« 2011年のデジタルライフを振り返って | トップページ | ubuntuとWimaxでマヌケをしてしまった »

2011年12月24日 (土)

「スティーブ・ジョブズ」を読みました

ベストセラーにもなった、「スティーブ・ジョブズ1,2)」(ウォルター・アイザックソン著、井口耕二訳、講談社)を読み終えました。私はアップルの製品はiPod以外は使っていないのですが、この本を読み、アップルの凄さを感じると同時にiTunes,iPod,iPhone,iPadなどのアップルの製品、サービスはスティーブ・ジョブズの存在なしにはこの世に存在していないか、あるいはもっと完成度の低い物になっていたのでは、と感じました。CEOが自社の製品の細部までこだわり、自らそのすばらしさを巧みにプレゼンテーションをする。しかもその会社というのは時価総額世界一の会社なんです。驚きです。経営戦略で言う「選択と集中」をまさに実践した会社といえるでしょう。

伝記を読み、スティーブ・ジョブズという人物がよい面だけでなく、特異な面も紹介されており、興味深いものがありました。自分の気にいるまで決して妥協をしない、気に入らなければ相手構わずくそみそにいうなどの激しい面が特に印象的です。もし、私が彼に会ったとしたら「お前はマヌケだ、くそ野郎だ」と言われるだろうな、と思うと、彼に激しく叱責されながらも素晴らしい製品を実現していったスタッフのすごさが改めて感じさせられます。

よくも悪くもアップルという会社(あるいは製品)はスティーブ・ジョブズの考え方を体現したものとの思いを強くするとともに、この先ジョブズなきアップルはどうなるか、気になります。彼の真似は誰にもできないと思いますが、彼のDNAを引き継ぎ、これからも独自の、業界の形を買えてしまうようなイノベーションを起こせるか興味深いところです。

余談ですが、我が家の愚息は就活に必要とフューチャフォンからiPhoneに乗り換え、iPhoneをすっかり気に入り、就職して自分用のPCを買うに当たってはiMacを買いました。アップルファンはこうして増えてゆくのだなあ、と実感した次第です。

|

« 2011年のデジタルライフを振り返って | トップページ | ubuntuとWimaxでマヌケをしてしまった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166327/53556004

この記事へのトラックバック一覧です: 「スティーブ・ジョブズ」を読みました:

« 2011年のデジタルライフを振り返って | トップページ | ubuntuとWimaxでマヌケをしてしまった »