« 備えあれば憂いなしのはずが | トップページ | Raspberry Pi のEben Uptonさんの話を聴いてきた »

2013年5月25日 (土)

PCもクラウドでサクサク

日経BP社のWebサイトの一つである「PC online」は、PCに関するコラムが豊富で、メールマガジンを登録してほぼ毎日チェックしています。少し前のコラムになりますが、青木恵美さんという方が連載している「信州ITラプソディ」というコラムに面白い記事がありました。

青木さんが使用しているThinkPad X200の無線LANが突如不調になり、対策のためにBIOSをいじったりしてもラチが開かず、思い切ってPCを初期状態にリストアしたとのこと。バックアップ取ったり、リストアにに膨大な時間を費やしたりしたそうです。苦労してリストアしたあとで、無線LANがつながらなかった原因がわかり、それがオチになっているのですが、それは記事を読んでいただくとして、リストアしたおかげでPCがすっきりし、サクサクと動作するようになったそうです。そこで、バックアップしたアプリやファイルをPCに戻すのではなく、クラウドやWEBの利用を中心に利用方法を転換することにしたそうです。メールもThunderbirdからGoogleのGmailに変更し、マイドキュメントのファイルはDropBoxに保管するようにしたそうです。サブのPCだからiTunesはインストールしないことで、ほとんどのアプリとデータが、PCに戻すことなく利用できるようになったようです。

このやり方、これから増えてゆくでしょうね。タブレットやスマートフォンなど、個人が持つ端末の種類と台数が増えてきて、いつでもどの端末からでも情報にアクセスできる、というのが求められるようになっています。データボリュームが大量でなければ、クラウドに置いておけば端末が変わっても手軽に取り出せます。私がモバイルに使っているネットブックのhp mini2140もホームディレクトリは基本的には空っぽです。メールはWebメールを利用してますし、普段利用するファイルはDropBoxに置いているので、外出先で使っても問題ありません。おかげで、Atom N270、2GBメモリという非力なパワーでも動きはそんなに悪くありません。それを突き詰めたデバイスが先日も書いたChromeBookと思います。

Googleが定額制の音楽配信サービスを開始するニュースが流れました。音楽の提供方法は、アナログレコードからCD、そしてiTunesなどからダウンロードと劇的な変化が何度かありましたが、定額配信のサービスもそれらに匹敵するようなインパクトを持っていると思います。この方式が定着すると手元のデバイスにデータ(楽曲)がなくても音楽が楽しめることになります。ただ、私の場合、iTunesのフォルダーに音楽データだけで110GBも使っているので、これらの音楽資産の管理が今後の課題になりそうです。

クラウドやWebを利用した新しいPCの使い方が普通になって、さらにクラウドが、より低コストで容易に使えるようになれば、PCに求められるスペックも変わってくるかも知れませんね。

|

« 備えあれば憂いなしのはずが | トップページ | Raspberry Pi のEben Uptonさんの話を聴いてきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166327/57454171

この記事へのトラックバック一覧です: PCもクラウドでサクサク:

« 備えあれば憂いなしのはずが | トップページ | Raspberry Pi のEben Uptonさんの話を聴いてきた »