« ubuntu 11.04 インストール | トップページ | ubuntu 11.04のインストール その2 »

2011年5月14日 (土)

Unityの使い勝手は

自宅のPCにubuntu11.04を導入して10日余りになります。
今回のリリースはデスクトップ環境がGnomeからUnityに変更になったり、標準搭載のアプリが変わったりで、見た目も今までとは少し違った形になっています。
そこでデスクトップ環境の変化についての感想です。

【Unity】
まず、最初に戸惑ったのはFireFox(ver4になっています)を起動した後、ブックマークが見られないということです。ホームへの移動ボタンや、最新に更新するボタンの位置なども変わっているので、ブックマークボタンもどこかにあるのかな、と思いましたが、見つかりません。で、画面を最大化するとなぜか出てきます。不思議だなあと思いつつ、最大化でない状態で上部パネルにマウスを移動するとひょい、とメニューが現れ、そこにブックマークが表示されることが分かりました。へーっ、そういうことか、ようやくわかりました。他のアプリでも同様です。聞くところによるとこのような表示はMacライクだそうですが、Macを一度も使ったことのない私にはピンときません。
ということで、Unityに関するwikiを読んでみるとわかりやすく解説してあり、Gnomeとは違う部分がよく理解できます。そして、何よりありがたかったのが、エディタで入力中にF10で半角英数にする方法が記載されていたことです。これで安心してgeditが使えます。

【Banshee vs Rhythmbox】
11.04から標準で搭載されているメディアプレイヤーがRhythmboxからbansheeに変更になりました。これにより動画も見ることが出来ます。ただ、私の場合は利用するのは音楽中心であり、Windows PCに保管しているiTunesの楽曲を再生することが一番の利用方法です。iTunesに保管している曲は7000曲余りあり、再生する時には、ジャンル-アーティスト-アルバムの順に選んでゆきます。ところが私の理解不足かもしれませんが、bansheeには、ジャンルを分ける項目がありません。これにはどうしてもなじめず、結局Rhythmboxをインストールして利用しています。

私としては基本的には標準のものをそのまま使いますが、どうしてもなじめないのはカスタマイズするというスタンスです。要は慣れの問題が大きいと思います。

|

« ubuntu 11.04 インストール | トップページ | ubuntu 11.04のインストール その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166327/51665618

この記事へのトラックバック一覧です: Unityの使い勝手は:

« ubuntu 11.04 インストール | トップページ | ubuntu 11.04のインストール その2 »