« GoolgeドライブとInsync | トップページ | camera+を使う »

2012年9月29日 (土)

Goolgeドライブその後

前回、ubuntuでもGoogleドライブが使用できたと書きましたが、認識不足があったので補足します。ubuntuでの動作確認後、WindowsでChromeからGoogleドライブにアクセスすると、「Goolgeドライブをダウンロード」という表示が出てきます。これをダウンロードしてインストールすると、ローカルでもGoogleドライブが利用できるようになります。DropBoxと同じ感覚ですね。このように、プログラムをインストールして、ローカルでも利用できるOSとして、Windows,Mac,android,iOSがあります。Linux用のプログラムはありません。だからLinuxは対応しない、というように理解したのですね。でも、WEBで使う分には、Linux(ubuntu)でもOKでした。と言うことで、私は従来通り、ubuntuでWEBベースのGoogleドライブを使うことにします。

ところで、WindowsのローカルからGoogleドライブを表示して、Googleドキュメント形式のファイルを閲覧しようとするとえらく時間がかかることがあります。このあたりは改善してほしいところです。だからInsyncが注目されているのでしょう。

それとandroid端末のNEC LifTouch NOTEでもGoolgleドライブを確認してみました。「ドライブ」アプリを起動するとファイルの一覧が表示されます。タイトル順に並んでいて、更新日順に並べ替えられないのがちょっと残念です。ファイルの起動はまあまあです。文書ファイルは閲覧モードで開き、画面を長押しすると編集モードに切り替えるアイコンが出てきます。簡単な編集ならできそうです。

こういうクラウドドライブを試すたびに思うのですが、DropBoxというのは良くできていますね。どんなOSでも対応していて、しかもストレスを全然感じません。これで無料での利用可能容量が増えてくれれば最高なんですが。

Screenshot1
Windowsで起動するとダウンロードするか聞いてきます。

Screenshot2
Windowsのローカルでファイル表示をしたところ

|

« GoolgeドライブとInsync | トップページ | camera+を使う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166327/55770096

この記事へのトラックバック一覧です: Goolgeドライブその後:

« GoolgeドライブとInsync | トップページ | camera+を使う »