« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月30日 (金)

ubuntuとWimaxでマヌケをしてしまった

asciiの「Ubuntu Magazine vol.6」を読んでいたら気になる記事を見つけました。「Ubuntu 11.10 最新FAQ50」のQuestion03にUbuntuではWimaxアダプタは基本的に動かない、というものでした。うんっ!?、私の使っているNECのAterm WM3500RはWimaxアダプタに該当するかどうかわからないが、ちゃんと繋がっているのに、と思いました。

念のために、無線LAN内蔵のPC(HP mini 2140,ThinkPad X40)を持ち出して試してみると、ありゃりゃ接続ポイントをなかなか認識してくれません。あれーっ、さっきの記事を読んだら繋がらなくなっちゃったよー。確かに繋がっていたのに、、、、と、USB接続で試すとちゃんと繋がってくれます。不思議だなあ、割り切れない気持ちでその日を終えました。

気になることが起きると何とかしなきゃ、と思うのがトホホ者の常、有線で繋がるからいいじゃないか、思うものの外出時にUSBケーブルを忘れたときの事を考えると面倒です。それ以来無線の接続の事が頭から離れなくなりました。

そうしているうちに「Ubuntu Magazine」の別のFAQ(Question35)ではモバイルルーターはNECのAterm WM3500Rがおすすめと書いてあるものですからますます混乱してしまいました。確かにAterm WM3500RはWimaxのモバイルルーターで、Wimaxアダプタじゃないよね、と思いつつ、繋がらない原因が機器にあるのか、別の理由なのかわからなくなってしまいました。

取り扱い説明書を改めて読み直したりしていたとき、ふと、あっ、このPC Ubuntu11.04から11.10にアップデートしたんだ、という事が頭をよぎりました。そうなんです、クリーンインストールしたのでWimaxの設定もリセットされているはずです。おまけに最初に暗号化キーを聞かれたときに、間違ったキーを入力したというマヌケの積み重ねで、認識できなかったようです。というわけで改めて暗号化キーを設定し直したら、、、、。繋がりました。

なんだか情けない話で1年の締めくくりとなりましたが、来年も相変わらずゆるゆるとデジタルライフを送りたいと思います。皆さま、どうぞよいお年を。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年12月24日 (土)

「スティーブ・ジョブズ」を読みました

ベストセラーにもなった、「スティーブ・ジョブズ1,2)」(ウォルター・アイザックソン著、井口耕二訳、講談社)を読み終えました。私はアップルの製品はiPod以外は使っていないのですが、この本を読み、アップルの凄さを感じると同時にiTunes,iPod,iPhone,iPadなどのアップルの製品、サービスはスティーブ・ジョブズの存在なしにはこの世に存在していないか、あるいはもっと完成度の低い物になっていたのでは、と感じました。CEOが自社の製品の細部までこだわり、自らそのすばらしさを巧みにプレゼンテーションをする。しかもその会社というのは時価総額世界一の会社なんです。驚きです。経営戦略で言う「選択と集中」をまさに実践した会社といえるでしょう。

伝記を読み、スティーブ・ジョブズという人物がよい面だけでなく、特異な面も紹介されており、興味深いものがありました。自分の気にいるまで決して妥協をしない、気に入らなければ相手構わずくそみそにいうなどの激しい面が特に印象的です。もし、私が彼に会ったとしたら「お前はマヌケだ、くそ野郎だ」と言われるだろうな、と思うと、彼に激しく叱責されながらも素晴らしい製品を実現していったスタッフのすごさが改めて感じさせられます。

よくも悪くもアップルという会社(あるいは製品)はスティーブ・ジョブズの考え方を体現したものとの思いを強くするとともに、この先ジョブズなきアップルはどうなるか、気になります。彼の真似は誰にもできないと思いますが、彼のDNAを引き継ぎ、これからも独自の、業界の形を買えてしまうようなイノベーションを起こせるか興味深いところです。

余談ですが、我が家の愚息は就活に必要とフューチャフォンからiPhoneに乗り換え、iPhoneをすっかり気に入り、就職して自分用のPCを買うに当たってはiMacを買いました。アップルファンはこうして増えてゆくのだなあ、と実感した次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月18日 (日)

2011年のデジタルライフを振り返って

2011年が終わろうとしています。今年も色々なことがありました。
東北大震災と原子力発電所事故など、暗いニュースの中でなでしこジャパンの活躍といった明るいニュースが少しだけあったのかなあ、と感じています。

翻って自分のデジタルライフを振り返ってみますと、あまり大きな変化はなかったと思います。転勤を伴う異動で7年ぶりに単身赴任生活から解放されましたが、単身赴任先で使用していたPCもそのまま持ち帰り、自宅にはやたら多くのPCが鎮座することになりました。

今年新しく買ったデジタルガジェットは、モバイルWIMAXルーターのAtermWM3500Rとandroid端末のLifeTouch Noteの二つです。共に、快適に利用しています。ブレイクしたスマートフォンには未だに手を出さずに我慢してます^^;
Twitterやfacebookが話題を集めていますが、今一つ活用できていません。
となると、このようなブログを書く資格はないかもしれませんが、ニュースなど、業界の動向だけはしっかりとウォッチして行きたいと思っています。
来年はスマホとタブレットの進化が進み、どのような製品が出てくるのか、楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月11日 (日)

Ubuntu Magazine Japan vol.6が出ました

アスキーから久しぶりに「Ubuntu Magazine  Japan」のvol.6が発行されました。vol.5が出て以来、ひっそりと姿を消してしまったのかな、と思っていましたが、しっかりと復刊しました。よかった、これからも継続して欲しいと思います。

Ubuntu Magazineでも大々的に紹介されていたUbuntu 11.10ですが、UI(ユーザーインターフェイス)として標準搭載されているUnityが使いにくいという評判が結構あるようです。確かにGnomeとはかなり異なっており、今までのGnomeを使い込んでいたユーザーに取っては、変なのになったなあ、という気持ちが出てくるのでは、と思います。UIはユーザーとの接点ですので、やたらと変更すると混乱を招く元になりそうです。私も仕事で使っているマイクロソフトOfficeがリボン形式になってから、慣れるまでずいぶんと苦労しています。

でも、Unityは私に取っては今のところ不満もなく、使えています。時々、android端末のLife Touch Noteの使い方とごっちゃになって混乱することはありますが(Unityの画面を思わずタップしたりして^^;)

話は変わりますが、昨日の日経新聞の電子版を読んでいたら、HPがスマートフォン用のOSをオープンソースで公開する、とのこと。実現すると百花繚乱ですね。でも、台数ベースでは現在はandroidが50%を越えるシェアを持ち、iOSと2大OSで市場が構成されている感がありますが、果たしてそこに新しい勢力として存在感を示せるのでしょうか。消費者としては選択肢が増えて喜ばしいことかもしれませんが、どれにするか、迷う場面が出てきそうですね。私も現在の携帯電話を変えるなら次はスマホと思っていますが、ますます悩みそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 3日 (土)

冬のボーナスの使い道は?

12月になり、そろそろボーナスも出るし、ここらで一つ物欲を満たすものを、などど考えてみます。スマホ、タブレット、ウルトラブックなど、気になる商品は結構あります。モバイラーを気取ってみても、これらの商品をひとつも持っていない今となっては、完全に時代遅れになろうとしています。

自分なりに、これらの商品を所有していない理由は、買ってもばりばり使う用途がないというのがひとつあります。会社でも、家でもPCを常に立ち上げていて、それで事足りているので、それ以上使うことってあるの?という気持ちがあります。会社と家以外では通勤時間での利用が考えられますが、乗り換えの多い細切れの通勤時間で、スマホを見るというのはあまり気乗りがしません。今の携帯(ガラケー)の次に買うのは確実にスマホと思いますが、今の携帯もそれほど利用しているわけではありませんので、あまり必要性を感じない、というのが正直な気分です。

それともうひとつ、スマホとタブレットはキーボードがない、というのがキーボード好きの私にとっては、腰が引けています。タブレットではありませんが、androidのLifeTouch Noteを持っているので、タブレットはちょっと候補から脱落です。

では、キーボードのついたウルトラブックはどうなの、というとかなり興味があります。「薄い」というのは「小さい」と同じか、それ以上に持ち運びの時の負担軽減につながると思います。もちろん軽い、という前提があるので、「薄くて軽い」というのは魅力的です。ASUSのZENBOOKを家電量販店でみると、カッコいいというか、こりゃいいね、と思います。薄いために、キーボードのタッチはぺたぺたした感じが残念ですが、十分にメインのマシンとして使えそうです。ごちゃごちゃ言わずに買え!と言われそうですが、東芝、ASUS、ACER、LENOVOと4つのメーカーから販売されていますが、このウルトラブック、もっと進化しそうな気がします。もう少し、他のメーカーが出すのを見て決めてもいいのではないかと思います。

なんだか、あれこれ考えるだけで、この冬は過ぎてしまいそうです^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »