« 夏休みの読書 | トップページ | 理想のモバイルガジェット »

2010年8月29日 (日)

必要なのはハブではなくルーター

単身赴任先のアパートで光回線が開通したので、光に乗り替えました。
今までは、一応ブロードバンドと称される集合住宅向けのサービス(VDSL?)を利用していました。インターネット接続でメールの確認などは特に支障はないもののアプリケーションなどをダウンロードしようとするとその遅さにイライラしていました。そんな時に、工事の申し込み期限が今日までなんですよ、という言葉につい背中を押されて詳細も確認せずに申し込んでしまいました。

休みの日に工事にきてもらい、電話コネクタの口近くに光の線を接続して、回線終端装置に接続して工事完了ですと30分ほどで工事は終わりました。

PCの設定、接続は利用者が行うことになっています。早速1台のPC(Windows7)に、プロバイダーから送られてきたCDでインストールと設定すると無事接続できました。ところで設置された回線終端装置にはLANのポートが一つしかついていません。複数のポートを接続するにはハブが必要、と勝手に思い込み、早速大手家電量販店でハブを購入してもう一台のubuntuのPCを接続しましたが、接続しません。有線で接続できないのは困りものです。ふと、自宅(すでに光回線が入っています)の環境を思い浮かべ、必要なのはハブではなく、ルーターではないのかと思い、サポートに電話をして、尋ねるとやはりルーターが必要とのこと。ルーターとハブの違いもよく知らずに勝手な思い込みでハブを買ってきた自分がちょっと情けなくなりました。ということで改めてルーターを購入し、接続すると今度は一発で認識。ほっとしました。そして手元には新品の5ポートのハブが…。

そんなトホホを経験しながら、光回線の体感は?というと、ブラウザーでインターネットを閲覧する分にはそれほど違いは感じないのですが、試しに、ubuntu10.04のCDイメージをダウンロードしてみると、平均11MBで2分あまりでダウンロードが完了してしまいました。今までなら、通信速度が安定せず、早いときには1MB、大概200KB程度ひどいときには200Bなどという信じられない遅さで、一晩ダウンロードしていても、成功しない、などの経験があるので、その速さにちょっと感動しています。ランニングコスト差はしっかりとあるのですが…。

|

« 夏休みの読書 | トップページ | 理想のモバイルガジェット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166327/49282525

この記事へのトラックバック一覧です: 必要なのはハブではなくルーター:

« 夏休みの読書 | トップページ | 理想のモバイルガジェット »