« PCの進化系はどんなものだろう | トップページ | 先端医療の現場とIT »

2013年9月 7日 (土)

超小型PCが面白い(CuBox-i)

イスラエルのベンチャー企業SolidRun社から、超小型PCであるCuBoxの後継機のCuBox-iシリーズの予約が開始され、超小型PCの世界が面白くなって来ました。CuBox-iはcPU、メモリなどのスペックの違いで4種類のモデルがあり、最安は45ドルと、先行しているRaspberry PiやBeagleBone Blackを意識した価格になっています。前のタイプが確か135ドル(だったと思います)ですので、同じスペックではないので、一概には言えないのですが随分思い切った値付けですね。CuBox-iはRaspberry PiやBeagleBone Blackのような、ボードPCと異なり、一辺約5センチの立方体のケースに入っています。
Cubox
インターフェースも充実しています。OSはAndroid 4.2.2もしくはLinuxとのこと。従来機のプリインストールOSはUbuntu10.04でしたので、今回もUbuntuが搭載されていれば、個人的には魅力が増します。また、CuBoxはXBMCやMPDをインストールするなどメディア再生に強いという評価があります。新しいCuBox-iもそのあたりの血を受け継いでいるものと思います。電子工作は、Raspberry PiやBeaglebone Blackで、メディア系はCuboxでというように使い分けができてくるかもしれませんね。CuBoxもRaspberry Piのように代理店ができ、日本語で入手できると注目度も上がるかもしれないですね。Raspberry Piが火をつけた安価な超小型PCの世界、CuBoxも新しい機種の投入でますます目が離せなくなると思います。

|

« PCの進化系はどんなものだろう | トップページ | 先端医療の現場とIT »

コメント

初めまして
ラジオ会館 秋葉原 Petapico Shopさん
http://online.radiokaikan.jp/shop/c/c88/
でCuboxは購入できますよ。値段もほどほどです。
そのうちCuBox-iも出ると思います。

投稿: knkn59 | 2013年10月 9日 (水) 08時52分

knkn59さん

コメントありがとうございます。
なるほど、日本でも入手できるんですね。これならば入手に苦労することも無さそうです。CuBox-iも取り扱ってくれるといいですね。

投稿: TAT | 2013年10月 9日 (水) 10時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166327/58142763

この記事へのトラックバック一覧です: 超小型PCが面白い(CuBox-i):

« PCの進化系はどんなものだろう | トップページ | 先端医療の現場とIT »