« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月24日 (土)

Windows 7 更新プログラムのインストールが終わらない!

先日、久しぶりに起動したWindows7を終了しようとすると、更新プログラムのインストール画面になりました。よくあることなので、インストール終了までそのままにしておこうとしましたが、なぜか18個中14個目の所で延々とインストールを続けています。2時間ほど放置していても、一向に終わりません。最初は頻繁にHDDのアクセスランプが点滅していましたが、だんだんとそれも無くなって来ました。さすがにおかしいと思い、別のPCからインターネットで調べてみると、結構この手のトラブルはあるみたいで、色々と書き込みがありました。絶対に電源を切るな、というものもあれば、強制終了する、というのありました。その中で、HDDにアクセスしていなければ強制終了するというのが現実的と考え、この方法を取ることにしました。「電源を切らないでください」と表示されているところを無理やり電源を落とすのはちょっと勇気がいりますが、HDDへのアクセスもまれにしかありません。これしかない、と思い、電源ボタンを長押しし電源を落としました。

再び電源投入したところ、「セーフモードで起動するか」と聞いて来ましたが、そのまま通常モードで起動して見ることにしました。そうするとWindowsが起動し、起動時の更新を始め、一度自動で再起動したあと、Windows7の画面が表示され、「Windows更新プログラムの構成中」のあと、ログイン画面が表示されました。どうやら起動はうまく行ったようです。そこで、スタートボタンの「すべてのプログラム」から「Windows Update」を選択しました。「更新履歴を表示します」という選択があるので、クリックすると、その日の更新はすべて「成功」になっていて、「失敗」はありませんでした。そこで、残りの更新をするために、「更新プログラムのインストール」ボタンを押すと18個中15個目のインストールが開始されました。すべての更新が完了し、再起動すると無事Windows 7が起動しました。

初めての経験だったので、ちょっとおっかなびっくりでしたが、こういうこともあるんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月17日 (土)

iPad miniを使ってみて

発売日に購入したiPad miniですが、その後2週間ほど使ってみて、今では手放せないデバイスになっています。私の利用シーンは、電車での移動時と休日の散歩の時のカフェでの休息時の利用が主です。あと、自宅で電子書籍の購読とネットで調べ物をしたいときにさっと使えるデバイスとしても使っています。外出時はWi-Maxルータとセットで持ち歩いています。その薄さ、軽さからほとんど持っていることを感じさせませんが、ポケットには入らないので電車が混雑している時のカバンの出し入れや、利用はちょっとキツイです。電車がすいているときは便利に使えます。先日、出張で新幹線を利用した時は、とても快適に利用することができました。特に、新大阪ー東京間はN700の車両であれば無線LANが使えますので、一層便利です。電池の消耗もiPhoneほど激しくありませんので、日帰りの新幹線の往復(東京-新大阪)でも余裕です。

利用用途は主にインターネットの閲覧、SNSの利用、電子書籍の購読です。私は、日経新聞の電子版を購読していますが、出かける時に朝刊の紙面を一括ダウンロードしておくと、無線LANが使えない地下鉄の利用時間が長い私でも新聞が読めます。iPad miniを購入した時に、アップルストアのスタッフの人が言っていたのですが、Wi-Fiのスピードが早く、アクセスやダウンロードが素早くできるのがありがたいです。

アプリは、それほど多くインストールしていません。SNSの「フェイスブック」「ツイッター」、ストレージの「Drop Box」「Pogo Plug」、電子書籍リーダーの「Kindle」「neo文庫(青空文庫用)」、天気予報の「気象ライブ」などです。テキストエディターは「Byword」です。また、地図アプリは「Google Map」を利用しています。このあたりはiPhoneと共通です。このうち、電子書籍リーダーの「Kindle」はiOSでは、電子書籍を購入する機能がありませんのでandroid端末で購入し、iPadで読む形を取っています。でも、なぜか購入した書籍がiPad miniのクラウドに表示されません。my Kindleで、iPad miniの端末登録を一旦解除し、iPad miniから再登録をすると表示をされるようになります。また、Pogo Plugも、外付けのHDDをうまく認識してくれないことがあります。このあたりのクラウド周りの仕組みが今一つよく理解できていません。
あと、テキストエディターのBywordで作成したドキュメントを削除したり、移動させたりする方法がよくわかりません。これに関してはandroidのテキストエディタ「Jota Text Editor」とファイル管理アプリ「Astro」の組み合わせの方が使い勝手の良い気がします。(私が使い方を知らないだけかもしれません)

それ以外は、至極満足して使っています。何より薄くて軽くて、画面が美しいことが使う喜びを与えてくれます。私の場合、9.7インチのiPadを利用していないので、比較はできませんが、上記の使い方であればiPad miniで充分な気がします。iPad miniを使用するようになって、iPhoneの利用頻度がだいぶ減りました。最近は7インチクラスのタブレットが注目を集めるようになってきましたが、このサイズのタブレットがなぜ人気があるのか、また改めて考えてみることにしたいと思います。

追記
テキストエディタの「Byword」でのドキュメントの削除方法が分からないと書きましたが、インターネットで調べても分からず、サポートに問い合わせて方法が分かりましたので、備忘のために記しておきます。

Img_0007

Bywordで文書の一覧が表示されている画面で削除したいドキュメントを左スワイプします。

Img_0008

そうすると削除オプションが表示されますので、それをタップすれば削除されます。

それ以外の使い方は以下のリンクが参考になります。Bywordは機能が画面には表示されていずひっそりと隠されているようです。

[iPhone, iPad] Byword: シンプルさと機能性が見事に調和。iCloud/Dropbox 対応のテキストエディタ。

[iPhone, iPad] Byword: 美しすぎるMarkdown記法対応エディタ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月10日 (土)

ubuntu 12.10のインストール

10月18日にリリースされたubuntu 12.10の日本語Remixがリリースされたので、インストールしました。実はubuntu 12.04LTSが割と気に入っていたので、このままずっと使い続けようかとちょっと迷ったのですが好奇心には勝てませんでした。今回のバージョンはISOイメージが850MBあり、CDにはおさまりません。USBメモリーに入れる方法があるそうですが、やり方がわからなかったので、DVDに焼きました。

まずはメインで使っているHPのデスクトップ、HP Pavilion Vです。これは外付けのSSDにインストールして、Windows 7とデュアルブートしています。今回も、そのやり方で、SSDに/homeは別パーティションに割付けて/homeだけは初期化せずにインストールしました。インストール自体は特に問題なく終了して、再起動すると無事12.10が起動しました。その後、追加のアプリのインストールや設定で、いつものこととは言え、ちょっと手間がかかリます。それも終わり、無事動くようになりました。ただ、プリンター(CANON MP600)のドライバーを再度入れたのですが、うまく動作しませんでした。プリンタは認識しているのですが、実際に印刷を実行しても出力されません。11.10と12.04ではちゃんと動いたので、設定を誤ったのか、12.10では動作しない何らかの要因があるのか。プリンタを使う頻度は少ないので、おいおい調べて見ることにします。あと、compizの設定が変わったのか3Dデスクトップなどの視覚効果の設定の方法が良くわかりません。どうしても必要というわけではないのですが。

次にnetbookのHP mini2140にインストールしました。こちらもインストール自体は問題なく終わりましたが、無線LANが使えません。これはプリンター以上に深刻です。無線LANが使えなければ、netbookとしての利用価値はなくなります。12.04では問題なかったよな、と思いつつ、ライブCDで12.04を起動してみると、「制限付きのドライバー」という表示が出て、「Broadcom STA 無線ドライバー」のインストールを促されました。うーん、そうだった、という事で、12.10に戻り、色々と試してみてもドライバーのインストール方法が分かりません。ちょっと焦ってネットであちこち調べてみると、12.10からハードウェアのドライバーのインストール方法が変わり、「システム設定」の「ソフトウェアソース」に「追加のドライバー」項目があることをようやく探し当てました。これでドライバーをインストールして無事に無線LANがつながりました。この情報ががなければどうしようもないところでした。インターネットは今更ながらありがたいです。

最後は最大の難関(?)のAcerのPower 2000です。この機種は前回の12.04のクリーンインストールがうまく行かず、やむなく11.10からアップデートマネージャでアップデートした経緯があります。今回、アップデートに当たっては、クリーンインストールするか、アップデートにするか迷うところです。結局、ライブDVDからのインストールで、「インストールの種類」のところで、慎重を期してubuntu 12.04と併存してインストールするオプションを選択しました。すると、パーティションを分割して、一方のパーティションにubuntu 12.10をインストール開始したようです。今回のバージョンでは、インストールは問題なく行われ、無事12.10が起動しました。ところで、ubuntuのインストーラーで、「インストールの種類」の画面が毎回変わっています。パーティションの設定とか、いろいろと気を使う箇所なので、どれを選ぶか毎回神経を使います。

12.10をしばらく使ってみましたが、Dashで検索するとキーワードによっては「その他の提案」として、amazonの商品が表示されます。結構うざいです。表示をしたくなければ、「システム設定」→「プライバシー」で「Dashで検索するときオンライン結果を含める」をオフにすれば表示されなくなります。それとアプリの起動が少し遅くなったような気がします。だんだんと重くなってきたのかな。そうなると、最新ではない、これらのPCでは少し荷が重くなってきたのかもしれません。うーむ、今から12.04に戻す気はありませんが、どこまで今のハードウェア環境で使い続けられるか、ちょっと気がかりです。と言うことで、ちょっと気になるところを残しながらも、今回の12.10のインストールは大きな混乱なく、無事終えることができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 3日 (土)

iPad miniを速攻で買う

10月23日の発表前後から、iPad miniの記事をあちこちで目にするようになって、いよいよ11月2日に発売となりました。発売日の朝はそれほど行列にもならなかったようです。当日、私は所要で外出し、そのまま帰宅予定でしたが、外出先がたまたまアップルストアの近くでした。気になるiPadの現物をを少し触ってみようと思いたって、アップルストアに行きました。夕方で、会社帰りの人が立ち寄る時間帯でしたが、ごった返すほどの人混みではなく、私も比較的すぐにiPad miniの実物を触ってみることができました。第1印象は、思ったより大きくて軽いことでした。手の小さな私でもなんとかiPad miniの両端をつかむことができますが、片手でタイプしたりは無理です。本体の左下をつまむようにもって、右手の指で操作するのが楽なようです。液晶はRetina displayでないことが話題になっていますが、十分にきれいに見ることができます。軽さと薄さは言われたとおりで、そばにあったiPadと比較するととても軽く感じました。それほど混雑していなかったので、写真、地図、インターネット、メモ帳での文字入力などじっくりと触ることができました。で、欲しくなりました。液晶の美しさに惹かれたのが最大の要因と思います。対抗馬のNexus 7は現物を見ていませんが、iPhoneと操作体系が似ているiPad miniが何としても欲しくなってしまいました。

となると、また店に来て買う手間を考えるといっそ買ってしまえ、という事で店員さんに在庫を確認すると私の欲しい32GBモデルは黒ならまだあるとのこと。そのままレジに並んで、あっけなく購入してしまいました。あはは。発売日に思いついて、買ってしまうなどというのは究極の衝動買いかもしれません。カバーも一緒に購入し、初期設定もついでにお願いをしました。Apple IDがあれば、簡単に初期設定ができ、すぐに利用できるようになりました。スタッフの方から、ちょっとした便利な使い方など聞き、無事iPad miniは私のものになりました。

iPad miniの機能は様々なところで紹介されていますのでここでは書きませんが、私の場合、iPad miniにより、ライフスタイルをどのように変えるのか考える必要がありそうです。この大きさですと外出時に携行することが前提です。年のせいか、iPhoneの小さな文字が見えにくくなってきたこともiPad miniの購入を決断した一つですので、電車の中などで利用したいな、と思いますが、鞄から取り出し、Wimaxルーターを入れて使用する、という事になるのでしょうね。今の鞄の構造がすっと開けてすっと取り出せるようにはなっていないので、違う鞄を用意する必要があるかもしれません。また、休日の散歩の時は、NECのLifeTouch Noteを携行していましたが、これも、長めのテキスト入力をする予定のないときにはiPad miniに置き換わります。画面の見やすさを考えると、Life Touch Noteとは全く勝負になりません。ということで、Life Touch Noteにはお疲れ様、と言いたいです。でも、テキスト入力用にはまだまだ現役で頑張ってもらうつもりです。

あと、来月には入荷する予定のKindle Paperwhiteとの使い分けも必要ですね。キーボード好きの私が、一気にタブレット所有者になり、生活がどう変わるか、ちょっと楽しみです。

Ipadmini

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »