« 逆風の中でも売れるパソコンとは | トップページ | ubuntu 13.04 日本語Remixをインストール »

2013年5月 4日 (土)

Ubuntuでモニターの解像度がおかしくなる

自宅でメインで使っているデスクトップのモニターを更新しました。従来使っていたのは、17インチで1280x1024の解像度のかなりの年代物です。設置場所が狭いのであまり大型には変えられないので、従来より、横の解像度が高いAcerのS201HLBDという20インチワイド(1600x900)にしました。あとで考えればもう少し縦の解像度が高いのにすればよかったのですが、価格に釣られて安いのにしてしまいました。早速接続したところ、特に問題なく認識をしてくれました。ところが、ubuntu(12.10)を再起動したところ、「保存したモニターの設定を適用できませんでした」と表示され、なぜか低い解像度に設定されてしまいます。システム設定→ディスプレイを表示してディスプレイの検索をすると、1600x900の解像度になります。だけど、スリープ状態から復帰するとまた、解像度が低くなってしまいます。困ったものです。いちいち解像度を設定するのは面倒です。デュアルブートしているWindows 7では、問題は無さそうです。
グーグルで検索すると、同様の症状に悩まれている方もおられ、その中で、「保存したモニターの設定を適用できませんでした」の対処方法として、

    ~/.config/monitors.xml

ファイルを削除すればよい、というのを見つけました。

早速

    rm ~/.config/monitors.xml

を実行して、再起動したところ、一度低い解像度で表示されたあと、画面が黒くなり、正しい解像度で表示されます。しかし、スリープからの復帰では、再び低い解像度になってしまいます。そして、また「~/.config/monitors.xml」ファイルが作成されています。まるでゾンビみたい。。。。
もう少し調べるとubuntu Japanese TeamのWikiで xrandr というコマンドを使った解像度の設定があることがわかりました。ところが、最高の解像度に設定したにも関わらず、再起動や、スリープからの復帰は不安定で、低い解像度になることがあります。ディスプレイの表示解像度でストレスがたまるのは避けたいので、サブで使っているもう一台のデスクトップのディスプレイ(19インチ 1440x900) と交換してみました。すると両方共問題なく表示されるようになりました。一体なんなんでしょうね。デスクトップのマシン(hp pavilion V)のグラフィックボードとの相性かも知れません。そう言えばサブで使っているマシンはacerなので、ディスプレイ(acer製) と相性的には良いのかも知れません。本質的な解決策はみつけられませんでしたが、結果オーライとしました。

|

« 逆風の中でも売れるパソコンとは | トップページ | ubuntu 13.04 日本語Remixをインストール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166327/57306481

この記事へのトラックバック一覧です: Ubuntuでモニターの解像度がおかしくなる:

« 逆風の中でも売れるパソコンとは | トップページ | ubuntu 13.04 日本語Remixをインストール »