« タブレット スマートフォン Android | トップページ | やっとサーバーにつながった »

2011年1月16日 (日)

Tiny Core Linux

日経Linux2月号に軽量LinuxディストリビューションのTiny Core Linuxの記事がありました。私は軽量とか古いPCでも利用できる、とか言われるとなぜか興味がわいてしまいます。常用はubuntuなので置き換えることはありませんが、早速試してみました。日本語化されていて、いくつかのソフトが用意されているバージョンですが、約80MBしかありません。LIVE CDで試してみたのでCDの読み込みに多少時間がかかりますが、いかにも軽量というGUIのイメージです。エディタはLeaf Pad、Webブラウザはfirefox (なぜかNamorokaという名前がついています)が用意されています。さすがに動画などは難しいかもしれませんが、それ以外のWebの利用が中心であればそれなりに使えそうです。「混沌の館にて」というコラムを長年にわたり書いているジェリー・パーネルはPCを「生産の道具」と「消費の道具」と言う風に分けてiPadは生産の道具としてはまだ使いにくいが消費の道具として使うのであれば十分と記載していたのが印象的でしたが、Tiny Core Linuxも消費の道具としてであればそれなりに働いてくれるものと思います。

でも、どうしてこんなに軽量ディストリビューションが気になるのかなあ。日経BPが過去の日経Linux記事を再編集した「Linuxでなんでも復活させる本」というムックを発売しましたが、既に読んでいる記事ばかりなのに、妙に興味をそそられ、思わず購入してパラパラと眺めています。(実際に何かをする、ということは多分ないと思われます)日経BPにうまく乗せられちゃった感じです。

|

« タブレット スマートフォン Android | トップページ | やっとサーバーにつながった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166327/50599590

この記事へのトラックバック一覧です: Tiny Core Linux:

« タブレット スマートフォン Android | トップページ | やっとサーバーにつながった »