« CuBoxを音楽サーバーに(1) | トップページ | CuBoxを音楽サーバーに(2) »

2013年8月 3日 (土)

OSC2013Kansai@Kyoto に行って来ました

私の中では、すっかり夏の風物詩(?)になった、OSC(Open Source Conference)2013Kansai@Kyotoが今年も8月2日、3日と京都リサーチパークで開催され、2日目の今日(8月3日)、行って来ました。OSCはセミナーとブース(展示)で構成されています。セミナーは、私は、「超小型・超安価 ARM コンピュータ Raspberry Pi でできること(Japanese Raspberry Pi Users Group )」、「LibreOfficeコミュニティの最近の動向について(LibreOffice日本語チーム)」、「Ubuntu Touchひみつ大図解(Ubuntu Japanese Team)」を聴いて来ました。

Raspberry Piのセッションでは、Raspberry Piの紹介と、電子工作の事例としてラジコンカーの製作、クラスタリングの事例紹介などがあり、結構レベルが高かったです。

LibreOfficeのセッションでは、LibreOffice 4.1のリリースとそこで採用されたサイドバーの紹介、それとLibreOfficeの兄弟分(?)のApache OpenOfficeの紹介がありました。

Ubuntuのセッションはスマートフォン、タブレットに搭載されるUbuntu Touchの機能紹介、最近開始されたUbuntu Edge(Ubuntuの高機能スマートフォン:開発資金を一般から公募している)の状況などが説明されました。プレゼンテーターがNexus7に搭載されたUbuntu Touchを利用して説明されていたのが印象的でした。

セッションはいずれも盛況で、立ち見が出るほどでした。また、ブースの展示も盛況で、あちこちで技術談義が交わされていました。暑い夏の京都ですが、会場は、参加者の熱気があふれていました。

Osc2013_3
ブースの様子。盛況です。

Osc2013_2
Raspberry Piを搭載した2輪車。

Osc2013_1
ハックしようの山下さんのブース。ハック中。

Osc2013_4
Ubuntu Japanese Teamのブース。

Osc2013_5
LibreOfficeについて語るあわしろいくやさん。

|

« CuBoxを音楽サーバーに(1) | トップページ | CuBoxを音楽サーバーに(2) »

コメント

My organization is via Asia. I did the Engineering on Computer system Research. I'd a good constructed an undesirable employment decision plus regretting now... My organization is already doing business in the form of Senior Programs Industrial engineer on one of several software programs providers... I wish to accomplish MILLISECONDS on STATES. Nevertheless I ACTUALLY really don't want to serve the application on everything relevant to Computer system Research... My organization is interested in English language Booklets or Mindsets or Medical science similar training systems..... Will a computer Research scholar student accomplish these Get better at college degree training systems on STATES?.

投稿: ブルガリ 財布 | 2013年8月 9日 (金) 12時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166327/57919781

この記事へのトラックバック一覧です: OSC2013Kansai@Kyoto に行って来ました:

« CuBoxを音楽サーバーに(1) | トップページ | CuBoxを音楽サーバーに(2) »