« 第3回関西LibreOffice勉強会 | トップページ | LPICレベル2技術解説無料セミナー@大阪を受講 »

2013年6月29日 (土)

Ubuntu 13.04で音声が出なくなった

私の普段使いのPCは、Windows7とUbuntu 13.04をデュアルブートしていて、普段はほとんどUbuntuを使っています。Windows側にあるiTunesの楽曲フォルダーをUbuntuのRhythmboxで聴いています。Rhythmboxは私がよく使うソフトの中でもTOP3に入るほどです。ある時、音楽を聴いていたら突然音声がでなくなってしまいました。おかしいなあ、と思いつつシステム設定→サウンドを確認します。私はデジタルオーディオプロセッサとしてONKYOのSE-U33GXを使っていて、ubuntuをインストールした直後などでは、SE-U33GXではなく、内部オーディオからの出力が選択されていて、音声がでないことがあります。今回、これをいじるとやはり音声が出て、演奏が再開されました。と思ったらしばらくしてまた演奏が止まってしまいました。Rhythmboxだけではなく、他のアプリでも音声は出ないので、アプリの問題ではなさそうです。機器の接続に問題があるのかな、とUSBなどの接続をやり直しても改善が見られません。
と、ふと思い当たったのが、直近にUbuntuのアップデートでカーネルを3.8.0-23-genericから3.8.0-25-genericにアップデートしたことです。試しに一つ前のバージョンで起動してみると症状は出ません。これで原因が分かりました。でも、起動のたびに古いバージョンを起動するのも面倒です。出来れば対策を施して最新のバージョンでも動くようにしたいところです。といっても何の知識もないので手探りで探してみるしかありません。まず、新バージョンで起動し、

    tail -f /var/log/syslog

でシステムの状態を確認します。音声が途中で停止すると、syslogに以下のような内容が吐き出されます。

    kernel: [ 1568.164684] cannot submit urb (err = -18)

復活すると以下のログを吐きます

    rtkit-daemon[1809]: Successfully made thread 2846 of process 1807 (n/a) owned by '1000' RT at priority 5.
    rtkit-daemon[1809]: Supervising 6 threads of 1 processes of 1 users.

これをグーグルーで検索するのですが、記載が少なく、特に"err= -18"というのは見つからず、 どうやら音声に関係しそうなことの記載はあるのですが、対応策までは見つけることはできませんでした。
仕方がないので、一旦、SE-U33GXをPCから切り離して、直接オンボードのオーディオ出力と接続して、新バージョンで動かしてみました。すると、音声が途切れることがなくなりました。長年、機嫌良く動いてくれていたSE-U33GXですが、なぜか、最新のカーネルとは相性が悪いようです。古いカーネルのバージョンで起動するか、SE-U33GXを切り離すかの選択ですが、私は後者を採りました。カーネルのバージョンが上がればまた試してみますが、当面は、SE-U33GXにはお休みをしていただく、ということで、相性問題にしてしまうには少し悲しいのですが、この問題をクローズする事にしました。

|

« 第3回関西LibreOffice勉強会 | トップページ | LPICレベル2技術解説無料セミナー@大阪を受講 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166327/57687023

この記事へのトラックバック一覧です: Ubuntu 13.04で音声が出なくなった:

« 第3回関西LibreOffice勉強会 | トップページ | LPICレベル2技術解説無料セミナー@大阪を受講 »