« linux mint 12 と virtualbox | トップページ | Raspberry Pi 日本で発売 »

2012年3月 3日 (土)

Let's note SXに注目!

PCの春モデルの発表、発売が盛んです。

私が注目しているのはパナソニックの「Let's note SX」です。Let's noteと言えばビジネス用途向けのタフなノートPCとして根強い人気があるようですが、そのLet's note発売15周年を機に新しいシリーズとして発売されたのがSX(光学ドライブがないのはNX)です。

特徴は12.1インチの画面で1600x900ドットの解像度。堅牢性を維持しながら旧モデルに対して大幅な薄型化を実現。重さは最軽量で1.12Kg。バッテリー駆動時間は最長で17時間とモバイルには最適なスペックとなっています。バッテリーパックとACアダプターも標準と小型軽量の2種類準備されているし。うーん、いいですね。個人用には国産のPCを使うことはこのところなかったのですが、これは興味深いです。しっかりしたノートPCがないので、これがあれば、モバイルにも、自宅でも最適なのでは、と思ってしまいます。しかし、値段を見ると、モデルにより異なりますが、20万円前後(プレミアム版だと28万円〜!)と、小遣いで買うにはちょっと高過ぎ。。。。

パナソニックは広告をばんばん出したり、相当に力を入れているようですが、相場が10万円前後になっている現在のノートPC市場で、この値段を払ってでも買う、と言う人がどれだけいるでしょう。でも、価格は上がっても高機能なノートPCを作ろうという姿勢は好感が持てます。
今の私のライフスタイルを考えると、モバイルで本格的に何かをする、と言うことはあまりないので、ネットブックのHP mini 2140で十分か。

いいなあ、と思いながら指をくわえて見ているか、時間が経過して安くなるのを待つか、LenovoのThinkPad X220あたりを物色してみるか、悩ましいですね。

|

« linux mint 12 と virtualbox | トップページ | Raspberry Pi 日本で発売 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166327/54128627

この記事へのトラックバック一覧です: Let's note SXに注目!:

« linux mint 12 と virtualbox | トップページ | Raspberry Pi 日本で発売 »