« CuBoxがやってきた | トップページ | Windowsマシンとたわむれる »

2012年6月16日 (土)

CuBoxの設定

ubuntu 10.04の起動を確認したCuBoxですが、どのように使うか迷っています。
まずは、日本語化をしてみようと、Ubuntu Japanese Teamのウェブサイトにある、日本語化の手順に沿ってコマンドを入力しましたが、エラーが出てしまいます。日本語化できないとなると超小型デスクトップPCとしては不向きです。まあ、もともと動作がもっさりしていて、たとえ日本語化できてもあまり実用的ではないので、超小型デスクトップPCとしての利用は一旦断念しました。

そこで次に、sshを使ってリモートで接続できるようにして、sambaでWindowsとのファイル共有ができるようにしてみることにしました。要はファイルサーバーにしようというものです。

sshはあらかじめインストールされていたので、CuBoxのIPアドレスを固定にして、他のubuntuマシンからsshでアクセスしたところ、問題なくアクセスできました。これで、CUIベースで利用できる環境は整いました。さすがに、CUIでは遅さは気になりません。ただ、最初にsshでCuBoxにアクセスした時に、膨大な量のアップデートの通知が。アップデートすることにより、不具合が出てくると嫌だなあ、思いつつ、つい性分ででアップデートをやっちゃいました。これは結構時間がかかりましたが、アップデート後の再起動も問題ありませんでした。

次は、sambaの導入です。sambaはインストールされていないので、

    apt-get install samba

で、インストールし、/etc/samba/smb.confファイルで最低限の設定を行い、sambaを起動したところ、windowsマシンから認識でき、アクセスできるようになりました。(最初はユーザー登録を忘れていて、パスワードが受け付けられず、ちょっと焦りましたが)。
よしよし、これで容量が大きめのコンパクトフラッシュを共有場所にでもして使おうかな、と思いながらその日の作業を終えました。

ところが、翌日、WindowsからCuBoxが認識されなくなってしまいました。何度か再起動をしたり、sambaの設定を確認したりしたのですが、認識されません。前日は見えていたCuBoxが日が替ると見えなくなるなんて不思議です。で、ログを見てみると、

    bind failed on port 139 socket_addr = 0.0.0.0.
    Error = Address already in use

と、あるのを見つけました。port 139はNet BIOSのポートです。
どうもこれが怪しそうです。で、このコメントでググってみると結構ヒットします。でも、解決策がよく分からない^^:複数のsambaを起動するとこのエラーが出るとかで、smbdを一度停止させて、再起動させるとかやってみましたが、効果はありません。

ということで現在、接続はできていません。うーん、これでは使いようがなくなってしまう。。。。なんでかなあ。

|

« CuBoxがやってきた | トップページ | Windowsマシンとたわむれる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166327/54977534

この記事へのトラックバック一覧です: CuBoxの設定:

« CuBoxがやってきた | トップページ | Windowsマシンとたわむれる »