« Windowsの季節 | トップページ | 2011年はどんな年に »

2010年12月26日 (日)

電子書籍元年と言われますが

先日、秋葉原のヨドバシカメラで電子書籍リーダーを手に取ってみました。SONYのReaderとSHARPのGALAPAGOSを中心に触って見ましたが、正直、まだ買おうという気にはなりません。デバイスの出来がよいとか悪いとかではなく、これらのデバイスで何が読めるのだろうというコンテンツがいまいちピンと来ません。私が普段よく読むのは新書と文庫本ですが、例えば○○文庫全点購読可とかなれば思わず考えてしまいますが、そういうわけにはいかないようです。
「電子書籍大国アメリカ」(大原ケイ著、アスキー新書)」を読んで見ましたが、デバイス、コンテンツに加え、権利(著作権)の扱いが複雑で電子化するにもかなりの手間暇がかかるように感じました。
今年は電子書籍元年と言われているそうですが、いつでもどこでも手軽に電子書籍が読めるのにはもう少し社会基盤の整備も含めて環境が整うのが必要な気がします。

|

« Windowsの季節 | トップページ | 2011年はどんな年に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166327/50403621

この記事へのトラックバック一覧です: 電子書籍元年と言われますが:

« Windowsの季節 | トップページ | 2011年はどんな年に »