« 25年後のPCは? | トップページ | いっそのこと、MACにするか »

2013年11月16日 (土)

Ubuntu13.10のインストール

半年に1度のお約束のUbuntuのバージョンアップ版13.10がリリースされました。日本語RemixはRC版で不具合が見つかったようで、リリースまでに少し時間がかかったようです。ボランティアで協力されているUbunutu Japanese Teamの皆さんのご苦労には頭が下がります。
で、早速日本語Remixをダウンロードしてインストールしました。私は32ビット版をダウンロードしました。ISOイメージの容量は約1.1GBでCDには収まらず、DVDへの書き込みです。
我が家のアップデート対象の機種は3台あります。HP Pavilion V SereisとHP mini2140とAcer Power200です。
それぞれインストール方法が微妙に違うので、備忘録を兼ねて各機種ごとのインストールの状況を記しておきます。

■HP Pavilion V Sereiss
メインで使っているデスクトップ機です。本体のHDDには、Windows7をインストールしており、外付けのSSD(64GB) にUbuntuをインストールして、デュアルブートで使っています。Ubuntuは/(ルート)パーティションと/homeパーティションを分けており、新しいバージョンのインストールの時には、/homeは初期化せずに、従来の設定が残るようにインストールしています。今回もその方法でインストールしました。今までのインストールと異なるのは、インストールの途中で、「Ubuntu One」に関する設定項目が出てくることです。でも、これはスキップできるので、私は利用していないのでスキップしました。あと、インストール中に「インストトーラーがクラッシュしました」と表示が出て、焦りましたが、再度インストールすると問題なくインストールが完了しました。インストール時間も以前より早くなったような気がします。インストールが終わると、各種ソフト、コーディックのインストールや設定です。/homeをそのまま残しているので、その後の手間はそれほどかかりませんが、一つ、DropBoxのアイコンがメニューバーに表示されなくなってしまいました。何度かDropBoxをインストールをしなおしたりしたのですが、どうしても表示されません。Googleで検索したところ、英語版でこの症状はすでに出ているようで、どうやらDropBoxのバグのようです。解決策も記載されていました。そこで、DropBoxをインストール後、コマンドラインから

     sudo apt-get install libappindicator1

とパッケージを入力し、一度ログアウトして再ログインすると無事アイコンが表示されました。良かった良かった。DropBoxのない生活は想像できません。

■HP mini2140
モバイル用のネットブックですが、今やメインと同じぐらいの使用頻度となっています。この機種は、80GBのHDDを2つに分割し、一方をWindows XP、もう一方をUbuntuとして、これもデュアルブートにしています。前回からUbuntu部分のパーティションを/と/homeに分け、/homeの設定はバージョンアップ時に残すようにしました。今回も/部分を初期化してインストールしました。インストール自体は問題なく終わったのですが、無線LANを認識しません。すぐに忘れてしまうのですが、HP mini2140はBroadcom802.11STAというプロプエタリのドライバーを使用しているので標準でインストールした場合、ドライバがインストールされません。どうやったらドライバーのインストールができるのかも忘れてしまい、再度Ubuntuをインストールをするときに、「サードパーティのアプリケーションをインストールする」にチェックボタンを入れてインストールすると今度はインストールされたようです。この方法でも良いのですが、インストール後、「設定」-「ソフトウェアとアップデート」-「追加のドライバー」からインストールする方が標準的と思います。あとで昔の記録を見て思い出しました、、、、。ところで、Bluetoothなんですが、毎回接続が切れてしまいます。起動のたびに「設定」-「Bluetooth」を選択し、「オフ」になっているのを「オン」にしなければなりません。今まではこんなことはなかったのですが、Bluetoothマウスを使っているので不便です。

■Acer Power 2000
もう一台のサブマシンです。このマシンにはUbuntuしかインストールしていませんが、なぜか、Ubuntuのインストーラーと相性が良くなく、これまでに、うまく行かないケースが何度かありました。そのために、念のため、Ubunt12.04LTSを残しておき、別のパーティションに新しいUbuntuをインストールするようにしています。今回もインストールを始めると「ハードディスクにファイルをコピーする際にエラーが発生しました」というメッセージのあとで「インストーラーがクラッシュしました」とのメッセージが表示されました。光学ドライブとの相性かと思い、何回か試してみましたが、うまくゆきません。前回のUbuntu13.04ではすんなりとインストールできたので、再度13.04をインストールして13.10にアップグレードするか、とか考えながら、これでダメならそうしようと思い、最後のトライをしたところ、なんとか、最後までインストールを完了することが出来ました。

Ubuntu1310

それぞれの機種にDropBox、コーディック(コーディックの入力は「Ubuntu 13.10をインストールした直後に行う設定 & インストールするソフト」を参考にさせていただきました)を施します。

今回のアップデートは日本語の入力環境の変更が大きいとされていますが、実際にmozcを利用するだけなら、インストール直後の日本語設定ヘルパーでmozcを標準にする、としてやればあとは快適に利用できます。(このあたりが、RC版で苦労された点と思いますが、あっさりと書いてしまい、申し訳ないです)それ以外の部分については、印象的には13.04と大きくは変わっておりませんので、そのまますんなりと利用が出来ました。カーネルは3.11.0-12に(インストール直後のアップデートで3.11.0.13になりました)、LibreOfficeは4.1.2.3と新しくなっています。半年に1度の作業とはいえ、いつもちょっとハラハラドキドキのインストールでした。

|

« 25年後のPCは? | トップページ | いっそのこと、MACにするか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166327/58584174

この記事へのトラックバック一覧です: Ubuntu13.10のインストール:

« 25年後のPCは? | トップページ | いっそのこと、MACにするか »