« Goolgeドライブその後 | トップページ | NEXUS 7 or iPad mini? »

2012年10月 6日 (土)

camera+を使う

今更言うまでもありませんが、スマートフォンはカメラとしても有用なデバイスです。光学ズームやフラッシュがないなど、専用のカメラと比較すると弱点もありますが、スマートフォンはいつも持ち歩いているので、どんな時にでもすぐに撮影できて重宝します。作例写真などをみると、中にはこれって本当にスマートフォンで撮影したの?と言えるような美しい作品があります。私の使っているiPhone4Sはワイドレンズが搭載されていて、被写体に相当近づいてもピントが合ってくれます。ISO感度なども自動で調整してくれるようで、実に便利です。
更に、スマートフォンのカメラ機能の有用性を高めているのはカメラアプリが使えるという点です。撮った写真を雰囲気に応じて編集・加工するのもなかなか楽しいものです。私はiPhone用のカメラアプリの「camera+」を使っています。使い方は下記を参照していただくとして、いろいろと加工(フィルターをかける)してみると面白いものです。

純正カメラアプリを超える多機能カメラアプリ「Camera+」。撮影から編集まで。

フィルターの最近のお気に入りは、画像にメリハリをつけてくれる「Clarify」です。コントラストが強調され、写真と言うより絵のようになります。

camera+は、フィルターだけではなく、撮影時、ピントを合わせる位置や露出を合わせる位置を設定できます。また、撮影後、画像の傾きや回転を調整する機能もあります。手間をかけるなら、撮影時に、ピント位置と露出をしっかりと調整をして、あとはサイズなどを調整してフィルターで雰囲気を出す、と言った使い方ができます。

使ってみて、iPhoneの画面では、小さくてフィルターの効果がよく見えない点が残念です。iPadなら十分でしょうが、iPhoneで撮影した画像を手軽に加工するとなるとiPhoneのカメラアプリを使うことになります。

昔のカメラ小僧としては、撮影後に写真に色々と手を加えるのは抵抗を感じないわけではありませんが、これはこれで割りきって使えば楽しいものですね。

Normal_small_2
normal

Clarify_small
Clarify

Soemo_small
So Emo

Sepia_small
sepia

|

« Goolgeドライブその後 | トップページ | NEXUS 7 or iPad mini? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166327/55825144

この記事へのトラックバック一覧です: camera+を使う:

« Goolgeドライブその後 | トップページ | NEXUS 7 or iPad mini? »