« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月27日 (土)

逆風の中でも売れるパソコンとは

パソコン市場の低迷が顕著になって来ました。IDCジャパンの予測によると2013年のパソコンの国内市場規模は1兆5800億円で、これは、スマートフォンの市場1兆5300億円をわずかに上回っています。スマートフォンは昨年比9%増で、14年も伸びると予測していますが、一方のパソコンは12%減となり、2014年には、パソコン市場とスマートフォン市場規模は逆転し、以降は格差が開く見通しです(スマートフォンの伸長もいつかは飽和するでしょうが)  パソコンとスマートフォンの市場を比較するのは乱暴かも知れませんが、ネットにつながるデバイスという意味では同じですね。

直近のパソコンの販売状況から判断すると、2012年に発売されたWindows8の効果は期待ほどではなかったようです。消費者の目がスマートフォンやタブレットに移っているのでしょうか。そんな中、マイクロソフトはWindows 8を搭載する小型(Surfaceより小型の7インチクラスか?)タブレットの市場投入を計画しているとの報道がありました。マイクロソフトも対象をパソコンだけに限定せず、搭載端末の幅を広げ、Windows8の普及と端末メーカーの後押しを考えているようですね。

パソコンにとっては逆風が吹く中、それでも売れるパソコンとはどのような特徴を持っているのでしょうか。ひとつ思い当たるのがPanasonicのLet's Noteシリーズです。堅牢な筐体、豊富なインターフェースを有し、ビジネスマン御用達のモバイルパソコンとしての地位を揺るぎないものとしています。値段は高いのですがそれでも売れる「何か」があるのですね。確かに新幹線の中や、セミナー会場などで目にする確率は高いです。このような個性的なパソコンが各社から発売されると、パソコン市場ももう少し活性化するかも知れません。軽さを徹底的に追求したNECのLavie Zも魅力的ですね。あるいは、高解像度のdynabook KIRA V832など、メーカーの本気度が伝わってきそうな製品は価格的には少し高いですが、一定の購買に結びついているような気がします。ただ、懸念として、これらのパソコンは日本国内市場だけが販売対象であり、グローバル市場では受け入れられないのかも知れません。コモデティ化したパソコンに強烈な個性をもたせるのは大変かも知れません。一歩間違えば「キワモノ」や「ガラパゴス」になってしまうかも知れません。パソコン自体がスマートフォンやタブレットに完全に起き変わってしまうものではありません。これまでの「何でもパソコンで」という使い方から「パソコンにしかできない」ことを徹底的に極め、新たなパソコン需要を生み出して欲しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月20日 (土)

Raspberry Piで遊べるようになりたい

日経Linux 5月号に小型のARM搭載ボードのRaspberry PiとWandboardの記事がありました。Raspberry Piはその価格の安さ(TypeA:25ドル、TypeB:35ドル)から人気が高まり、昨年の発売当初は注文してもなかなか入手できない状況でした。品薄状況も改善し、日本でも多くの人が入手するようになり、応用例がブログなどで紹介されています。YOUTUBEでRaspberry Piで検索すると、海外の事例ですが、紹介動画も結構あります。(例えばこれ)

WandboardはRaspberry Piよりも一回り大きく、性能もRaspberry Piを上回リます。価格はタイプにより、9,500円と11,500円となっています。記事では、これにUbuntu12.10をインストールする事例が紹介されています。

こういうのを見ると、試してみたくてムズムズしてくるのですが、私の力量では難しいところがあります。かつて、日経Linuxに同様のBeagleBoardの紹介記事が掲載されていたときは、周辺機器の情報や、ubuntuの導入まで丁寧な解説があったので、自分にも手が出せるかもしれないと注文し、実際にubuntuを導入するところまでこぎつけることができました。でも、そこから先の使い方が見つけられず、結局、BeagleBoardにOSをインストールする、という過程を楽しむ(苦労する?)のにとどまってしまいました。その後、CuBoxという超小型の機器にも手を出しましたが、結局使いこなせずに終わりました。

という事で、今回はまだRaspberry Piに手が出せていません。日経Linuxの記事を読むと、それなりに手間が掛かりそうです。これらのボードを自由に使いこなせればなどと夢想するのですが、知識がないなので、記事を読んで、我慢するしかなさそうです。これらの機器を使いこなせる人を羨ましく思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月13日 (土)

Netvibesと格闘中

今年の11月1日をもってGoogleの情報ポータルである、iGoogleのサービスが終了するという事が昨年発表され、ひどくショックを受けたと同時に、サービスが終了したらどうしようと考えていました。なにせ、PCを利用しているときに、最もよく表示しているのがiGoogleです。私の場合、RSSは利用せず、提供されているガジェットを配置してボータルとしています。以下がそのガジェットの内容です。

  • Googleカレンダー
  • 日付と時刻
  • 株価
  • 為替情報
  • 日経ニュース
  • 勤務先に関するニュース
  • Googleトップニュース
  • yahooピンポイント天気予報
  • Google乗り換え案内
  • Google Map
  • goo辞書

これだけの最新の情報がブラウザーのホーム画面を表示すれば一覧できるのですから非常に便利です。
特に、Googleカレンダーでは、当面の予定がカレンダーの下に表示されるので、TO DOリストにもなり、重宝していました。
なぜ、こんなに便利なサービスを終了するのかとぷんぷん怒っていたのですが、Googleもモバイル化の波の中でサービスの整理が必要になったのかも知れません。当初は、終了まであと1年以上あるや、とのんびりと構えていたのですが、そろそろ代替サービスを探そうか、と思い始めました。ネットで色々と調べたのですが、これが最適、というのはあまり無さそうです。その中で、いくつかの記事で取り上げられていたのがNetvibesです。これは、フランス製のDashboard機能を有するアプリで、iGoogleの代替性が高い、とありましたので、試しに無償版を導入してみました。サインインはFacebookのアカウントが利用できるので、それを利用しました。日本語も使えます。まだ、試行錯誤中で十分に使いこなせているとは言えないのですが、印象としては、iGoogleほど多くのガジェット(Netvibesではウィジットと言ってます)はありません。また、Google ニュースなどの更新頻度も高くないようです。iGoogleのような多彩なサービスの利用は難しそうです。でも、他に替りがないなら、なんとか使いこなすしかないかな、といろいろとカスタマイズを試行錯誤しています。(画像はNetvibesのイメージです)
Netvibes_screenshot
あまりに使い勝手が悪いようだと「素」のGoogleをポータルにして、ブックマークで対応するのもありかと思いつつ、今はNetvibesのカスタマイズを色々と試しているところです。ああ、それにしても、iGoogleのサービス終了は痛いなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 6日 (土)

LPIC Level1に再挑戦

私はLinuxの技術者認定であるLPIC Level1(最も簡単なレベル)を取得していますが、その資格の認定(有意性)の期間が5年間で、私の場合、2014年2月で切れます。仕事でLinuxを使っているわけではないので、切れたところで問題もないのですが、せっかく取得したのだから何とか保持したいなあと思っています。

有意性を維持するためには、再度受験をして合格する必要があります。この機会にステップアップしてLevel2を取得するというのがまっとうな技術者への道ですが、私の場合、Level1の知識すらどんどん記憶から抜け落ちているので、Level1からやり直したほうが良さそうです。ということで、前回受験した4年前とは試験範囲が異なっていますので、あらたにテキスト(チョコ本または茶本と呼ばれているやつ)を購入して読み始めました。いやー、忘れています。すっかりと。断片的な知識は残っていますが、コマンドのオプションなどは、覚えるしかないので、ほとんどゼロスタートに近いです。この年になって暗記物は厳しいです。と言いつつ、記憶力の衰えを嘆きながらぼつぼつと学習を進めています。前回までの記事でVirtualBoxにCentOSをインストールしたのもRedHat系のコマンドを試すためです。(準備するだけで随分と時間を消費してしまいましたが)

暗記と言えばiPhoneで使える暗記ソフトを使ってみる事にしました。ネットで調べるとこの手のアプリは結構たくさんありました。どれがいいかよくわからなかったですが、私は「i暗記」というアプリの無償版を導入してみました。このアプリはカードの表と裏を使う感じで、私の場合、表には問題に相当するコマンドの説明を入力し、裏には回答のコマンドを入力します。単語カードと同じですね。入力はPCのweb上でで行い、入力後iPhoneにインポートします。最初は使い方がわからず少し戸惑いましたが、正解のカードと不正解のカードを所定の場所に移動すれば次に利用するときは不正解のカードから出題されるという機能があります。このアプリで苦手の暗記が克服できるか、とにかくやるしかないですね。

Iscreenshot

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »