« Raspberry Piを音楽サーバーに | トップページ | 超小型PCが面白い(CuBox-i) »

2013年8月24日 (土)

PCの進化系はどんなものだろう

PCの出荷の減少に歯止めがかからないようです。調査会社IDCジャパンが8月13日に発表した、2013年4~6月の国内パソコン出荷台数は前年同期比12.5%減の337万台だったそうです。5四半期連続のマイナスで減少幅も拡大しているとのこと。短期的な要因もあるにせよ、トレンドとして減少傾向は当面続きそうです。世界的に見てもこの傾向は変わらないのではと思っていますが、PCの存在そのものがすぐになくなる可能性は低いと思います。今起きているのは、PCを利用していた人たちの一部が、スマートフォンやタブレットに移行している段階で、スマートフォンとタブレットがPCに完全に代替できるか、というと私はまだPCの存在価値はあると思っています。情報をインターネットなどから取得するだけならスマートフォンやタブレットでも十分ですが、情報を加工する、新たな情報を生み出すためには、まだまだPCの力が必要と思います。スマートフォンの出現で、従来の携帯電話(フィーチャーフォン)の市場や、低価格コンパクトカメラの市場が極端に縮小してしまいましたが、PCの市場の一部でもそういう事が起きていると思います。広く考えれば、スマートフォンもタブレットも情報端末であるので、PCだけを取り上げて云々するのは視野が狭いかも知れません。

手元に米BYTE誌の1977年1月号の表紙のイラストの写しがあります。それは、「デジタル理想郷」と名付けられたもので、デスクの上に、歴史上初のパーソナルコンピュータと言われているALTAIR8800とともに、ディスプレイとキーボードが一体となったデバイスが描かれていて、ディスプレイには近未来的な都市の画像が表示されています。このようなデバイスは当時はまだ主流ではなかったと思いますが、考えてみればPCの基本的な形状(ディスプレイとキーボード、その後にはマウス)は36年前からあまり変わっていないと言えます。ただ、記憶装置などの周辺機器、部品レベルやソフトウェアでは劇的に変化しています。そんなPCが今度は形も変化しつつあるのかも知れません。これから先、グーグルグラスやウェアラブルコンピュータなどの新しい形に変化してゆくかも知れません。そうしたとき、PCという従来のカテゴリーにこだわるのは意味がなくなるかも知れません。とは、いうものの、キーボードとマウスに慣れ親しんできた私としては、従来型のPCも更に進化を遂げて、おっ、PCにもこんなことができるんだ、というような驚きを抱かせるようなブレイクスルーが起きることを期待しています。

|

« Raspberry Piを音楽サーバーに | トップページ | 超小型PCが面白い(CuBox-i) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166327/58053545

この記事へのトラックバック一覧です: PCの進化系はどんなものだろう:

« Raspberry Piを音楽サーバーに | トップページ | 超小型PCが面白い(CuBox-i) »