« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月26日 (土)

「僕らのパソコン30年史」

表題の本(SE編集部編著、翔泳社)を読みました。

少し前にとりあげた「日本人がコンピュータを作った!」1960年代、70年代のコンピュータ(パソコンはまだ登場していません)を中心とした記述に対し、本書は1971年~2009年までのパーソナルコンピュータを対象としています。「日本人がコンピュータを作った!」がキーパーソンへのインタビューが中心に構成されているのに対し、「僕らのパソコン30年史」はサブタイトルにある「ニッポン・パソコン・クロニクル」どおり、年代順に出現したパソコンおよびOSを中心とした記載になっています。黎明期を含め、パソコンが誕生して30余年の歴史が年代順に記載されていて読んでみて、懐かしいマシン、当時の話題など、ぼんやり記憶にあったのが、すっきりと整理されているので、懐かしく、興味深く読むことができました。

タイトルの「僕らの」という部分に素朴な疑問がわきました。一体「僕ら」とは誰だろう、私も僕らの一員なんだろうか、ちょっと考え込みました。一つ明解なのは「僕ら」は日本人を対象としていることです。記述が日本のPC中心に記載されていることから推測できます。

では年代的にどうなんでしょう。私は1979年に社会人になりましたが、ここに記載されていることはちょうど私のサラリーマン人生と重なっています。個人で初めて買ったパソコンは富士通のFM-8(1981年頃)で、その後も何台か購入しているので、この本に記載されていることはほぼ「ああ、そんなことがあったな」と思い出すことができます。ということで、私も「僕ら」の一員として加えてもらえそうだな、と勝手に解釈しました。

ところで日本のPCの歴史を語る上でNECPC9800シリーズは外すわけにはいきません。一時は圧倒的なシェアを占めていました。ところが、視野を海外に広げてみると、「日本語処理」という煩雑で厄介な課題があり、日本特有の市場(裏返せば世界標準でない)ができざるを得ない環境で、PC98が独占状態を維持(ついでに言うなら価格も維持)していたということが分かります。これはひょっとして、今の日本の携帯電話が「ガラケー(ガラパゴス携帯)」と呼ばれるのと同様のことが当時(80年代後半~95年ごろ)の状況にも言えるのでは、と思います。世界的に見れば特異な状況も、DOS/Vの登場、Windowsの普及で市場構造が変わってゆくのが読み取れます。

個人的にはDOS/Vの登場、Windowsの普及、インターネットの普及が自分のパソコンライフに大きな影響を及ぼしていることに思い至ります。

そして現在、インターネットが進化し、クラウド環境になり、キーボードがタッチパッドになったり、音楽や動画が再生できたり、パソコンを取り巻く環境は今も激しく動いています。5年先、10年先のパソコンとパソコンを取り巻く環境はどのようになっているでしょうか。ひょっとしたらパソコンということばが消滅しているかも知れませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月21日 (月)

新しいPCの形?

電車の中で子供だけではなく、大人も任天堂DSに夢中になっている姿を見るたびに、「あんな形(2画面)のPCってないのかなあ」と思っていたら、本当に出てきました。東芝「libretto W100」。7.0型の画面2つを使って合わせてⅠ画面として利用することもできるし、下側の画面をタッチ型のキーボードとしても利用できるそうです。webを見るときには2画面をⅠ画面として見て、メールを利用するときには半分はメールの画面、もう半分はキーボードを表示させるとか、いろいろ使い方がありそうです。

東芝、ダブルタッチスクリーンのUMPC「libretto W100」

東芝は、同時にandroid搭載のPC「dynabook AZ」を発表したり、かなり意欲的です。こうした製品は台湾メーカーあたりが先陣をきるのかなあ、と思っていたら、ノートPCの老舗である東芝が出してきた、と言うのは興味深いです。ただ、どちらも爆発的に売れるような商品ではなさそうですが、東芝の意気込みを感じさせられます。

ノートPC発表から25周年、東芝が節目に発表した個性的なPCの数々

東芝、2画面タッチパネルノート「libretto」 Android搭載低価格ノートも

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月19日 (土)

日本人がコンピュータを作った!

表題の本(遠藤諭著、アスキー新書)を読みました。実はこの本、以前(1996年)、「計算機屋かく戦えり」として出版されたものを再編集して新書判にしたものです。私は「計算機屋かく戦えり」が出版された時に購入しましたが、途中で挫折してどこかに置いたままになっていて、今回新書判で改めて読みました。

本のタイトルがちょっと引っかからないでもないですが、1960年代から70年代にかけて日本でのコンピュータ開発に取り組んだ人たち10人のインタビューを基に構成されています。最初に出版されてから15年近く経過しているのですでに物故された人も入っています。

読んでみての印象は、この時代、ちょうど日本の高度成長期と重なります。当時の日本の成長のエネルギーが伝わってきます。それと「電子計算機」という当時、まだ世の中に認知されていない得体の知れないモノに取り組む大きな情熱を感じることができました。コンピュータを構成する主要部品が真空管→パラメトロン素子(これは日本の発明だそうです)→トランジスタ→マイクロプロセッサと変遷してゆく中でその時々に応じた難題を解決してゆく苦労がさりげなく語られていてそれが今の日本のIT企業の土台となっていること、さらに、これらに続く時代としてパーソナルコンピュータの普及やインターネットの普及などの現状をみると、感慨深いものがありました。

今の日本にこれだけのエネルギー、情熱があるだろうか、、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月13日 (日)

iPad 買いますか?

最近、物欲に関するテンションが下がり気味です。このところの物欲の対象としては何といってもiPadと思うのですが、興味はあるものの「欲しい!」という気持ちにはなりません。なぜかな、などと思っていたときに、こんな記事を見つけました。

アスキー総研の遠藤諭所長のコラム「オヤジがiPadを買う6つの理由」です。
核心部分を引用させていただくと
------- 以下引用 -------------------------------------------------------
1.女性にモテる(見せびらかせる)
※iPhoneのときもその目的で無理して買ってビールを飲むアプリなんかを女性に見せびらかしていた愛すべきオヤジがいたでしょう。

2.iPhoneには出遅れたがiPadでいきなりキャッチアップ
※アスキー総研の調査ではiPad購入意向者に占めるiPhoneユーザーの割合は25%しかいない。iPhoneとiPadは別の層が食いついている。

3.老眼でiPhoneは断念したがこの画面なら……
※これはあまり人のことは言えないのだが実際ラクでオススメだ。

4.ビジネス誌がやりまくるので
※iPad購入意向者は経済紙やビジネス誌、経済紙系サイトの利用者。『週刊ダイヤモンド』や『クーリエジャポン』、WBSの功績も大。

5.なんだかよさそうだ
※iPhoneのこともなんとなくは理解している。簡単そうではないか、みんながいいというしオヤジの心理的な家庭内のテリトリー確保にもなる。

6.電子出版の関係なので
※iPadの売りの一つが電子書籍や電子雑誌が読めること。自分の仕事に関係ありと出版関係者が買った。
--------引用終わり--------------------------------------------------------

なるほどな、と思う理由です。そして、私があまり物欲が沸かない理由は、上記(特に1,2,4,5)の裏返しなんです。iPadを買って女性に持てたい気持ちはありませんし、自分にとっての利用シーンがイメージできないからだと思います。記事中にアンケートでの購入者と購入予定者はiPadを「コンピュータとして使いたい」という割合が多いとありましたが、iPadでプレゼンをする場面もあまりありませんし、コンピュータとして使うならPCでいいじゃん、なんてちょっとへそ曲がりになっているのかもしれません。

私の思いとは関係なく、iPadの売れ行きは好調のようですし、これからはiPad的な製品が特に台湾メーカーなどからどんどん出てくると思います。それに、今まで気がつかなかった利用方法をユーザーが見つけ出すかもしれません。そんなタブレット端末の進化については多いに興味がありますので、しばらくは様子見というか、PCの進化の形を追って行きたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 6日 (日)

Linuxのシェア

Net Applications社の調査によると2010年5月のOSのシェアはWindows 91.28%、Mac5.27%、Linux1.13%だそうです。
Windowsの圧倒的強さですが、過去からの推移では「WindowsとMacがシェアを落とし、Linuxがシェアを増やした。Linuxのシェアは1.13%と全体からみれば少ないが、ここのところ力強い成長を見せている」とあります。

調査対象や調査方法が分かりませんので断定的なことは言えませんが、Linuxだけでも数多くのディストリビューションがあり、それぞれ利用者がいるわけですが、それをぜ~んぶ合わせても1%台というのはちょっと寂しいです。とはいえ、別の資料では日本のインターネット人口は約9000万人で、1.13%のシェアとすると約100万人の利用者となります。(調査結果にはiPhoneやSymbianのシェアも含まれるので、インターネット人口から割り出すというのもあながち不適切とは言えないと思います。ただし、シェアは世界規模と思われます)
日本で発売されるPCはほぼ100%WindowsがプリインストールされているのでLinuxに乗り換えた人はどうカウントされているのでしょうか。

圧倒的なシェアを誇るWindowsですが、最近話題にのぼるのはApple,amazon,googleなどです。これからマイクロソフトも大きな戦略を仕掛けてくるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 5日 (土)

デジタル教科書

電子書籍に関する記事を見ていたらこんなのがありました。
「デジタル教科書」は本当に来るのか
「2015年までにデジタル教科書をすべての小中学校の全生徒に配備」という原口総務大臣の発表(原口ビジョン)です。

鳩山総理の辞任、内閣総辞職で閣僚が変わる可能性があり、原口ビジョンが今後どれだけ実現可能性があるかは現時点ではよくは分からないのですが、興味深い内容ではあります。
デジタル教科書というのは、電子書籍の一種と考えられますが、すべての小中学生(約1千万人)が利用できるデバイスとコンテンツを2015年までに準備する、と言うのは壮大な話です。実現するなら、電子教科書(電子書籍)に慣れた世代が一気に増加し、書籍市場にも大きなインパクトとなるでしょう。

一方で私が関心を持つ「デジタルデバイドの解消」にとって、このビジョンはどういう意味があるのでしょうか。私はむしろ新興国、発展途上国でこのような取り組みが行われることにより世界規模でのデジタルデバイドの解消に役立つのではと考えていました。実現には大きな課題があるでしょうし、教科書(教育)より、食料や水の確保など、喫緊の課題を抱えている国も多いと思います。しかし、社会生活におけるデジタル化の波は、国を問わず避けられるものではなく、むしろインフラ整備を含むデジタルの活用により社会水準が向上する方向に持ってゆくことができないか、と考えています。
また、原口ビジョンには「ICT関連投資を倍増し、国民の生産性を3倍にすることにより、2020年以降約3%の持続的経済成長を実現」というこれまた壮大な提言が含まれています。少子高齢化が進む中、具体化に向けた動きが出てくることを期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »