« KNOPPIX 6.7.1をUSBメモリにインストール | トップページ | Let's note SXに注目! »

2012年2月25日 (土)

linux mint 12 と virtualbox

UbuntuのUnityが使いにくい、という記事をちょくちょく見かけます。dashでの検索がアプリの名前を記憶しておかなければならないとか、タブレット利用を想定した没入型のUIは快適ではないとか色々と不満が出ているようです。そのせいか、ubuntuの派生で従来のGNOME(GNOME Shellではなく)を利用したlinux mintの人気が出ている、というのもよく目にします。私は、常時使うアプリはそれほど多くはなく、unityのランチャーに登録すればそのまま利用できるので、特に不便は感じていません。
でも、どれだけの人が不満を感じているのか詳細は分かりませんが、ubuntuの代わりに人気が出ているlinux mintがちょっと気になります。で、一度試してみることにしました。最初はLIVE版で試用してみましたが、少しとろいので仮想デスクトップにインストールすることにしました。以前、vmware playerを使って仮想デスクトップを作製していましたが、久しぶりの今回はvirtual boxを使ってみることにしました。どちらも個人レベルでデスクトップ環境を作る程度であれば、それほど難しいことはなさそうです。virtual boxのサイトに行き、該当するOS,プロセッサーを選択し、プログラムをダウンロードします。そのプログラムをホストOSにインストールし、仮想マシンを作れば、あとはゲストOSのインストールを行えばOKです。
で、日本語対応を済ませてあるlinux mint 12を「LIVE CDの部屋」さんからダウンロードして、仮想マシンにインストールしました。ゲストOSのメモリは512バイト、HDDは8GBを割り当てました。

詳しい手順はこちらを参考にさせてもらいました。

Oracle VM VirtualBoxでLinux Mint 12をインストール(VirtualBox設定編)

使ってみてのlinux mintの印象は、まずはデスクトップのデザインが気に入りました。クールですね。使用感はubuntuがベースなので、特に違和感を感じることはありませんでした。ubuntu 10.10を使っているような、、、。ま、webの閲覧やメールの確認に使う程度では、違いを云々するほどではないのでしょうが。

ubuntuベースのディストリビューションではあと、 pear OS(あるいはその後継のComice OS)と言うMacの真似っこみたいなのがあるようですね。(ちなみにpearと言うのは洋ナシという意味で、リンゴに対して洋ナシですか^^;)
どのディストリビューションを使うのかは好みの問題と思いますが、私としてはユーザー数が多く、使って安心のubuntuをあくまで使いたいと考えています。

あと、virtual boxは簡単と言いましたが、実は、最初virtual boxをインストールしたのは、サンドボックスとして利用しているDell Inspiron 5150でした。この機種は2004年に購入したもので、CPUはペンティアム4 (3.06GHz)、メモリは1GBでかなり古いものです。ここに仮想マシンとして、512MBを割り当てて、仮想マシンを作製したのですが、linux mintのインストールになんと6時間以上かかってしまい、何とか起動したものの、一つの処理に無限に時間がかかってしまいそうで、とても使い物になりませんでした(とほほ)非力なCPUとメモリを使って無謀なことはしてはいけないということですね。

Screenshot20120219_183027

|

« KNOPPIX 6.7.1をUSBメモリにインストール | トップページ | Let's note SXに注目! »

コメント

( ´,_ゝ`)ハイハイ

投稿: | 2013年4月13日 (土) 21時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166327/54069594

この記事へのトラックバック一覧です: linux mint 12 と virtualbox:

« KNOPPIX 6.7.1をUSBメモリにインストール | トップページ | Let's note SXに注目! »