« CuBoxと格闘中 | トップページ | OSC2013Kansai@Kyoto に行って来ました »

2013年7月27日 (土)

CuBoxを音楽サーバーに(1)

CuBoxで音楽サーバーを構築しようとしたのは、「日経Linux8月号」の特集で、CuBoxに音楽再生ソフトMPD(Music Player Daemon)をインストールする記事があったからです。記事に沿ってインストールしてみました。OSはCuBoxに標準で搭載されているUbuntu10.04です。

まず、GUIベースで起動したCuBoxの端末上もしくは、SSHなどで接続したCuBox上で、

    $ sudo apt-get update
    $ sudo apt-get install mpd

で、mpdをインストールします。私の場合、インストールの際、

-----------------------------------------------------------------------------------------
    以下のパッケージの処理中にエラーが発生しました:
     mpd
    E: Sub-process /usr/bin/dpkg returned an error code (1)
------------------------------------------------------------------------------------------

というメッセージがでました。エラーメッセージを調べると依存関係に問題があるようです。試しに、もう一度インストールを試みると今度はmpdは最新です。とのメッセージが返って来ました。致命的なエラーではなかったようです。

そこで

    $ sudo vi /etc/mpd.conf

で、mpdの設定ファイルを変更します。(viはエディターで、nanoでも何でも可)変更箇所はファイル内の

    bind_to_address                    "localhost"

の行の先頭に#を入れてこの設定をコメントアウトします。これでネットワーク経由の制御が可能となります。(日経Linuxの記事では、この部分がコメントアウトされておらず、少なからず混乱しました) それと、音楽ファイルの保管場所として

    music_directory                    "var/lib/mpd/music"

と設定されていることを確認します。このディレクトリに音楽ファイルを保存することになります。他のPCから音楽ファイルを持ってきやすいように、Sambaの設定を変更します。(Sambaのインストール方法はここでは割愛します。ここなどを参考にしてください。)

    $ sudo chown nobody:audio /var/lib/mpd/music

Sambaの設定ファイルである、/etc/samba/smb.confに記載しているpathも修正します。(viなどのエディタで修正します)

    path = /va/lib/mpd/music

「日経Linux8月号」の記事の記載では、pathが「/var/music」となっていますが、誤記と思われます。
設定を変更したらSambaを再起動します。

    $ sudo service smbd restart

ここで、テストで音楽ファイルを/var/lib/mpd/musicに保存してみましょう。私は、itunesからm4a形式の曲をコピーしました。
MPDだけでは再生ができませんので、MPDを制御するためにMPDクライアントと呼ばれるソフトが必要となります。私の場合、スマートフォンから制御するために、iPhoneにMPoDというクライアントソフトをインストールしました。MPoDの設定はAdd player manuallyで、下の画像のように、設定しました。Serverの部分は、CuBoxに割り当てたIPアドレスを入力します。

Iphone_mpod

これで、CuBoxを光オーディオケーブルでアンプと接続し、LANケーブル、電源ケーブルを接続し、CuBoxを起動します。
これで、スマートフォンからCuBoxに保存した音楽ファイルが表示されます。表示されない場合は、Playerの設定画面で、Refresh local cacheとUpdate databaseをクリックしてみましょう。

無事音楽ファイルが表示されたら、再生します。で、私の場合、再生できたのですが、ものすごいノイズが乗ってとても聴けた状態ではありませんでした。日経Linuxでは、音割れ対策が記載されており、それを実行しても状況は変わりません。ソフトウェアのバグか何かがまだあるようです。

という事で、MPDをインストールして、MPDクライアントを通じて音楽を再生する、というところまでは何とかこぎつけましたが、音質が実用レベルではありません。

ここで諦めるのはちょっとしゃくです。何とかしたい、という気持ちがムラムラと湧いて来ました。という事で、Webで「CuBox MPD」で検索するとよく出てくる「みみず工房」さんのイメージをインストールすることにチャレンジしようかと思案しているところです。

追記
「日経Linux8月号」の記事で、Linux用MPDクライアントとして、「Airo」というのが紹介されていましたが、「Ario」の誤記と思われます。ご丁寧にコマンドの記載の部分も"airo"とありますが、"ario"が正しいと思われます。

|

« CuBoxと格闘中 | トップページ | OSC2013Kansai@Kyoto に行って来ました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166327/57871640

この記事へのトラックバック一覧です: CuBoxを音楽サーバーに(1):

« CuBoxと格闘中 | トップページ | OSC2013Kansai@Kyoto に行って来ました »