« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月26日 (土)

25年後のキーボード

2013年10月15日のIT proに掲載された「記者の目 指でたたくか手で書くか、それが問題だ」という記事を興味深く読みました。記事は、医療の現場などでは、両手入力が必要なキーボードーが作業性の問題から非常に嫌われているという現実の紹介から入ります。これは、最近、内部を見る機会があった、集中治療室などでも、専用機器の場合、片手で操作できるものもあるのですが、電子カルテなどのシステムはPCに依存しており、状況報告などはキーボードを使ってパタパタと入力せざるを得ない状況にあります。記事では、これに代わるものとしてタブレットで片手(指)で入力できるもの、あるいは、電子ペンで入力できる、MetaMoJiという企業が開発した「mazec」の紹介がなされていました。

たしかにそうなんですね。オフィスで資料を作成するなどといった仕事は確かにキーボードが適していますし、慣れると手書きよりも効率的に入力できます。しかし、それはそういう環境が整っていてこその話で、医療現場などで、作業をしながら入力が必要な場面では、キーボード(というかPCは)厄介なものになる可能性があります。

私はキーボードが無類に好きで、キーボードオタクと言っていいかも知れないほど多くのキーボードを購入、利用してきました。でも、考えてみればPCそのものがなくなればキーボードも必要なくなっちゃうんですよね。この記事を読んでゆくうちにその事にはたと気付かされました。改めて考えてみるとちょっとさびしいですね。

記事では、25年後、キーボードは一般人の前からは消えて、大量の文章を書く記者や多数の数字や記号を入力するSEや経理担当など、ある種の専門的職業だけで使われるものになる、と予言していましたが、確かに25年後にはそうなっている可能性が高いと思います。ましてや、PCなんてどんなかたちになっているか想像がつきません。

こうして当たり前のように使っている、キーボードやPC自体がなくなってしまう、というのは、これまでPCやキーボードが果たしてきた役割(技術的側面だけでなく文化的側面も含めて)を考えるとちょっとさびしいものがありますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月19日 (土)

LibreOfficeで資料作成

外部でプレゼンテーションをする機会があったので、資料作成をLibreOfficeのプレゼンテーションソフトであるImpressで作成してみました。LibreOfficeはUbuntuに標準搭載されているので、これまでは、試しにちょこちょこっといじったり、Ubuntuでマイクロソフト社のMS-Officeの資料を閲覧するときに利用していましたが、実際に本格的に資料を作成するのは初めての体験でした。

で、使用してみての実感ですが、特に違和感なく資料を作成することができました。そんなに凝った資料ではなかったことと、私自身会社ではPowerPoint2003(かそれ以前)の利用が中心だったので操作感が似ていることなどで、使い方がわからず困った、という点はありませんでした。図の作成などで、PowerPoint2003と少し使い勝手が違うところもあったように思いますが、ちょっと触ってみれば使い方がわかりました。グラフなども作ったのですが、簡単に作成することができました。

という事で、特に使い勝手が悪い、ということは全くなく、出来上がりに満足していたのですが、先方の都合で、PCの持ち込みができず、結局はPowerPointに変換して利用する、というちょっと悲しい結果となりましたが。

ところで、PowerPointに変換する時、PowerPoint 2007-2010(拡張子.pptx)形式とPowerPoint97-2003形式(拡張子.ppt)がありますが、私の場合、Impressの形式(拡張子.odp)からいきなり、PowerPoint2007-2010形式に保存をするとレイアウトやグラフの崩れが多かったです。一度、PowerPoint97-2003形式で保存するとほとんど修正の必要なく変換され、更にそれをPowerPoint2007-2010形式に保存をするとPowerPoint2007-2010形式でもきれいに変換されました。

そんな訳で、最終的には、PowerPointのお世話になりましたが、Impressでの資料作成もちょっと刺激的なものでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月12日 (土)

情報化世界の光と影

インターネット、携帯電話、スマートフォンの普及によりこれまでとコミュニケーション手段が大きく変わったのは紛れもない事実で、その恩恵に浴している人が多くいることは間違いありません。私もその一人です。いつでもどこでもつながる、という利便性は一度経験するともう手放せなくなってしまいます。その一方で、メールやLINEの連絡が来たらすぐに返信をしなければならない、といったような強迫観念的なものが若い人たちを中心にあるという現実があります。そうしないと仲間にされなくなってしまう、という事で風呂にまでスマートフォンを持ち込んで自分に関係する話題が出ないか常に見ているという人もいます。また、気に喰わない人がいるとすぐに仲間はずれにしたり、着信拒否をする、というような行動に出る人もいます。つくづくLINEやメールのコミュニケーションはツールの使い方が難しいと思います。

知り合いの若い人に、携帯電話によるコミュニケーションがうまくとれず、メールをしても返信が返ってこないと、嫌われたのではないかと気になって仕方がなくなったり、SNSで知り合いが楽しそうにしているのを見ると、なぜか自分が惨めに感じてしまうという人がいます。その人はいっそのこと、メールやSNSを断ち切れば良いのですが、なかなかやめることができずに悶々としています。

普段便利に使っている道具も使い方によっては、精神的にダメージを与えかねないツールになって、それで苦しんでいる人がいることを忘れてはいけないと思います。特に若い人たちが無制限にこれらのツールを使って意識する、しないにかかわらず、人に大きな影響を与える可能性があることをしっかりと理解した上で使う必要があるのでは、と感じるこのごろです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 5日 (土)

我が家のWindows XP対策

来年の4月でWindows XPのサポートが切れるという事で様々なメディアで話題となっています。Windows7あるいはWnindows8にアップグレードするのか、この際、PCを新規導入するのかとか様々な選択肢があり、特に所有台数の多い企業にとっては頭の痛い問題でしょう。企業ユーザーであればWindows7へのアップグレードというのが比較的ハードルが低い解決策かもしれませんが、個人ユーザーにとっては、一部例外を除き市場にはWindows8しか出まわっておらず選択肢がますます狭まってしまいます。

我が家にも1台XPマシンがあります。hp mini2140というネットブック(今となっては懐かしい言葉です)にインストールされています。実は、このマシンは、元々のOSがWindows Vistaで販売時にXPにダウングレードされて販売されていました。したがって権利的には、Vistaにアップグレードするとか、更にはWindows7にアップグレードするとかの手段は考えられたのですが、atom270というCPUではいかにも非力です。それに、今となっては、Windows7のOSも入手できません。私は、このマシンをデュアルブートでインストールしていたubuntuばかりで使用していたので、Windowsの必要性はほとんど認識せず、XPのサポート期間が終了すればUbuntu専用マシンにすればいいや、と考えていました。ところが、最近になって、ちょっとした事情から、Windowsでの利用が急増してきました。最初は要らないや、と思っていたWindows環境ですが、こうも増えてくるとちゃんと対策を考えておくべきだったと後悔しています。何しろ、モバイルPCはこれしか持っておらず、持ち歩いて(主に家の中ですが)使うにはこのマシンがないといかにも不便です。

Windows XPのサポート期間が切れたらどうしようかと考えているのですが、モバイル用のPCを1台買うのがてっとり早そうです。ただ、新しく買うとなればWindowsのOSは8が8.1になります。Windows8はまだ本格的に触ったことがないのですが、どうも慣れるまで時間がかかりそうです。そして何よりセキュアブートの関係で、Ubuntuとのデュアルブートが難しいようです。そこまでしてWindowsマシンを買うのか、あっさりと今のマシンをUbuntu専用マシンとして利用し続けるのか、悩ましいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »