« 7インチタブレットの台頭 | トップページ | 2013年は何が起きるのだろう »

2012年12月29日 (土)

関西LibreOffice勉強会に参加してきました

12月22日、大阪で第2回関西LibreOffice勉強会が開催され、参加してきました。
LibereOfficeとは、オープンソースのオフィスソフトで、無償で利用でき、Microsoft Officeとの互換性も完全ではありませんが、あります。構成は

  • Writer(ワープロソフト、Microsoft Officeで言うとWord相当)
  • Calc(表計算ソフト、Excel相当)
  • Impress(プレゼンテーションソフト、PowerPoint相当)
  • Draw(描画ソフト、WordやExcellに同梱)
  • Base(データベースソフト、Access相当ではあるが、互換性はあまりない)
  • Math(数式エディタ、WordやExcellに同梱)

から成り立っています。利用できるOSはWindows、Mac、Linuxと幅広く使えるようになっています。ubuntuでは標準で搭載されています。私もubuntuで、Microsoft Officeの文書を閲覧するときなどに利用しています。

Windowsのシェアが圧倒的に高く、ほぼ標準的にMicrosoft Officeがインストールされている企業などが多いため、認知度は低いと思いますが、それでも最近、コスト削減や、ドキュメントの標準化の観点から地方自治体や、一部の企業で導入事例が出てきています。勉強会では、JA福岡市の事例が紹介されていました。

勉強会の内容は

  1. LibreOfficeコミュニティ動向・LibreOffice4.0に向けて(榎さん)
  2. LibreOfficeのインストールを一からはじめよう!!(宗近さん)
  3. クエリでBase入門(那谷さん)
  4. 数式を含んだ文書を作成する ~ 数式エディタと Dmaths Extension の利用方法(近藤さん)

というもので、初心者から、かなりディープな使い方をする人たちまでが対象と思われる盛りだくさんの内容となっていました。

個々の詳細は割愛しますが、LIbreOfficeも半年ごとのバージョンアップで進化していること。それでも、まだ解決すべきことがあることが、発表から読み取れました。コミュニティー自体、それほど多くの人が関わっているわけではないと思いますので、地道にLibreOfficeの進化と普及に尽力されている方々の努力に敬意を表します。

Kansailibreoffice2

|

« 7インチタブレットの台頭 | トップページ | 2013年は何が起きるのだろう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166327/56415637

この記事へのトラックバック一覧です: 関西LibreOffice勉強会に参加してきました:

« 7インチタブレットの台頭 | トップページ | 2013年は何が起きるのだろう »