« ubuntu12.04 インストール その2 | トップページ | そろそろ届くかなCuBox »

2012年5月19日 (土)

ubuntu 12.04 インストール その3

このところ、Ubuntu 12.04のインストールばかりしているような気がします^^;前々回、acer Power 2000にライブCDからクリーンインストールできないと書きましたが、その後、コメントをいただいたり、なんやかや試している内に、クリーインストールができてしまいました。

方法はとても簡単で、ライブCDの起動オプションでacpi=off をチェックするだけです。
具体的にはライブCDを起動した直後の紫色の画面で、画面下にユニバーサルアクセスのアイコンがでた段階でスペースキーを押します。すると起動オプションの画面が表示されるので、「F6 その他のオプション」を選択し、オプションの一覧が表示されたら一番上の「acpi=off」をEnterキーでチェックを入れ、Escキーで起動オプション選択画面に戻り、「インストールしないで試してみる」を選択し、Ubuntu12.04が起動したら、通常のインストールを行う、というものです。何故これでうまくいったかはわかりません。この対処方法と、当初苦労した「HDDの障害か、CDの汚れの問題」のエラーメッセージの関連もわかりません。ただ、Ubuntu日本語フォーラムにあった書き込みを参考に試してみたらうまくいったというだけです。相性問題でもあるのでしょうか。不思議です。

で、クリーンインストールしたUbuntu12.04ですが、解像度が少し変です。私のディスプレイは19インチのワイドタイプで1440x900が利用できるはずですが、表示されているのが1024x768です。Unityで「システム設定」から「ディスプレイ」を選択すると、解像度の選択肢として1440x900があります。早速これに変更したところ、ものすごい勢いで画面が横方向に流れ始め、何も見えません。仕方なく、強制終了し、何回か試してみましたが、症状は変わりません。特殊なビデオカードを使っているわけではなく、何より、11.10までは問題なく表示していました。1024x768の画面では何か間延びした感じで面白くありません。調べてみると、Ubuntu Japanese Wikiで「xrandr」というコマンドがあることを知りました。このコマンドを使って

  $ xrandr --output DVI1 --mode 1440x900

としたところ、画面が乱れることなく解像度の変更ができました。よかった。 (このコマンドのDVI1は私のPCにおける設定です)

Screenshot_from_20120513

ところで、xrandrコマンドはシャットダウンすると以前の状態に戻るようなので、設定ファイルに設定しておくことが必要ですが、それがよくわからず、自動起動するプログラムにこのコマンドを登録してしまいました^^;これでとりあえず、快適に使えるようになりました。

ライブCDの起動オプションといい、解像度の設定といい、色々と奥が深いですね。

|

« ubuntu12.04 インストール その2 | トップページ | そろそろ届くかなCuBox »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166327/54744297

この記事へのトラックバック一覧です: ubuntu 12.04 インストール その3:

« ubuntu12.04 インストール その2 | トップページ | そろそろ届くかなCuBox »