« 「デジタルネイティブの時代」を読んで | トップページ | 1年後には何が起きているのか »

2013年2月23日 (土)

Slax を試す

久しぶりにubuntu以外のディストリビューションを試してみました。Slax 7.0.5で、日経Linux3月号で紹介されていたので興味を覚えました。Slaxは軽量のSlackwareがベースになっています。今回のSlax 7.0.5はデスクトップ環境がKDE SC 7.9.5でウェブブラウザーはFirefox18.0.1が採用されています。ファイルサイズは220MB程度でコンパクトです。USBメモリ、CDにインストールでき、ライブ起動できます。また、日本語対応もされています。Slax 7.0.5のダウンロードサイト(http://slax.org/en/download.php)には、様々な言語対応した、CDイメージとUSBメモリ用のzipファイルの32ビット版と64ビット版が準備されています。

私は、日経Linuxの記事を読み、この中から、日本語対応のUSBメモリ用の32ビット版のzipファイル(slax-Japanese-7.0.5-i486.zip)をダウンロードしました。zipファイルを展開して、その中の「slax」ディレクトリーをUSBメモリにコピーしました。USBメモリーにOSをインストールするには、「slax」ディレクトリ内にある「bootinst.sh」をlinuxマシンで実行すれば良いのですが、私はubuntuで実行しましたが、なぜか実行した途端、端末の画面がひゅーっと消えてしまいます。(原因不明です)。仕方がないので、Windowsから「bootinst.bat」を実行しました。こちらは、実行するとHDDが見つからないとメッセージが出ますが、USB内へのインストールは済んでいて(あっという間に終わります)、これでライブUSBメモリが完成です。USBメモリーからPCを起動すると無事Slaxが立ち上がります。

Slax705_2

私は、KDEに不慣れなのですが、なかなかスマートなデスクトップです。時刻も日本の時刻に合っています。動画も音声も問題なく再生されます。ただ、さすがに軽量なので、アプリケーションは、それほど多くは入っていはいません。あらかじめデスクトップ上に「ソフトウェアセンター」というアイコンが表示されていて、ここからアプリがダウンロード・インストールできるようなんですが、「すべてのモジュール」というタブを開くと、「すべてのモジュールとインターフェースを取るからこのまま待っててね」というようなメッセージが出ますが、そのまま何の変化もありません。という事で、色々とアプリを入れるのは、自力で行う必要があります。

あと、メインのhpのデスクトップマシンでは問題なく起動したのですが、サブのDell Inspiron 5150では、画面の表示がおかしく、画面下部のツールバーや、アプリのアイコンが表示されません。それらしいところをクリックするとアプリが起動するのですが、これでは常用はできません。ホントは、Dellのマシンで使いたかったのですが。。。それともうひとつ、日本語の表示は全く問題ないのですが、日本語入力ができません。こちらはいかんともしがたく、どなたか奇特な方が、日本語入力対応できるようにしていただければうれしいのですが。(以前のバージョンでは、ライブCDの部屋さんが日本語化を行なっておられたようです)という事で、webブラウジングなら問題なく使えるのですが、ガンガンアプリを追加したり、日本語入力できるようにするには私の力ではちょっと無理で、ライブUSBは当面Knoppixのほうが便利なようです。

|

« 「デジタルネイティブの時代」を読んで | トップページ | 1年後には何が起きているのか »

コメント

日本語入力できます!
porteus2.0の日本語化ファイル群の日本語入力システムを拝借します。説明は長くなりますので私のURLの最下に載せました。

http://www11.ocn.ne.jp/~ksoft/ubuntu.html

porteusとslaxはベースが同じなのでできました。

投稿: Kouji Tanaka | 2013年3月13日 (水) 22時09分

Slax 7.0.5 でも日本語入力できます!
porteus 2.0 の日本語化ファイル群の日本語入力システムを拝借します。説明は長くなりますので私のURLの最下に載せました。
http://www11.ocn.ne.jp/~ksoft/ubuntu.html
porteusとslaxはベースが同じなのでできます。

投稿: Kouji Tanaka | 2013年3月13日 (水) 22時44分

Kouji Tanakaさん

貴重なコメントありがとうございました。
早速試してみたところ、無事Anthyが起動しました!
色々と技があるものですね。
これでSlaxをガンガン使う環境が整いました。

投稿: TAT | 2013年3月14日 (木) 20時51分

Slax 7.0.8 専門ホームページ開設しました!
http://www11.ocn.ne.jp/~ksoft/slax.html
役に立ちますよ!見てください!

投稿: Kouji Tanaka | 2013年3月20日 (水) 15時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166327/56821940

この記事へのトラックバック一覧です: Slax を試す:

« 「デジタルネイティブの時代」を読んで | トップページ | 1年後には何が起きているのか »