でも複数のデバイスを持っている人も増えてきて、整理ができていないと何が何やらわからなくなることもあるのでは、と思います。プロの人たちはどのように整理しているのでしょうか。

私の場合、撮影したSDカードなどのデータは基本的に消去せずにオリジナルとしてそのまま残しておきます。更に、SDカードの画像をPCに保存することによって、バックアップをとるようにしています。バックアップをとる際、カメラ別にフォルダーを作り、そこに撮影順にどんどんとファイルを入れるようにしています。こうした時、なにかのイベントなどでまとめて撮った写真をあとで見つけ出すのに時間がかかったりするので、そういったイベントの場合は、イベントのフォルダーを作り、カメラのフォルダーの下に配置してそこに保管をしています。スナップ写真など、まめにバックアップをとるのは面倒ですが、やはり、自分で撮影した写真は残しておきたいと思います。その時に、簡単に目的の写真が見つけ出せる工夫がいるのでしょうね。私の場合、それほど撮影枚数が多くないので、こまめにカメラ別にバックアップをとることで大体内容は把握できます。pcにバックアップをとるのではなく、クラウドにバックアップをとる、という方法もあると思います。私の場合は一度自分のやり方ができてしまって変えるのも面倒になってきます。(このPCのファイル自体バックアップを更に取っているので3重のバックアップになっています)

これほど簡単に写真(画像)が撮れて、どこにでも画像をアップできるという時代、写真の活用、整理も様々な方法ができてくるでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 7日 (土)

iPhoneで朝寝坊

朝早く起きる予定があったので前の夜、iPhone4S(iOS7)のアラームをセットし、フル充電を確認して枕元に置いて眠りにつきました。翌朝、目覚めると周囲の様子が変です。急いでiPhoneで時間を確認しようとすると、画面が真っ黒で起動しません。一瞬、何が起きたのかわからず頭が真っ白になりましたが、別の時計を見ると起床時間を1時間も寝過ごしています。一体どうなったんだあ、と焦りつつ寝覚めでぼんやりとした頭で考えると、どうやらiPhoneのバッテリーが切れてしまっているようです。おかしいなあ、寝る前はフル充電だったのにと考えていると、ふと、i.softbank.jpのメールを受け取ると「You got a mail」の通知画面が現れますが、これがあるときに、自動ロックが効かなくなりこの画面が表示されたままになり、バッテリーを消耗するということを思い出しました。私も以前、一度この状態で放置していたために、気づいた時にはバッテリーが急速に減っていてびっくりした経験があります。で、その時にはそのうち修正されるだろうとたかをくくって何もせずにいました。それが今回アダとなり、眠り込んでいる時にi.softbank.jpのメールを受信し、受信画面のまま放置されバッテリーがなくなってしまい、アラームもならなかったわけです。1時間も寝過ごした上に、iPhoneのバッテリーもすっからかんになってしまっています。慌ててモバイル充電池をカバンに突っ込んで家を飛び出しました。うーむ、ひとごとではなくこんなこともあるのだと、妙に感心し、対策を調べてみました。現時点では、決定的な対策はなく、

1. i.softbank.jpの通知が来ないように設定する
2. その代わり、iPhoneの通知センターでメールの新着を通知する

というのが、現実的な対応のようです。で、早速設定を変えることにしました。この問題が解消された時にまた、元に戻せるように、備忘として設定内容を記しておきます。

1. i.softbank.jpの通知が来ないように設定する
1.1 これは、My Softbankの新着メールお知らせ設定で設定をします。ただし、この設定はPCからではできず、iPhoneで設定します。
iPhoneのsafari を起動し、右下のブックマークからブックマークの一覧表示 → My Softbank → 右上のMy Softbankのボタンをタップ   → ログイン画面が表示されるのでログイン

Img_0555 Img_0556

1.2 ログイン後、「メール設定」から「Eメール(i)」を選択

Img_0558  
「新着メールお知らせ設定」の「次へ」ボタンを選択

Img_0559
「送信しない」にチェック → 「次へ」を選択

Img_0560
「変更」を選択し、設定完了

Img_0561

2. iPhoneの通知センターでメールの新着を通知する
2.1「設定」 → 「メール/連絡先/カレンダー」 → 「データの取得方法」 → 「xxx@i.softbank.jp」を選択

Img_0562 Img_0563 Img_0564
「手動」か「フェッチ」の選択で「フェッチ」を選択

Img_0565
データの取得方法に戻ってフェッチ間隔を設定する。

Img_0566
これでチェックしたフェッチ時間間隔(最低で15分)でメールアプリが新着を確認するようになります。

2.2 通知センターでメールが来たことがわかるように設定する
「設定」 → 「通知センター」 → 「メール」 → 「xxx@i.softbank.jp」と進めていき、「通知のスタイル」を好みのものに選択。

Img_0567 Img_0568_2 Img_0569

「Appアイコンバッジ表示」をONに。「通知センターに表示」をONに。

Img_0570

以上でメールが到着すると通知センターで表示されます。ただ、この方法ではリアルタイムに通知されるわけではありません。せっかちな私はどうも、この点が気になるのですが、今のところこの方法で我慢するしかないようです。これは、Softbankの問題なのか、iOSの問題なのかよくわからないのですが、できるだけ早く解消してほしいものです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »