« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月20日 (日)

週刊アスキー読んでます

この年になっても週刊アスキーを毎週購読しています。パラパラと眺めて、気になる記事があれば読む程度のあまり熱心な読者ではなく、惰性で買っているようなところもありますが、この雑誌が扱う記事の範囲は結構広く、デジタルギア、自作PCなどに関するディープな記事だけでなく、アキバの紹介や、コスプレの記事やで、やはり若者層の興味を中心に据えているとは思います。そんな雑誌をいい年をしたオヤジが読んでいるのはちょっと変かな?と思いつつ、読んでいます。

ところでアスキーに関して不思議なことは、週刊アスキーの定価が最近はいつも「特別定価」として390円なのですが、特別定価ってどういう意味だろう。以前は確かもう少し安かったような記憶もあるのですが。
それともう一つ、アスキームックの「Ubuntu Magazine」がVol.5以降販売されないこと。あまり売れないので打ち切りになったのかなあ。実用的な記事も多く、割としっかりと読んでいただけにちょっと寂しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月12日 (土)

地下鉄でのモバイル端末の観察

私は通勤に地下鉄を利用していますが、ある時、1列の座席に座っている人達全員が携帯を操作しているのをみて、一体どのぐらいの人がモバイル端末を使っているのかが気になりました。。朝はラッシュで目が届きませんが、比較的空いている帰宅時の地下鉄で観察してみました。7人がけの座席に座っている人たちの状態をカウントしてみました。
約2週間あまり、平日の夜(7時〜23時)で観察した結果は総数は85人で、以下のような内訳となりました。

1.携帯電話を操作している  21人 (24.7%)
2.ゲーム機を操作している     3人  (3.5%)
3.スマートフォン、タブレット端末を操作している  7人  (8.2%)
4.携帯プレーヤーで音楽を聴いている  8人  (9.4%)
5.本、または新聞を読んでいる  18人  (21.2%)
6.何もしていない    28人  (32.9%)

1〜4までは何らかのモバイル端末を操作している人たちです。半数近く(45.8%)がモバイル端末を操作している結果となりました。この数字が実態を表しているかどうかは母数も少ないので確たることは言えないのですが、私としては、予想以上にモバイル端末を使っている人が多いなあ、と感じました。タブレットを操作している人は観察中はいませんでした。以前、たまに見かけたPCを操作している人も今回の観察中にはいませんでした。
朝は新聞を読んでいる人と何もしていない(寝ている)人たちが多いような気がします。

携帯を操作している人は約1/4で、これがあと2年ぐらい経つと、携帯とスマホの割合が逆転しているかも知れないなあと思っています。ちなみに私が座席に座った場合はたまに携帯をいじる程度で何もしていない、という割合が高いです。私もスマホにすれば変わるのかどうか、うーむ、よく分かりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »