« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月22日 (日)

モバイルルーターを持って街へ

昨日設定をしたモバイルルータ(NEC Aterm WM3500R)ですが、今日はこれを持って出かけてみました。お供のPCはHP mini2140です。昨日色々試していて、HP mini2140を無線LANで接続しようとすると何回か認証に失敗することがあり、外できちんと動作するか確認をしたかったためです。うまく行けばemobileのD02HWの代わりになり、D02HWの解約をしてもよいかな、と考えています。

最寄りの駅近くの商店が並んだ場所に行って、カフェのそばでWM3500Rの電源を入れてみて待つことしばし、でアンテナが2本立っているのを確認してからカフェに入りました。そこでmini2140を立ち上げるとすんなりと接続出来ました(当然といえば当然なんですが)。インターネットにアクセスして動作を確認しましたが、割とさくさくと動いてくれます。これでよし!と言う感じで、もう一軒、よく使うカフェの前で確認するとアンテナが3本立っています。よしよし、これで週末の散歩も今までどおりインターネットに接続できるな、ということを確認して、少し安心して家路につきました。

写真の右側にあるのがWM3500Rです。

20110522

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月21日 (土)

モバイルWIFIルーターで家庭内LAN環境構築

半ば衝動的に@niftyを通じ、wimaxのモバイルwifi ルーター(Aterm WM3500R)を購入、利用することにしました。
単身赴任先で利用していたデスクトップ機2台を置いているのが自宅とは少し離れた場所で、電話回線がない環境でこのままではインターネットに接続できないなあ、と思っていたところ、WM3500ならばクレードルを利用すれば無線も有線接続も可能と知り、思わず申し込みをしてしまいました。

機器が到着して、引越し以来開梱していないPCの荷を広げ、最小限の環境で2台とも無事であることを確認して、インターネット接続に挑戦です。
デスクトップ機には無線LANの機能は搭載されていないので、まずは有線で利用可能かどうかテストしてみました。
電波の受信状態がどうなのか心配していましたが、何とかアンテナが2本立つ状況です。これでPCに接続するとeth0でインターネットに接続できました。スピードもそこそこあり、不自由はありません。良かった。事前にエリア検索で受信可能ということを確認していましたが、受信状態が悪ければ何のために購入したか分からなくなっちゃいますので。

で、有線の口は一つでデスクトップ機は2台で、どうしようかと思いましたが、ふと、先日単身赴任先でルーターとハブを間違えて買ってしまって使い道のないハブがあることに気づき、WM3500本体からのケーブルをハブに接続して、各PCへはハブにを通じて接続してみました。結果は成功で、これでお蔵入りしていたハブが役に立ちました。
後は、モバイルするときのために、ノートPCとネットブックを無線LAN接続してみましたが、設定を間違えたりして少し苦労しましたが、無事接続が出来ました。
これで家だけではなく外出のお供にも使えるようになりました。
niftyへの接続は1年しばりの定額で月3,591円にしました。使用頻度を考えると光にするまでもないので、これで十分です。

あと、ubuntu10.10が入っているAcerのpower2000を速攻で11.04にバージョンアップしました。バージョンアップも問題なく終わり、これで隠れ家でのPC環境が整いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月15日 (日)

ubuntu 11.04のインストール その2

リリース直後、状況が落ち着くまで待ちきれずにインストールをしたubuntu 11.04ですが、一台だけ導入できなかった のがIBM ThinkPad X40です。X40はlxubuntu10.10で動かしていましたが、今回起動すると11.04へのバージョンアップが可能です、とのメッセージが表示されました。
そうか、その手があるのか、ということで素直に「アップデートする」ボタンを押しました。システムのダウンロードとインストール作業で2時間あまりかかりましたが、導入後、機嫌よく再起動してくれました。

意外とあっさりとバージョンアップできたので、まだまだ使えるな、という印象です。デスクトップ環境はLXDEかUbuntuクラシックが選択できます。画像はubuntuクラシックで起動させたものです。

Screenshot

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月14日 (土)

Unityの使い勝手は

自宅のPCにubuntu11.04を導入して10日余りになります。
今回のリリースはデスクトップ環境がGnomeからUnityに変更になったり、標準搭載のアプリが変わったりで、見た目も今までとは少し違った形になっています。
そこでデスクトップ環境の変化についての感想です。

【Unity】
まず、最初に戸惑ったのはFireFox(ver4になっています)を起動した後、ブックマークが見られないということです。ホームへの移動ボタンや、最新に更新するボタンの位置なども変わっているので、ブックマークボタンもどこかにあるのかな、と思いましたが、見つかりません。で、画面を最大化するとなぜか出てきます。不思議だなあと思いつつ、最大化でない状態で上部パネルにマウスを移動するとひょい、とメニューが現れ、そこにブックマークが表示されることが分かりました。へーっ、そういうことか、ようやくわかりました。他のアプリでも同様です。聞くところによるとこのような表示はMacライクだそうですが、Macを一度も使ったことのない私にはピンときません。
ということで、Unityに関するwikiを読んでみるとわかりやすく解説してあり、Gnomeとは違う部分がよく理解できます。そして、何よりありがたかったのが、エディタで入力中にF10で半角英数にする方法が記載されていたことです。これで安心してgeditが使えます。

【Banshee vs Rhythmbox】
11.04から標準で搭載されているメディアプレイヤーがRhythmboxからbansheeに変更になりました。これにより動画も見ることが出来ます。ただ、私の場合は利用するのは音楽中心であり、Windows PCに保管しているiTunesの楽曲を再生することが一番の利用方法です。iTunesに保管している曲は7000曲余りあり、再生する時には、ジャンル-アーティスト-アルバムの順に選んでゆきます。ところが私の理解不足かもしれませんが、bansheeには、ジャンルを分ける項目がありません。これにはどうしてもなじめず、結局Rhythmboxをインストールして利用しています。

私としては基本的には標準のものをそのまま使いますが、どうしてもなじめないのはカスタマイズするというスタンスです。要は慣れの問題が大きいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 2日 (月)

ubuntu 11.04 インストール

ubuntu 11.04(Natty Narwhal)の日本語Remixがリリースされました。普段なら、リリース直後の混乱(?)がおさまってからインストールしようか、ということになりますが、連休で時間があるものだから、えい、インストールしちゃえ、って感じでインストールに取りかかりました。

何台かのPCにインストールしてゆくのですが、毎回どれかの機種で何らかのトラブルが起きるのが常ですので、今回もすんなりとはいかないだろうと、思いつつ、まず、Dellのinspiron5150からスタートしました。インストールは何事もなく終わりましたが、再起動すると
 no such partition
というエラーメッセージが。何度かトライしましたが、やはり無理で、ふと、インストールの時に出てくる選択画面で「アップデートをインストールする」、「サードパーティのソフトをインストールする」にチェックを入れてインストールしてみました。再起動すると今度はエラーメッセージが変わり、
 error: out of disk
 error : no suitable mode found
 error:no video mode activated
と3つもエラーが表示されました。だめだこりゃ、と思っていたら、画面が変わり、何と起動してゆくではありませんか。原因はよく分かりませんが、いずれも起動には致命的なエラーではなかったのでしょう。ただ、Unityは使えず、ubuntu(クラシック)で起動しています。

次は常用しているHPのデスクトップ機です。このマシンは内蔵HDDにはWindows7が、外付けのSSDにubuntuをインストールしています。インストール画面のパーティション設定の部分が以前のバージョンとだいぶ異なっていて、どうしようかと迷いましたが、ubuntu 10.10をアップグレードする、を選択しました。こちらは割とすんなりとインストール出来ました。ただ、grubの設定で、Windows7が優先的に起動しなくなっています。家族とも共有しているので、これはあまり望ましくありません。過去の事例を調べていたら2年前にも同じ失敗をしています。その記事を参考にHPのリカバリーディスクを利用して、Windowsが優先的に起動するよう再インストールしました。あとは、アップデートマネージャが起動せずに焦りましたが、ubuntu 日本語フォーラムに既に対応が記載されていて無事設定ができました。

次はHP mini2140です。これはすんなりとインストール完了です。

最後はThinkpad X40。この機種は起動ディスクすら認識せずに、
 Graphics initialization failed
 Error setting up gfxboot
 boot:
と表示されてしまいます。これは前回のUbuntu10.10の時と同じ症状です。
いかんともしがたく、前回は、lxubuntuをインストールすることで解決したのですが、今回もそうなりそうです。
lxubuntu11.04はライブCDの部屋さんがリリースしていただけるかなあ。

ということでインストール作業は一旦終了です。実はもう一台単身赴任先で利用していたAcerのデスクトップ機があるのですが、引っ越して以来まだ開梱もしていませんので、これはまた機会を見て、と言う事にします。

さて、今回の11.04からはGNOMEに代わりUnityが使われていたり、いろいろと変更点があり、使い慣れるまで少し時間がかかりそうです。使い勝手については、いずれ報告したいと思います。

Ubuntu1104_2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »