« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月26日 (日)

電子書籍元年と言われますが

先日、秋葉原のヨドバシカメラで電子書籍リーダーを手に取ってみました。SONYのReaderとSHARPのGALAPAGOSを中心に触って見ましたが、正直、まだ買おうという気にはなりません。デバイスの出来がよいとか悪いとかではなく、これらのデバイスで何が読めるのだろうというコンテンツがいまいちピンと来ません。私が普段よく読むのは新書と文庫本ですが、例えば○○文庫全点購読可とかなれば思わず考えてしまいますが、そういうわけにはいかないようです。
「電子書籍大国アメリカ」(大原ケイ著、アスキー新書)」を読んで見ましたが、デバイス、コンテンツに加え、権利(著作権)の扱いが複雑で電子化するにもかなりの手間暇がかかるように感じました。
今年は電子書籍元年と言われているそうですが、いつでもどこでも手軽に電子書籍が読めるのにはもう少し社会基盤の整備も含めて環境が整うのが必要な気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月19日 (日)

Windowsの季節

今年もWindowsが活躍する季節になりました。と言っても、年賀状を作成するだけなんですが。
この歳になると、知り合いも増え、年賀状のやりとりもそれなりの量があります。
過去からの住所録も結構なボリュームとなりました。
それをubuntuに移すのは手間がかかりそうです。
それに、未だにubutuからプリント(canon MP600)すること自体がうまく行っていません。
ということで、年賀状のデザイン作成(書店で売っている画像集を買ってくるだけですが)、住所録の整理、印刷という一連の流れをWindowsのアプリでこなすのが一番手っ取り早いです。アプリは筆まめを使っていますが、年に1度しか使わないので、未だに使う度に試行錯誤しながらの作成です。
この週末でほぼ作業は終わりました。Windows君、有難う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月12日 (日)

サーバートラブル

自宅に設置しているファイルサーバーが外部から接続ができなくなってしまいました。
自宅に戻ったときに、ルーターの設定の確認や、サーバーの再起動をしているうちに原因は分かりませんがつながるようになりました。こんな面倒なことをするより、DropBoxなどのクラウドのサービスを利用する方が安心して使えるのかもしれませんが、Linuxを使い始めた当初、Linuxでサーバーを構築する、と言うのが目標の一つにしていたので、今の環境はしばらく続けることになると思います。初代eeePC 4Gもサーバーとしてなら十分に活躍してくれていますし。
しかし、Linuxの知識習得ののためにLPICレベル1を取得しようと勉強していた頃から知識がどんどんとこぼれ落ちているのが分かります。今回のようなトラブルに見舞われたとき、どうすればよいのか、お手上げに近い状態でした。自宅の管理者としても、これでは少々こころもとないです。と、今回もとほほな話題でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 5日 (日)

暖気運転が必要なPC

だんだんと寒さが増してゆく季節になりましたが、寒くなるとちょっとおかしな動きをするPCがあります。単身赴任先にある自作のPCですが、寒くなると電源を入れたとき、BIOSの画面も出ず、解像度が正しくない、とモニタに表示されそのまま身動きがとれなくなってしまいます。最初は焦っていろいろとやって見ましたが、何ともなりません。そのうち、暖かくなるとこの症状は出ないとか、だんだんと様子が分かって来ました(原因は分かりませんが)。で、冬の寒い時期は電源を入れてBIOSの画面が表示されない場合は、しばらくそのまま放置(つまり、暖気運転をして)して、2、3分後におもむろに電源を再投入すると無事BIOSの画面が表示されることが分かりました。これって一体何なんでしょうね。電源のパワー不足ということでもなさそうです。これから寒さが本格化するとお決まりの暖気運転が必要になるのでしょうね。とほほ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »