« Napsterのサービス終了 | トップページ | オープンソースカンファレンス2010 Kansai@Kobe »

2010年3月 6日 (土)

日経新聞の電子版配信

単身赴任先から自宅のファイルサーバーにリモートアクセスしていて、手元のクライアントPCをシャットダウンするつもりが、うっかりサーバーをシャットダウン( sudo shutdown -h now)してしまいました。とほほ。またまたシステム管理者失格の操作をしてしまいました。

日経新聞の電子版が3月23日から有料で配信されるとの発表がありました。ちょっと興味があります。 

 日経電子版広報部
 日本経済新聞、電子版を3月創刊。購読料は月額1000円から

私は平日と週末は別の場所で生活していて、新聞が溜まるのが嫌で新聞の宅配はせずに、もっぱら駅の売店などで買っていますが、それが面倒な時は無料のNIKKEI NETや他紙のWEB版で済ませていますが、記事の量は紙版に比べて制限があります。

新聞社は最近、インターネットの普及もあり、経営が厳しいようです。米国では新聞社の倒産なども結構あるようです。そういう中で米国でも有料の新聞配信をする新聞社もあり、日本では日経が踏み切った形になりました。(配信という意味では産経新聞がiPhoneに配信しています) 

価格は、紙媒体と併読する場合は+月1000円。電子版のみでは4000円です。紙版の日経新聞は月額4,383円(朝刊+夕刊)ということで、紙版よりも若干安めの設定です。微妙な価格設定です。日本特有の新聞店の宅配コストを考えると電子版の価格は少し高いなあという気がしないでもありません。あまり安く設定すると紙版の利用者離れが進むことを意識しているようですね。これで利用者が増えるのか、紙版から電子版への移行があるのか、他紙も追随するのか、日本の新聞のあり方に変化があるのかどうか、注目したいと思います。

申し込むかどうか迷っています。お試し版があればいいのに。今申し込めば4月末までの購読料は無料なので、実質お試し期間ですかね。

|

« Napsterのサービス終了 | トップページ | オープンソースカンファレンス2010 Kansai@Kobe »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166327/47739941

この記事へのトラックバック一覧です: 日経新聞の電子版配信:

« Napsterのサービス終了 | トップページ | オープンソースカンファレンス2010 Kansai@Kobe »